ANA SFC修行 2016 (2) トマム2泊3日家族旅行記

[記事公開日]2016/04/10
[最終更新日]2016/09/24

息子の中学卒業祝いで2泊3日で北海道のトマムへ。3月19日~3月21日。

去年3月の上海以来の家族旅行。

卒業旅行に行くこと自体は決まっていたのだが、行き先がなかなか決まらなかった。

最終的にトマム2泊に決定し、ANA便を予約したのが3月11日(出発8日前)。

今年はプレミアムポイントのために搭乗する気はないのだが、今回、プレミアムポイントを獲得したので一応記録。

利用日 便名 内容 クラス 運賃種別 費用 加算マイル ボーナス 合計 プレミアムポイント
3/19 ANA55 羽田-札幌 Z 特割タイプB 32,190円 382 363 745 1,165
3/21 ANA74 札幌-羽田 Z 特割タイプB 32,190円 382 363 745 1,165

トマム2泊3日家族旅行記の目次

1日目

ANA機内とトマム行きの特急の中で娘が嘔吐してしまい、行くまでが大変だった。

2日目

子供たちは初スキー、親は20年ぶりのスキーを楽しんだ。

3日目

もう1泊くらいしたかったな・・・

ANA航空券代は全額ANA SKY コインで支払う

最後にかかった金額を紹介するが、春休みのトマムは宿泊代金だけで約15万。

航空券だけでも節約したいので、特典航空券が取れれば、と思っていたが、春休みのピークシーズンで取れるわけもなく・・・

そこで、ANAマイル110,000マイルをANA SKY コイン187,000コインに変換し(ANAの上級会員はANAマイル⇒ANA SKY コインの交換率が1.7倍)、既に保有していたANA SKY コインと合わせて、4人分の航空券代金を支払った。

ANAマイル110,000マイルを187,000ANA SKYコインに交換

直前に予約したので、席が全然空いていなくて、往復ともに4人バラバラ。さすがに8歳の娘を一人で座らせるのは心配なので、ANAに電話して、隣同士の席を作ってもらった。

スキーウェアについては、子供たちの分は去年2月にさっぽろ雪まつりに行った時に購入したものがあるのでそれを再利用することに。幸い二人ともまだ着られた。大人については現地でレンタルすることにした。

電車を乗り継いで羽田空港へ

一人旅の時は、空港までは羽田空港定額タクシーを利用するが、娘は酔いやすい体質。今回は電車を乗り継いで羽田空港に向かった。

電車を乗り継いで羽田へ

だが、電車でも酔う娘・・・

8時17分に羽田空港に到着。

ANA55便の機内で娘が嘔吐し大変なことに・・・

ANA PREMIUM CHECK-INに。私は去年のANA SFC修行のおかげで「プラチナサービス」メンバー且つスーパーフライヤーズ会員。妻は私の家族カードのおかげでスーパーフライヤーズ会員になっている。

参考:事実婚でもアメックスの家族カードを発行できた話

スーパーフライヤーズカードでANA PREMIUM CHECK-IN

ANA55便(羽田-新千歳)は9:00出発。ANAラウンジに寄る時間もない。

機材はボーイング777のポケモンジェット。

ボーイング777のポケモンジェット

予約した席は以下のとおり。44列の非常口席に私と妻、同列のD、Fに息子と娘が離れて座るというもの。非常口席には子供を乗せられないからね。

ANA55便のシートマップ

44Eの人に席を交換してもらい、息子と娘を隣同士にしてもらった。私はこれで充分だと思ったが、妻は「息子は娘の面倒なんか見ないから」という理由で、非常口席に息子を移動させ、その代わりに妻が娘の隣に行くことはできないかとCAさんに相談。もちろんそれは無理なのだが、その話を聞いていた44Gの人が席を交換してくれた。ありがたい。

結果、非常口席には私一人。44列のEFGに妻・娘・息子が並んで座ることに。

ANA55便の非常口席

離陸後はBOSEのノイズキャンセリングイヤホンをしておやすみモードだったが、結構揺れて、着陸態勢に入る前にシートベルトサインが出ていた。

ふと、娘の方を見たら、娘が床に嘔吐しているところだった。えぇ???まさか吐くとは思わなかった。

妻がシートベルトを外して処置をしようとするが、CAさんに「シートベルトはお締めに」と言われてしまう。シートベルトサインが出ているので全てを妻に任せた。

CAさんは電話でニヤニヤ笑いながら他のCAさんと連絡を取っている。嘔吐の対処方法を話してくれているのだと思うが・・・

10:50に新千歳空港到着。

新千歳空港に到着したANA55便

娘の嘔吐は前触れもなく突然のものだったらしい。娘は気持ち悪さと吐いてしまったショックで意気消沈である。空港の待合所で少し休憩。次の電車での酔いも気になるようで、不安そうな顔で「電車何分乗るの?」と。

