全日空(NH)

能登・金沢・糸魚川1泊2日旅行記 (1) ANA747便で能登空港へ、和倉温泉の「信寿し」で昼飯を食べ、「のと楽」の立ち寄り湯へ

七尾城跡から七尾湾

今回は、能登空港INで、金沢市内で1泊、新幹線で帰る旅。

9月12日~13日。

能登空港を利用するのは初めてだ。

今回の旅の主な目的は、

  • 和倉温泉に行こう。
  • 再訪したい寿司屋ベスト10に入っている金沢の「鮨 木場谷」を訪問しよう。
  • 金沢の女の子の誕生日を祝いに行こう。

の3点。

帰りは時間があったらどこかで途中下車したい。第一候補は、大規模火災があった糸魚川。

8月13日に ANA SKY コインを使って、ANA747便(羽田-能登)の航空券を購入。本当は特典航空券で確保したかったが、空席がなかった。

8月15日に、アメックス・プラチナのフリー・ステイ・ギフトを使って、ホテル日航金沢を予約した。同一日の同一の部屋を予約しようとすると、21,000円だったから、わりと良い使いみち。

ANA747便で能登空港へ

当日は、4時に寝たが、一睡もできずに朝を迎える。

7:05に東京無線タクシーに乗って、羽田空港第2ターミナルへ。事前に「定額タクシー」を予約していた。

運転手が色々質問してくる。答えると、それに対して長い話をしてくるので困った。寝たフリでやり過ごす。

7:45に空港到着。定額運賃で7,500円。

なおさんとお店のスタッフにお土産を買う。

ANA PREMIUM CHECK-INへ。

羽田空港のANA PREMIUM CHECK-IN

スーツケースを預ける。

座席は「3A」で取っていた。「1A」なら隣の2席が空いてるとのことなので、「1A」に変更。

時間があったので、伊勢丹羽田ストアへ。いくつか試着して、「SUN68」というブランドのTシャツを買った。気に入った服のブランドはメモして覚えておく。

エムアイカードを持ってきていれば、5%のポイントが貯まったのだが・・・忘れた。

エムアイカードのポイント還元

最初に、2名の「お手伝いが必要なお客さま」が搭乗。

ダイヤモンドメンバーはおらず、優先搭乗で私が一番乗り。

はたして、「1A」の隣には、その2名の「お手伝いが必要なお客さま」が乗っていらっしゃった・・・

搭乗客を見てると、作務衣を着た人を多く見かける。隣の婦人に聞いてみたら、能登の総持寺というところで法要があるとのことだった。

睡眠不足で肩こりが酷い上に、狭い座席で身動きが取れず、イライラが募る。早く和倉温泉に入って、血行を良くしたい。

ここは、能登町上空。

ANA747便から能登町上空

9:46に能登里山空港に到着。

あっという間のフライトだった。

能登は雨降り。

のと鉄道で穴水駅から和倉温泉駅へ

空港前に「ふるさとタクシー」というのが止まっていた。

能登空港のふるさとタクシー

和倉温泉まで1時間位で着くとのこと。(空きがあれば)予約がなくとも乗れるとのことだったが、のんびり行こうということで、見送った。

「能登空港鉄道連絡切符」(800円)を購入。

穴水駅までのバスきっぷと、穴水駅から和倉温泉までの鉄道きっぷがセットになったもの。

能登空港鉄道連絡切符の案内

10:24のバスに乗って、穴水駅へ。乗客は私一人。

穴水駅到着後すぐに、のと鉄道に乗車。乗り換え時間は数分しかない。

のと鉄道は「花咲くいろは」というアニメのラッピング電車だったよ。

「花咲くいろは」のラッピング電車

永井豪は輪島出身らしく、マジンガーZ、デビルマン、キューティーハニーが描かれた電車も。

永井豪のラッピング電車

電車は七尾湾沿いを走る。

七尾湾沿いを走るのと鉄道

晴れてたらもっときれいな写真が撮れたのに。

のと鉄道から七尾湾1

のと鉄道から七尾湾2

収穫前の黄色い稲穂。

のと鉄道から稲穂

車内で、「るるぶ」を見ながら、和倉温泉のどこの旅館の立ち寄り湯に行くか考える。

11:22に和倉温泉駅に到着。

観光案内所で、「るるぶ」を見せながら、「実際の所、どこがおすすめですか?」と聞いてみたが、今の時間は旅館の温泉はどこも清掃中だという。ただ、「のと楽」さんなら早い時間でも対応してもらえるかも、とのこと。

