サッカー

東京から2泊3日でサンガスタジアム遠征~蝗活レポート

こんにちは。

FC東京サポーターのjun(@odakyu_de_go)と申します。

2泊3日で、京都府亀岡市の「サンガスタジアム by KYOCERA」までアウェーゲームを見に行ってきたレポートです。

日程は、2022年3月18日(金)~20日(日)

亀岡に「前泊」、試合後は京都市内に「後泊」しました。

泊まったホテル、利用した飲食店、かかった費用などをまとめています。これから遠征される方は参考にしてください。

実は2年ぶり2回目のサンガスタジアムです。

前回は内覧会で行きました。

事前の準備

ホテルの予約

■前泊の宿

1月21日のJリーグ日程の発表を受けて、すぐにサンガスタジアム目の前「サンロイヤルホテル亀岡駅前」を予約。

スパ施設利用券付きで7,700円。朝食は無料。

なお、珍しいことに、公式サイトの価格と楽天トラベルの価格が同じだった。

ポイントサイト「ハピタス」経由で楽天トラベルにアクセスして、ポイント2重取りした。

一般的には、公式サイトの価格が最安値で、楽天トラベルなどの予約サイトの価格はそれより高めに設定されているため、公式サイトからの直接予約が推奨される。

後泊の宿

試合が終わるのは16時過ぎ。亀岡に連泊するかどうか迷ったが、2日後にフォションホテル京都に泊まるので、京都市内に泊まることにした。

チェックインは18時過ぎになりそうなので、泊まれればOK。

マリオットポイントで泊まれる「モクシー京都二重」を予約。

料金は2万円弱のところ、Marriott Bonvoyのポイントを40,000ポイント使って無料宿泊に。

プラチナ会員なので朝食も無料で付くはず。

新幹線の予約

行きは平日なので混まない。いつもどおり品川駅の新幹線改札前で予約する。

帰りは連休の最終日。混み合うことが予想されるので、14時台の列車を「エクスプレス予約」で仮予約しておいた。変更はいつでも無料でできる。

晩飯のレストランの予約

京都もまだ「まん防」。営業していない店もあるので事前に予約しておいた。

試合前日の晩飯

亀岡駅近くの「レストランバー アムール」というイタリアンレストランを予約した。

(少量ずつ色んなメニューが食べられる)コースを予約したかったが、2名様からとのこと。残念。

試合後の晩飯

前日に食べログから、二条駅近くの「二条 えん」という天ぷらと炭火焼きの店を19:00から予約した。Tポイントが50ポイントもらえる。

参考:二条 えん – 二条/天ぷら/ネット予約可 | 食べログ

のぞみ89号で京都駅へ

11:30に品川駅に到着。

エキュート品川で昼飯を調達。

新幹線改札に着いてから、(ビュー・エクスプレス特約の)「エクスプレス予約」で、11:59発の「のぞみ89号」を予約。初めて「S Work席」というものにしてみた。

ビュー・エクスプレス特約

(ビュー・エクスプレス特約の)「エクスプレス予約」は、「スマートEX」より以下の2点で有利。

  • 「スマートEX」よりも料金が安い
  • 「グリーンプログラム」のポイントが貯まる
    ※「スマートEX」では貯まらない

詳しくは以下を参考。

ビュー・エクスプレス特約で東海道・山陽新幹線に乗る方法とそのメリット

「S Work席」は、単にWebミーティングや通話をしても構わないという車両だった。なーんだ。

のぞみのS Work席の案内

新横浜を過ぎてから昼飯。

帰りは「居酒屋新幹線」をしようかな?