スーパーおおぞら5号で南千歳駅からトマム駅へ

この後、ひと駅隣の南千歳駅に移動し、そこからトマム行きの特急に乗る。

JR新千歳空港駅のみどりの窓口でトマムまでの特急券を購入。行きの指定席は既に売り切れだった。自由席は座れるかどうかはわからないという。うーん、事前に買っておけばよかったな・・・

駅員さんに聞いたら、南千歳駅にはレストランはないという。新千歳空港で弁当を買って、車内で食べようということになる。多分、座れるでしょう・・・

ターミナルビルの2階に上がり、「心の空旅 北の弁当工房 かな」というところで「生うに三色丼」のハーフ(1,580円)を購入。

南千歳駅に移動。特急乗車時間(12:23)まで30分近く時間があったので、駅の待合所で「生うに三色丼」を食べた。思いのほか美味しくて、妻は帰りも買う気でいる。

新千歳空港で購入した生うに三色丼

スーパーおおぞら5号釧路行きに乗車。

スーパーおおぞら5号釧路行き

自由席は満席・・・通路に立つ。重い荷物抱えての乗車、しかも、座ってる人に迷惑かけないようにするのがとても精神的に疲れる。しかし、南千歳駅で「生うに三色丼」食べておいてよかった。

その後、連結部分に乗っていたはずの息子から「前の方の車両は席空いてる」とのLINE。妻が向かって、2席確保。その後、私も席を確保できた。よかったよかった。

なお、こんな風に新千歳空港から東に向かっている。

南千歳からトマムの地図

娘には念のため、ビニール袋を持たせておいた。まぁ、でも、もう大丈夫だろうと思っていた。

が、トマム到着間際になってまた嘔吐・・・今度はビニール袋があったので助かったが。

トマム ザ・タワー スタンダードフォースルーム

トマム駅に到着。気温が高いため、雨が降っている。用意されたバスに乗ってホテルへ向かう。

かなりの人数が乗っていたので、これは到着後チェックインに相当並ぶだろうと思って、ホテル到着後はダッシュでフロントへ。お陰でかなりショートカットできた。

フロントでは、朝食券と「ミナミナビーチ・木林の湯 滞在中無料券」をもらった。

部屋に入室。

トマム ザ・タワー スタンダードフォースルーム1

この頃には娘の体調も改善していて、かなり調子が出てきていた。ベッドの上で飛び跳ねて喜ぶ娘。

トマム ザ・タワー スタンダードフォースルーム2

トマム ザ・タワー スタンダードフォースルーム3

バスルームは2つあった。

トマム ザ・タワー スタンダードフォースルームのバスルーム

娘とミナミナビーチへ

時刻は14時。お疲れモードの妻・息子は今日はアクティビティとか無理せずゆっくり過ごそうと言う。しかし、娘はプールに行きたいという。私が付き合うことに。

娘は部屋で水着を着用。これはスイミング教室に行くときと同じ準備。

ミナミナビーチというプールは、今いるホテルとは別の建物にある。循環バスで行く。ロビー階に降りてバスを待つ。バスが来ると、係員がバスの到着を教えてくれる。

施設に入るとサウナのようにもわっと暑い。私は水着をレンタルする必要があるため、選んでいたら、その間に受付に行列が。

星野リゾートトマムのミナミナビーチ全景

更衣室に行って着替え。ロッカーの使い方が少し特殊だった。ロッカー内側に(フロントでもらった)紙のカードの差しこみ口があるので、記名欄を外側にして差し込み、自分で暗証番号を設定する仕組み。ロッカーの場所は、その紙に書いた自分の名前が目印だ。

星野リゾートトマムのミナミナビーチのロッカー利用法用1

星野リゾートトマムのミナミナビーチのロッカー利用法用2

プールは温水。浮き輪や遊具のレンタルは有料。1,000円のレンタルと1,500円のレンタルがあり、大型の浮き輪は1,500円払わないと利用できない。1,000円のレンタルにしておいた。