というわけで、「のと楽」さんに電話。結果、今は無理だが、12時半になれば受け入れ可能、とのこと。

今から昼飯食べたらちょうどいい時間だわ。

食べログで昼飯場所をサーチ。

夜は寿司を予約してるから、他のものにしようと思ったが、めぼしいものが見つからない。昼も寿司でいいやと思い、「信寿し」に決めた。

信寿し

タクシーで「信寿し」へ。

信寿し – 和倉温泉/寿司 [食べログ]

能登の信寿しの外観

すごく立派な玄関で期待が高まる。

能登の信寿しの玄関

廊下を通って、案内されたのはこのカウンター席。超上質。

能登の信寿しのカウンター席1

生け簀にお庭、そして、鮮度のいい魚。

能登の信寿しのカウンター席2

能登の信寿しのカウンター席3

能登の信寿しのカウンター席4

カウンターには私一人だけ。

「おまかせ十貫」(3,500円)を頼む。シャリは少なめで。あと、能登のお酒という「ほまれ」の本醸造を。蔵元は、羽咋(はくい)市の御祖(みおや)酒造。

御祖酒造のほまれ本醸造

ハタ、甘エビ、アカイカ、アジ、バイ貝、ブリ(の子供)、しめ鯖、中トロ、白エビ、アカニシガイという10カンだった。

能登の信寿しのハタ

能登の信寿しのアカイカ、甘エビ

能登の信寿しのアジ、バイ貝

能登の信寿しのブリ、しめ鯖

睡眠不足で、日本酒飲んだせいで、中トロ、白エビ、アカニシガイを撮るの忘れた(苦笑)

そのあと、アカイカ、アジ、ハタをおかわり。

1時間ほど滞在した。

外に出たら、夏のような青空が広がっていたよ。

能登の青空

店に呼んでもらったタクシーで、「のと楽」に向かう。

「のと楽」の立ち寄り湯

12:50に、「のと楽」に到着。

北陸 石川県 和倉温泉の宿泊旅館はのと楽へ

のと楽の外観

フロントで、立ち寄り湯の料金1,080円をカード払い。荷物を預かってもらう。

ロビーも豪華。

のと楽のロビー

ロビーラウンジからの七尾湾の眺めが最高。

のと楽のロビーラウンジ1

のと楽のロビーラウンジ2

「オークラランタン」っぽい照明がぶら下がっている。

のと楽のロビーラウンジ3

男湯の入口。これもまぁ、随分と玄関の間口が広いな!

のと楽の男湯の玄関

まだ、女性スタッフが清掃中だった。

お風呂の構成は以下の通り。大浴場の左右に露天風呂が付いている。

のと楽のお風呂構成

一番風呂だった。そして、最後まで貸し切りだった。

大浴場は、そんなに天井が高いわけではないが、とにかく広くて、開放感がある。

露天風呂に行くと、七尾湾が見える。

寝湯に浸かって、青い空にたなびく雲を見ていた。これ、1,080円でできる最高の贅沢だと思った。

岩風呂、壺風呂も堪能。

サウナは入ってみるが、日本酒飲んだ後で命の危険があるので、1秒で出た。

結局、風呂に入ってた時間はトータル30分にも満たないが、凄く贅沢な体験となった。

脱衣所が少し汗臭いのだけが難点だったな。

ロビーラウンジの脇から外に出て、桟橋の方にも行ってみた。

のと楽の桟橋1

のと楽の桟橋2

橋の先が能登島みたいだね。

能登島にかかる橋

さて、1,080円で充分楽しんだ。

ロビーで荷物を回収して、タクシーを呼んでもらう。

続きは以下をご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。