のぞみ89号車内で昼飯

マウスを忘れたことに気づいた。配送先を明日泊まる「モクシー京都二条」にして、アマゾンで注文。

嵯峨野線からの車窓

14:06に京都駅に到着。

すぐにJR嵯峨野線に乗り換え。各駅停車だった。

JR嵯峨野線の各駅停車

天気が良ければ、嵯峨嵐山駅で降りて、トロッコ列車に乗ろうと思っていたが、生憎の雨。また今度。

明日泊まる二条駅のロータリー。

JR嵯峨野線の二条駅のロータリー

太秦映画村ではエヴァンゲリオンの初号機が見えた。

太秦映画村のエヴァンゲリオン初号機

嵐山を過ぎると、トンネルに入る。

何回か保津峡の峡谷を見ることができる。でも、一瞬なんでうまく写真撮るのが難しい。

JR嵯峨野線から保津峡

亀岡駅に近づくと、サンガスタジアムが目の前に迫ってくる。

JR嵯峨野線からサンガスタジアム

「サンロイヤルホテル亀岡駅前」にチェックイン

亀岡駅のホームから。中央の建物が「サンロイヤルホテル亀岡駅前」、右側は建設中の分譲マンション。

亀岡駅から駅からサンロイヤルホテル亀岡駅前

私の前でチェックインしてた女性がFC東京グッズを身に着けていた。

今日明日ここに泊まるFC東京サポ多いんだろうな。

部屋は17平米。

サンロイヤルホテル亀岡駅前のシングルルームの内観1

サンロイヤルホテル亀岡駅前のシングルルームの内観2

サンロイヤルホテル亀岡駅前のシングルルームの内観3

サンロイヤルホテル亀岡駅前のシングルルームの内観4

トイレ・バス別。

サンロイヤルホテル亀岡駅前のシングルルームのバス・トイレ

館内着。

サンロイヤルホテル亀岡駅前のシングルルームの館内着

スパ施設のミストサウナで蒸される

15:30くらいにスパ施設に。

サンロイヤルホテル亀岡駅前のスパ施設

受付でタオルセットをくれるので部屋からタオルを持参する必要なし。ドリンククーポンもくれた。

利用者は私だけ。

洗い場は7つ。

15人位入れるドライサウナ、ミストサウナに、水風呂、内風呂、ジェットバス3つ、あと、露天風呂も。

ジェットバスで腰・肩マッサージ。

ドライサウナは90度くらいだったが、サウナマット敷いてあっても足の裏とお尻が熱すぎて耐えられなかった。

ミストサウナはちょっと雑巾のような匂いがしたが、今まで経験したことのない温度の高さでいい感じで発汗。

露天風呂に2人くらい座れる椅子があるので外気浴も可能。ただ、雨が降っていたので冷える。

40分くらい貸し切り状態で楽しんだ。

ドリンククーポンでジュースが一杯無料。ビール飲めるのかと期待しちゃった。

サンロイヤルホテル亀岡駅前のドリンククーポン

こちらはリラクシングルーム。

サンロイヤルホテル亀岡駅前のリラクシングルーム

ここで一晩泊まることもできるようだ。

亀岡駅近くの「アムール」で晩飯

ホテルで傘を借りて、17:30くらいに「アムール」へ。

途中にあった郵便ポスト。

亀岡駅の郵便ポスト

亀岡市の「アムール」の外観

まず、ハートランドの生ビールと丹波黒地鶏100%のソーセージを注文。

丹波黒地鶏100%のソーセージ

次に、丹波牛のサーロインステーキとチリ産赤ワイン「マルケス・デ・カーサ・コンチャ」。

丹波牛のサーロインステーキ

チリ産赤ワイン「マルケス・デ・カーサ・コンチャ」

店長さんと話したら、なんと、明日、「かめきたサンガ広場」(ホテル前の芝生広場)のマルシェに出店する店だった・・・笑

京都バーガーを出すんだそうだ。

料金は5,180円。

※この記事の末尾で今回の遠征でかかった費用をまとめてある。

2軒目は「KAMEOKA FOOD KITCHEN」に

締めはラーメンでも食べようと思い、辺りを歩いてみたが店は見当たらず。