娘は大はしゃぎ。20分おきくらいで波も出て、これも面白い。プールサイドの波は相当な水圧があり、大人でも飛ばされるくらい。子どもたちは大はしゃぎで楽しんでいた。

防水ケースに入れたiPhoneで撮影。

星野リゾートトマムのミナミナビーチのプール

15時くらいにミナミナビーチに着いて、16時40分くらいまで遊んでいた。プールの中にいる時は温かいが、プールの外に出ると鳥肌が立つくらい寒い。プールサイドにはお風呂並みに温かいプールもあった。

また、循環バスに乗って、ザ・タワーに戻る。

星野リゾートトマムの循環バス

17時過ぎにザ・タワーに戻ってきた。妻がゆっくり一人時間を楽しんでいたという「Cafe Lounge yukku yukku」を外から覗き込む。

Cafe Lounge yukku yukkuの入り口

Cafe Lounge yukku yukkuの隣には、キッズルームが有った。

星野リゾートトマム ザ・タワーのキッズルーム

部屋に戻ると、鍵を持って出た妻はまだ帰っておらず、部屋にいるはずの息子もピンポンに出ない。息子熟睡していた。

フォーレスタモールの「カネマル 後藤商店」で晩飯

プールで疲労して相当お腹空いた。リゾナーレトマムの高層階にある「アルケッチァーノ」に行ってみたかったが、こういう人気の有るところは予約必須みたい。「アルケッチァーノ」については去年の庄内旅行の時にその存在を知った。

居酒屋メニューが食べたくて、17時半過ぎに、「カネマル 後藤商店」というところへ向かう。お店はフォーレスタモールというところにある。フォーレスタモールはザ・タワーと通路で繋がっているが、数分歩く。通路内は結構寒いので、上着必要。

ザ・タワーとフォーレスタモールを繋ぐ通路1

ザ・タワーとフォーレスタモールを繋ぐ通路2

ザ・タワーとフォーレスタモールを繋ぐ通路3

これがフォーレスタモールという飲食棟。

フォーレスタモール

フォーレスタモールのカネマル 後藤商店外観

まだ17時半過ぎだったので、空いていた。

まずはサッポロクラシックで乾杯。

メニューには英語の他に中国語も。

フォーレスタモールのカネマル 後藤商店のメニュー

何はなくても刺盛りでしょう。

フォーレスタモールのカネマル 後藤商店の刺盛り

鶏ザンギ。

フォーレスタモールのカネマル 後藤商店の鶏ザンギ

焼きエビ。

フォーレスタモールのカネマル 後藤商店の焼きエビ

息子の好きなジンギスカン。

フォーレスタモールのカネマル 後藤商店のジンギスカン

これも息子の好きなホッキガイ。

フォーレスタモールのカネマル 後藤商店のホッキガイ

ウニ(ハーフ)。色があまり良くないね。昼間食べた生うに三色丼のうにの方が美味しかったな。

フォーレスタモールのカネマル 後藤商店のウニ(ハーフ)

ビール2杯飲んだあとは「苫鵡」という日本酒に移行。

フォーレスタモールのカネマル 後藤商店の苫鵡

カニの天ぷら食べてみたかった。

フォーレスタモールのカネマル 後藤商店のカニの天ぷら

イカ刺しも旨いねぇ。

フォーレスタモールのカネマル 後藤商店のイカ刺し

締めはそばで。

フォーレスタモールのカネマル 後藤商店のそば

料金は18,480円。支払いは部屋付けにした。

19時過ぎに店を出る頃には満席になっていた。

ザ・タワーに戻り、ロビー階の売店で富良野VINTAGEのサッポロクラシックやツマミを購入。

ゲレンデ。ナイターは早い時間に終わっちゃうみたい。

トマムの夜のゲレンデ

部屋で「ブラタモリ 熊本編」を見ていたが、あまりに眠い。見終わったあと、寝てしまった。

その後、妻が見ていた「京都人の密かな愉しみ 夏」の途中で起きた。その後、少し飲んで、24時位には寝た。

森のレストラン ニニヌプリで朝食

翌朝、8時過ぎに妻に起こされる。

朝食会場は8箇所ある。その混雑状況はスマホで見られるが、このようにテレビでも確認できる。

トマムの朝食会場の混雑状況

部屋から一番近いのは、ザ・タワー内にある「レストランミカク」だが、和食で子供たちが好まない。また、20分待ちだ。妻任せで「森のレストラン ニニヌプリ」というところへ向かった。

