リーダーズカード

リーダーズカードは「キャッシュバック」にも「ANAマイル」積算にもおすすめ

リーダーズカード券面デザイン

株式会社ジャックスの発行するリーダーズカードは、目下、還元率ナンバーワンのカードです。

年会費は実質無料です。

キャッシュバック還元率は、1.257143…(永遠に続く)%。

キリのいい数字にしなかった責任者出てこい。

※年会費が永年無料のカードで還元率ナンバーワンはREX CARDです。リーダーズカードと同じジャックスの出しているカードです。

リーダーズカードは、キャッシュバック率2.0%の「Kyash」のチャージでもポイントが貯まりますので、「リーダーズカード+Kyash」で最強のクレジットカードが作れます。

ポイント付与率は下がりますが、nanacoチャージでもポイントが貯まります。

nanacoチャージ時のキャッシュバック還元率は、0.342857…(永遠に続く)%。

また、意外と知られていませんが、リーダーズカードはANAマイルを貯めるにも便利なカードです。

ANAマイル還元率は、1.018286…(永遠に続く)%

nanacoチャージ時のANAマイル還元率は、0.277714…(永遠に続く)%。

実質年会費無料とは?

リーダーズカードの年会費は、初年度無料です。

2年目以降は2,500円(税別)かかることになっていますが、前年にリーダーズカードを30万円以上利用すれば、無料となります。

キャッシュバック還元率は1.257143(永遠に続く)%

リーダーズカードを使うと、月間の利用金額に対して、「1,000円=11ポイント」のReader’s Cardポイントが貯まります。

そして、「1,400ポイント=1,600円分のJデポ」の交換レートでJデポに交換できます。Jデポというのは、次回の請求月からの値引きシステムです。

キャッシュバック還元率は、1.257143…(永遠に続く)%です。

リーダーズカードのキャッシュバック還元率

計算式は以下。

(1,600÷1,400)×(11÷1,000)×100=1.257143…

割り切れる数字にしてほしいですよね(笑)

Kyashのチャージにも最適

Kyashはスマホで簡単に発行できるバーチャルVISAプリペイドカード。

Kyashで支払いをすると、2%のキャッシュバックが受けられます。

そして、Kyashのチャージにはリーダーズカードを使うことができ、リーダーズカードによるチャージ分もポイント付与対象です。

ですので、「リーダーズカード+Kyash」で最強の決済手段が完成します。

より詳しくは、以下の記事をご覧ください。

ANAマイル還元率は、1.1314857(永遠に続く)%

リーダーズカードを使うと、月間の利用金額に対して、「1,000円=11ポイント」のReader’s Cardポイントが貯まります。

このReader’s Cardポイントは「1,400ポイント=1,600円分のJデポ」の交換レートでJデポに交換する以外に、「1,400ポイント=1,600ポイント」の交換レートで、ポイント中継サイト「Gポイント」のポイントにも交換することができます。

Gポイント還元率は、1.257143…(永遠に続く)%です。

リーダーズカードのGポイント還元率

Gポイントに交換できれば、「LINEポイントルート」に乗せられますね。

ANAマイル還元率は、1.018286…(永遠に続く)%です

計算式は以下。

(1,600÷1,400)×(11÷1,000)×0.81×100=1.018286…

ANAマイル還元率が高いリーダーズカードは、以下でも述べるように、ANA陸マイラーのメインカードに最適ですよ。

nanacoチャージでも、Reader’s Cardポイントが貯まる

リーダーズカードは、nanacoチャージでもポイントが貯まりますよ。

ただし、ポイント付与率が落ちて、「1,000円=3ポイント」となります。

nanacoチャージ時のキャッシュバック還元率は、0.342857…(永遠に続く)%です。

(1,600÷1,400)×(3÷1,000)×100=0.342857…

nanacoチャージ時のANAマイル還元率は、0.277714…(永遠に続く)%です。

(1,600÷1,400)×(3÷1,000)×0.81×100=0.277714…

Yahoo! JAPANカードのnanacoチャージのANAマイル還元率は、0.25%です。

リーダーズカードでのnanacoチャージは結構お得なんですね。

ポイント最小交換単位が3,500ポイントなのがネック

※ポイント最小交換単位が「1,600ポイント」に引き下げられました。

リーダーズカードのポイント最小交換単位は、3,500ポイントです。

リーダーズカードを31万8,181円使わないと、ポイント最小交換単位に達しません

1,000円使えば1マイル貯まるソラチカカードに比べると、ここは不利ですね。

Reader’s Cardポイントの有効期限は2年間あるので、ポイントをじっくり貯める気であれば問題ないかもしれません。

海外旅行傷害保険は自動付帯で最高2,000万円

海外旅行傷害保険は自動付帯で最高2,000万円

国内旅行傷害保険は利用付帯で最高1,000万円

リーダーズカードには、最高1,000万円の国内旅行傷害保険が利用付帯します。

保険の種類補償金額
傷害による死亡・後遺障害最高1,000万円
入院日額
※8日以上の治療から対象
手術
※8日以上の治療から対象
通院日額
※8日以上の治療から対象

「利用付帯」とは、どういう意味か?

リーダーズカードで旅行代金を国内旅行出発前に支払うと、傷害保険が適用されるという意味です。

旅行代金とは、具体的には以下を指します。

  • 公共交通乗用具の搭乗費用
  • 宿泊施設の宿泊費用
  • 宿泊を伴う募集型企画旅行(パックツアー)の参加費用

以上の料金をリーダーズカードで国内旅行出発前に支払うと、

  • 公共交通乗用具に乗客として搭乗中の事故
  • 宿泊施設に宿泊客として滞在している間の宿泊施設内での事故
  • 宿泊を伴う募集型企画旅行(パックツアー)に参加している間の事故

が補償対象となります。

ポイントサイト系ANA陸マイラーのメインカードに最適

リーダーズカードは、ポイントサイト系ANA陸マイラーのメインカードに最適です。

ポイントサイトでANAマイルを貯める陸マイラー必携のカードは、「ソラチカカード」です。

ソラチカカードは、「ポイントサイト」のポイントを効率良くANAマイルに交換するための「LINEポイントルート」開通に必須のカードです。

ですが、ソラチカカードは、ショッピングのANAマイル還元率が低い。0.5%です。

上でも確認したように、リーダーズカードのANAマイル還元率は、1.018286…(永遠に続く)%と高いです。

リーダーズカードは、ポイントサイト系ANA陸マイラーの普段使いのカードとしておすすめです。

以下の記事でも詳しく書いています。

リーダーズカードは「ポイントサイト」経由で申込みをしよう

上で、リーダーズカードは、ポイントサイト系ANA陸マイラーのメインカードに最適だと述べました。

それなら、リーダーズカードも「ポイントサイト」から申込んでしまいましょう。

「ポイントサイト」の報酬を得られて、それを「ソラチカルート」に載せることで、ANAマイルに交換できます。

以下の記事でリーダーズカードの「ポイントサイト」報酬額を比較しています。ぜひ最も報酬額の高いポイントサイトから申込んでください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。