グーグルマップで見つけた「KAMEOKA FOOD KITCHEN」に。

亀岡市のKAMEOKA FOOD KITCHENの外観

KAMEOKA FOOD KITCHENの内観

「アムール」では肉しか食べなかったから野菜を食べたいなと思っていたら、なんとこちらの店長、昼は農業をやっている人だった。

バーニャカウダーを注文。

全部自分のところで育てたものだそうだ。

ほうれん草甘かった。

KAMEOKA FOOD KITCHENのバーニャカウダー

丹波黒地鶏の焼き鳥も注文。時間かかったけど美味しかった。

KAMEOKA FOOD KITCHENの丹波黒地鶏の焼き鳥

9年前に脱サラして、1年農家で働いた後に起業したそう。

政府による補助金の後押しもあるようだ。

そして、こちらの店も明日、「かめきたサンガ広場」に出店する店だった・・・笑

赤ワイン3杯飲んで、料金は3,150円。

20:30に退店。

帰りに亀岡駅のセブンイレブンでビール買って、「袋ください」と言ったら、店員のお兄ちゃんが凄い申し訳無さそうに「紙袋なんですけどいいですか?」と。

亀岡市では条例でプラスチック製レジ袋の提供を禁止してるそう。それで紙袋。

しかも、このときはSサイズ品切れ。Mサイズ15円を購入した。

亀岡市のセブンイレブンの紙袋

ホテルで朝食

9:20に起床。

朝食の提供時間は9:30まで。

9:30に朝食会場に行ったら、もう片付けの途中だった。持ち帰りならOKとのこと。

部屋で軽く頂いた。

サンロイヤルホテル亀岡駅前で朝食

「かめきたサンガ広場」の「蝗活」を俯瞰する

10:00になると、目の前の「かめきたサンガ広場」でダンスイベントと「食の京都」マルシェが始まった。

10時のかめきたサンガ広場

11:00チェックアウトだが、12:00まで延長。

12:00近くになると、多くの人が。

まさに「蝗」の大群・・・笑

12時のかめきたサンガ広場

「かめきたサンガ広場」で「せせらぎ亭八光館」のカレーパン

12時にチェックアウト。延長料金1,100円。

スーツケースはホテルに預けておく。外は寒そうなのでしばらくロビーで時間を潰す。

12:40くらいに外に出て、マルシェを見て回る。

かめきたサンガ広場の混雑

「KAMEOKA FOOD KITCHEN」がやってるお店を見たら、昨日の店主がいたので挨拶。

いつもより遠征サポーターが多いとのこと。

「せせらぎ亭八光館」ってお店で10年ぶりくらいにカレーパンを買った。

生地はさっくり揚がっていて、軽い食感。カレーも美味しかったな。カレーパンもいいものだと改めて。

せせらぎ亭八光館のカレーパン

「京都サンガ vs FC東京」を観戦

13:30過ぎにサンガスタジアムへ。

サンガスタジアム京都の外観

ピッチが超近いスタジアム。

サンガスタジアム京都のピッチとの近さ1

サンガスタジアム京都のピッチとの近さ2

ビジターシートは売り切れでビジターエリアはみっしみし。

前後の席間隔がとても狭く、自分の座席まで移動するのが大変だった。

前半の20分くらいまでは京都のハイプレスに苦しんでいたが、それ以降はハイプレスできないようなポジションを取るようになり、センターバック二人と青木を起点にゲームを支配できるように。

アルベル監督の言っていた「広島戦での課題」を克服した形だ。

後半23分、木本のロングフィードに紺野が追いつき、ディエゴにグラウンダーのパス。ディエゴのシュートは相手ディフェンダーに当たりコースが変わりそのままゴール。

アディショナルタイムの最後の場面は決められてもおかしくないほど危ないシーンだったが、相手が外してくれて助かった。

リーグ戦3連勝!