「森のレストラン ニニヌプリ」は、ザ・ヴィレッジアルファという棟にあり、ザ・タワーからは5分以上は歩く。朝からいい運動だ。

「森のレストラン ニニヌプリ」に続く通路は、昨日歩いたフォーレスタモールに繋がる通路より寒かった。

9時くらいに会場に到着。内観はこんな感じ。

「ニニヌプリ」とはアイヌ語で以下の意味のようだ。

「ニニヌプリ」とは,村内にあるニニウという地区へのオマージュから付けられた名前である。ニニウはアイヌ語で「木の多いところ」という意味だから,「ニニヌプリ」は木の多い山というような意味になるだろう。

ニニヌプリ

文字通り、トドマツに囲まれたレストラン。

森のレストラン ニニヌプリの内観1

森のレストラン ニニヌプリの内観2

バイキング形式。

森のレストラン ニニヌプリのバイキング1

森のレストラン ニニヌプリのバイキング2

森のレストラン ニニヌプリのバイキング3

森のレストラン ニニヌプリのバイキング4

森のレストラン ニニヌプリのバイキング5

森のレストラン ニニヌプリのバイキング6

オムレツを作ってもらった。

森のレストラン ニニヌプリのオムレツ

私の朝食はこんな感じで。味はどうでしょう。まぁまぁ、というところかな。

森のレストラン ニニヌプリの朝食

窓の外はこんな景色。

森のレストラン ニニヌプリからの景色

9時50分位に朝食会場を出る。

ザ・ヴィレッジアルファのバス乗り場にちょうど循環バスが来ていたので、私はバスに。私以外は歩いてザ・タワーに。私の方が早く着いた。

子供は初スキー、親は20年ぶりのスキー

部屋から見えるゲレンデ。今日はスキーかスノボをしたい。

星野リゾート ザ・タワーからのゲレンデ1

星野リゾート ザ・タワーからのゲレンデ2

ロビー階のレンタルスペースへ。

星野リゾート ザ・タワーのスキーレンタル

5時間のレンタルと1日のレンタルがあったが、5時間にした。私と妻はフルセット(スキー板、ブーツ、ストック、帽子、ゴーグル、グローブ)のレンタル、息子と娘は3点セット(スキー板、ブーツ、ストック)とゴーグルのレンタルにした。

一式を部屋に持ち帰り、装備した上で、ゲレンデにあるスキー板のレンタルスペースへ。ブーツのサイズに合わせてスキー板を調整してもらう。

星野リゾート ザ・タワーのスキーレンタル2

息子も娘も初めてなので、スキーを履くのも一苦労。倒れてから起き上がるのも一苦労。しかも、アイスバーンの場所が多く、初心者には厳しい環境だった。私はしばらく自分のスキー板を履く余裕もなく、子供のサポートに立ちまわっていた。

息子・娘が初スキー

最初は娘の習熟具合が一歩リード、リフトにも乗ってみたいと積極的だった。

ザ・タワーのロビー階に戻り、リフト券(11回券)を購入。これも部屋付けできるから便利。

しかし、その後、娘、転んで顔面を打ち、擦り傷を作ったあとは「もう滑りたくない」と。リフト券買ってきたばかりなのに(笑)

妻の説得により「歩いて降りるならリフトに乗ってもいい」と言う娘。

リフトに乗ることに。息子は初リフトで興奮していた。

私も20年ぶりのリフト。そうだ、リフトの乗降ってこんな感じだったと思い出した。

娘しばらく滑っていたが、転んだ後は妻の後ろにくっついて滑ることに。

息子は最初はアイスバーンにハマって、起き上がれなくなったりして、大変だったが、徐々に上達。

リフト2回目は私と息子で、3回目は妻と息子で。

私も久し振りのスキーを楽しんだ。20年ぶりのスキーだが、技術が全く衰えていなかった。むしろ体重移動の仕方とか上手くなったんじゃない?ってくらい。

14時半くらいに切り上げて、レンタル用品の返却。やっぱり5時間レンタルで正解だったわ。1日はとても無理。スキー用ブーツを脱いだ時の開放感が凄い。

なお、スキー中の写真はもっと撮りたかったのだが、気温が低いとiPhoneの電源が強制終了してしまい、全然撮れなかった・・・

ワッフル&スイーツ マム マーナ

時刻は15時。お腹空いたが、今ガッツリ食べちゃうと晩ごはんが入らなくなっちゃうな・・・ということで「ワッフル&スイーツ マム マーナ」というワッフルのお店に。こちらもフォーレスタモールにある。

