ANA JCBプリペイドカード

【改悪】リクルートカードのnanacoチャージポイント。対処方法を3つ紹介。

ANA JCBプリペイドカードを経由したnanacoチャージ

リクルートカードの電子マネーチャージが改悪されます。

今後も電子マネーチャージでポイントを貯めていくための対処方法を「3つ」紹介します。

特に3番目の「ANA JCBプリペイドカードを経由する」方法は余り知られていないと思います。

まずは、今回の改悪をまとめておきます。

リクルートカードの電子マネーチャージの改悪内容

2018年4月16日(月)より、以下の対象となる電子マネーチャージご利用分については、ご利用金額の合算で月間30,000円までがポイント加算の対象となります。合算で30,001円以上のご利用分はポイント加算の対象外となります。

なお、ご利用金額の対象はそれぞれの電子マネーの合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額です。

※月間集計期間は毎月16日~翌月15日となります。
※2018年4月15日(日)以前のご利用分でも、2018年4月16日(月)以降に売上データがカード会社へ到着した場合、上記の対象となります。

対象となる電子マネーチャージ
【JCBブランド】
 nanaco(ナナコ)、モバイルSuica
【Mastercard(R) / Visaブランド】
 nanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

引用元:【重要なお知らせ】リクルートカードにおける電子マネーチャージご利用分のポイント加算対象の改定について

ポイントを纏めます。

  • 3万円まではポイント対象(100円=1.2ポイント)になるが、それ以上はいくらチャージしてもポイントは付かない。
  • 全ての電子マネーチャージの合算金額に対して適用される。

例えば、リクルートカード(Visa)で、30,000円分、nanacoチャージしたとします。これについては、ポイント(30,000×0.012=360)が付きます。

しかし、その後に、10,000円分、nanacoチャージしてもポイントは付きませんし、モバイルSuicaチャージしてもポイントは付きません。

対処方法

リクルートカードを2枚持ちする

改悪により、リクルートカードのnanacoチャージでポイント対象となるのは、毎月3万円までとなります。

もし、毎月のnanacoチャージ金額が6万円以下であれば、リクルートカードの2枚持ちをおすすめします。

ご存じない方も多いのですが、リクルートカードは、

  • リクルートカード(JCB)とリクルートカード(Visa)
  • リクルートカード(JCB)とリクルートカード(Mastercard)

の2枚持ちが可能です。

発行会社が違うからです

リクルートカード(JCB)はジェーシービー発行、リクルートカード(Visa)とリクルートカード(Mastercard)は三菱UFJニコス発行。

2枚持ちすると、改悪後も、2枚のカードでそれぞれ3万円ずつnanacoチャージできます。合計6万円。

リクルートカード2枚持ちのメリットはこれ以外にもあります。詳しく知りたい方は、以下の記事をご欄ください。

他のカードを併用する

nanacoチャージでポイントが貯まるカードとしては、他に以下のものがあります。

クレジットカード名年会費還元率
Yahoo! JAPANカード(JCB)永年無料0.5%
セブンカード・プラス永年無料0.5%
リーダーズカード実質無料(*)0.34%

(*)初年度無料。前年30万円以上利用で翌年度無料。

Yahoo! JAPANカードの通常の還元率は1.0%ですが、nanacoチャージに対しては半分の0.5%となります。

リーダーズカードの通常の還元率は1.25%ですが、nanacoチャージに対しては0.34%となります。

いずれもリクルートカードに比べると、還元率は下がってしまいますが、全くポイントが付かないよりかはいいでしょう。

ちなみに、リーダーズカードは、マイラー以外の方には、メインカードとしても最適ですよ。

ANA JCBプリペイドカードを経由して、間接的にnanacoチャージする

ANA JCBプリペイドカードという、JCBブランドのプリペイドカードがあります。

JCBブランドのクレジットカードでチャージできるプリペイドカードです。

このANA JCBプリペイドカードは、nanacoクレジットチャージに利用することができます。

そして、いくつかのJCBブランドのクレジットカードは、このANA JCBプリペイドカードへのクレジットチャージで、ポイントが満額得られます。

つまり、

「いくつかのJCBブランドのクレジットカード」⇒ANA JCBプリペイドカード⇒nanaco

とANA JCBプリペイドカードを間に挟むだけで、今までと同じようにnanacoチャージでポイントを獲得することができるのですね。

今の所、以下のカードでのポイント付与が確認されております。

クレジットカード名年会費還元率
Yahoo! JAPANカード(JCB)永年無料1.0%
楽天カード(JCB)永年無料1.0%
イオンカードセレクト(JCB)永年無料0.5%

楽天カードのnanacoチャージは改悪されて、ポイント対象外となってしまったのですが、ANA JCBプリペイドカードを経由すれば、間接的にnanacoチャージでポイント獲得できるということですね。

楽天カードとANA JCBプリペイドカードとnanacoカード

楽天カードの入会方法

楽天カード未発行な方は余りいないかもしれませんが、楽天カードは「時機を見て」ポイントサイトから入会すると、ポイントサイト報酬と入会ボーナスで合計2万円相当のポイントを獲得できます。詳しくは以下の記事をご欄ください。

Yahoo! JAPANカードも改悪されて、nanacoチャージのポイント付与率が半分(200円=1ポイント)になってしまったのですが、ANA JCBプリペイドカードを経由すれば、満額(100円=1ポイント)のポイントを獲得できるということですね。

イオンカードは、nanacoチャージ用のカードとして設定すること自体も不可能なのですが、ANA JCBプリペイドカードを媒介とすれば、間接的にnanacoチャージも可能となります。

イオングループのカードで、セブン&アイグループの電子マネーにチャージするという陵辱的なこともできるのですね(笑)

以下の記事で、ANA JCBプリペイドカードのその他のメリットや、お得な入会方法を紹介していますので、是非ご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
今週末まで、【合計90,000ポイントのマリオットのポイント】が当たるプレゼント企画を実施しています! 詳しくは、以下のTwitterアイコンから、先頭の固定ツイートをご覧ください。 以下のTwitterアカウントで、ポイントサイトやマイルのお得な情報をツイートしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。