サンガスタジアム京都での試合終了後1

サンガスタジアム京都での試合終了後2

アルベル監督が煽りに来てくれたよ。

ピーター・ウタカ選手も来てくれたね。

次節は強豪マリノス戦。

上位相手でも戦えるのかの試金石になるね。去年も下位チームには勝てたからね。

「サンロイヤルホテル亀岡駅前」で時間を潰してから京都市内へ

今日の観客数は10,790人。

そのまま駅に向かうとすごい混雑が予想されたので、ホテルの2階のレストランでドリンクバーを頼み、しばらく待機。

サンロイヤルホテル亀岡駅前でドリンクバー

寒い中ずっと立っていたから足がだるい。今、温泉入りたい気分だ。

17:00過ぎにスーツケースを引き取り、京都市内へ移動する。

モクシー京都二条にチェックイン

17:45に二条駅に到着。

今日泊まる「モクシー京都二条」の外観。

モクシー京都二条の外観

フロントでホテル宛に送っていたアマゾンの荷物を受け取る。

Marriott Bonvoyのプラチナエリート会員向けの特典は以下だった。

  • 16時までのレイトチェックアウト
  • ドリンククーポン
  • ウェルカムギフト

明日はフォションホテル京都に泊まるので、14時までのレイトチェックアウトをお願いした。

ウェルカムギフトは以下から一つ。

  • 500ポイント
  • 10ドル分のクーポン
  • スナック&ドリンク

10ドル分のクーポンにしておいた。

部屋は最上階8階の「もみじセレクト」というタイプの部屋。

モクシー京都二条のもみじセレクトの内観1

モクシーにしては穏やかなカラーリングなのかな。

モクシー京都二条のもみじセレクトの内観2

ベッド脇のテーブル。

モクシー京都二条のもみじセレクトの内観3

モクシー京都二条のもみじセレクトの内観4

黒電話フォルムの内線。

モクシー京都二条のもみじセレクトの黒電話

モクシー京都二条のもみじセレクトの電子ケトル

独立したシャワーブース。

モクシー京都二条のもみじセレクトのシャワーブース

差し色の使い方が上手い内装。

「二条 えん」で晩飯

19:00過ぎに「二条 えん」へ。

二条 えんの外観

カウンターへ。

二条 えんのカウンター

冷えたので、「宗玄 見付山」の熱燗をもらう。

冷めないように錫の容器の中にもお湯が入れてある。心配りが嬉しい。

二条 えんの日本酒

たけのこの炭火焼きとそら豆の炭火焼きを注文。どちらもハーフ対応してくれたので助かる。

今年初たけのこ。超うまかった。

二条 えんのたけのこの炭火焼き

添えられてある木の芽和えソースがまた旨くて、これだけでもつまみになる感じ。

そら豆の炭火焼きは特製の塩で。粉のような塩だった。

二条 えんのそら豆の炭火焼き

天ぷら。さっくり揚がっていて熱々。

二条 えんの天ぷら

カツオのたたきのハーフ。添えられてる野菜もうまいね。

二条 えんのカツオのたたき

この店は出汁が売りと聞いたので、締めにおまかせうどんのハーフ。

つくねと温玉入り。

二条 えんのおまかせうどん

確かにだし美味い。温玉崩しても、出汁が温玉に負けない。

料金は5,200円。

どのスタッフもホスピタリティが高くて、居心地が良かった。

東京からの常連さんもいると聞いて納得。

DAZNで今日の試合を振り返る

ホテルに戻って、ドリンククーポンでシグニチャーカクテルだという「薑(はじかみ)」をもらう。

まん防期間中なので1階のカウンターでは飲めず、部屋に持ち帰り。

私には合わない味だったな。

DAZNで今日の試合を振り返りながら一杯。楽しい時間だ。

これは得点シーンの後。体の小さい紺野がディエゴに抱きかかえられている。

ディエゴの紺野抱きかかえ

スタッツ。パス数を見ても、ヤクブ・スウォビィクからセンターバック二人、青木のラインが機能してることがわかる。

スタッツ

解説の佐藤さん、聞きやすい声だったな。

解説の佐藤さん

27時に寝た。

神泉苑まで散歩

11時に起床。

窓からは佛教大学と立命館大学朱雀キャンパスの建物が見える。

モクシー京都二条からの佛教大学と立命館大学朱雀キャンパス

ここから近くの神泉苑は、伝承では義経と静御前が出会った場所らしい。行ってみよう。

12時過ぎにホテルを出る。

京都にはまだ酒の自販機があるのだな。冷凍の焼鳥と明太子の自販機もある。

京都のビールの自販機

5分ほどで神泉苑に到着。

神泉苑

法成就池。

法成就池

由来は以下を参考。

「法成就池(ほうじょうじゅいけ)」という名は、日本中がひでりの際に、弘法大師空海が北天竺より善女龍王様をよびよせ、祈雨の修法を行い成就させたことに由来します。
1330年頃に編纂された「徒然草」第百八十段にも「さぎちやう(左義長)は、正月に打ちたる毬杖(ぎっちょう)を、真言院より神泉苑へ出して、焼き上ぐるなり。『法成就の池にこそ』と囃すは、神泉苑の池をいふなり。」とあり、鎌倉時代以前から呼ばれていたことが分かります。

法成就池

こちらは日本で唯一の恵方社らしい。

神泉苑の恵方社

法成橋。

神泉苑の橋

「カフェ・セバーグ」で昼飯

そばかうどんが食べたいと思って、グーグルマップで探したが近くには見当たらない。

ホテルに戻る途中にあった、「カフェ・セバーグ」という店に。映画好きの店主がやっているらしい。

京都のカフェ・セバーグ

ブレンドコーヒーの名前は、店主が好きな女優から取られている。

京都のカフェ・セバーグのブレンドコーヒーのメニュー

自家製ボロネーゼのホットサンドとセバーグ・ブレンドを頂いた。

京都のカフェ・セバーグのホットサンド

セバーグブレンド美味しかった。

店主による映画の講演会も行われているらしい。

モクシー京都二条をチェックアウト

14:00ちょうどにチェックアウト。

ポイント泊のため支払いはなし。

結局、10ドルクーポンは使いそこねたな。

タクシー配車アプリ「GO」で車を呼んで、フォションホテル京都へ向かう。

フォションホテル京都宿泊記をご覧になりたい方は以下にアクセスしてください。

長い遠征記、ご覧頂きありがとうございました。

2泊3日のサンガスタジアム遠征でかかった費用

最後に今回のサンガスタジアム遠征でかかった費用をまとめておく。

往復の新幹線代が26,140円。

ビュー・エクスプレス特約の「エクスプレス予約」は、「スマートEX」より安くてお得なのでおすすめ。

宿代は合計8,800円。2泊目の「モクシー京都二条」はポイント泊のため無料。

食費は合計20,855円。

交通費の合計は2,476円。タクシーアプリ「GO」の1,000円割引クーポンを2回使用。

タクシークーポンの獲得方法は以下の記事を参照。

トータルで58,271円。

結構かかっちゃったな。次回はもっと節約したい。

分類 細目 費用
新幹線 のぞみ89号 13,070円
のぞみ374号 13,070円
宿泊 サンロイヤルホテル亀岡駅前 7,700円
サンロイヤルホテル亀岡駅前延長料金 1,100円
モクシー京都二条 0円
飲食 エキュート品川 508円
アムール 5,180円
KAMEOKA FOOD KITCHEN 3,150円
セブンイレブン 1,923円
かめきたサンガ広場 300円
ドリンクバー 300円
二条 えん 5,200円
ファミリーマート 2,021円
カフェ・セバーグ 1,200円
食品専門館ハーベス 1,073円
交通 タクシー 960円→0円
電車 493円
電車(京都→亀岡) 420円
タクシー 1,740円→740円
電車(亀岡→二条) 330円
電車 493円
その他 お土産 2,668円
合計 58,271円
ABOUT ME
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記などを紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。