トマムのワッフル&スイーツ マム マーナの外観

トマムのワッフル&スイーツ マム マーナの内観

店内に入るとワッフルのいい香り。ビールを飲みたかったが、ここにはなかった。カルーアミルクとか甘ったるいのならあった。

私が頼んだのはバナナチョコワッフルのハーフとコーヒー。

トマムのワッフル&スイーツ マム マーナのバナナチョコワッフル

トマムのワッフル&スイーツ マム マーナのコーヒー

これは息子が頼んだ「アップルシナモンのワッフル」(1,900円)。

トマムのワッフル&スイーツ マム マーナのアップルシナモンのワッフル

ワッフルは高かったが旨かった。4人で7,000円。また部屋付けに・・・

フォーレスタモールの敷地の近くのここで、家族でセルフィーを撮った。セルフィーの腕を上げないと・・・

トマムでセルフィー

ミナミナビーチ2回目

部屋に戻った後、また、娘がプールに行きたいというので今度は妻と娘と私で。息子は残っているという。

17時半近くにミナミナビーチへ。バスを降りて、小走りで、レンタルの水着を取り、受付へ。早く並ばないとこうなるよ。

ミナミナビーチの受付の混雑

今日は1,500円の方のレンタルサービスを利用した。最初は妻も含めて3人でビーチバレーなどを楽しむ。その後、妻は木林の湯へ。

SUP(スタンドアップパドルボード)をしてみたかったんだが、全て貸出中で結局できなかった。SUPを行う場所は水深が170cmもあるので、今度来ることがあったら、度付きゴーグルを持ってこよう。

19時頃、ミナミナビーチを出る。循環バスの中でレストランの待ち時間を調べる。妻が行きたがっていたのは、フォーレスタモールにある「チーズフォンデュ&イタリアン BRAVO!!!」というチーズフォンデュが売りの店だが、既に30分以上の待ち時間だった。

トマムのレストランの待ち時間をスマホで確認

ブラーボで晩飯

部屋に戻り、実際の待ち時間を確認しようと内戦で電話かけてみるもずっと通話中。恐らく、出る気がないほど忙しく、ずっと通話中設定なんだろう。

妻と娘がレストランまで様子を見に行ってくれた。結果、3組待ちで、20分位で入れるという。部屋で待っていた私と息子も店に向かう。

ザ・タワーとフォーレスタモールを繋ぐ通路

店内で10分位待つ。「狭いテーブルなら今案内できるのですが・・・」と窓際の席を案内された。大丈夫そうなのでこちらで。

スタッフが足りないのか、とても忙しそうにしていた。呼んでもなかなか来てくれない。ピークシーズンなんだからスタッフ増やせばいいのにと思った。

でも、注文してからはスムーズに色々出てきた。照明が暗いので写真写りが悪いですが・・・

カプレーゼ。

トマムのブラーボのカプレーゼ

じゃがバター。

トマムのブラーボのじゃがバター

スモークサーモンとクリームチーズのサラダ。

トマムのブラーボスモークサーモンとクリームチーズのサラダ

ソーセージ。

トマムのブラーボのソーセージ

行きの飛行機(ANA55便)で娘がもらった都道府県かるたをネタに盛り上がった。

売りのチーズフォンデュ。

トマムのブラーボのチーズフォンデュ1

トマムのブラーボのチーズフォンデュ2

北海道小樽の辛口ワインを頼もうと思ったがなかった。それより少し値段が高いウィリアム・フェーブルのワインを同じ価格で出してくれた。

トマムのブラーボの白ワイン

今日も酔っ払った。

料金は昨晩とほぼ同じで、18,420円。これも部屋付けに・・・チェックアウトが怖くなってきたぞ・・・

帰り道の通路が超寒かった。

ザ・タワーとフォーレスタモールを繋ぐ通路が寒い

通路から見た「Cafe Lounge yukku yukku」。

夜のCafe Lounge yukku yukku

ロビー階の売店でワインとツマミを買い、部屋で続き。

十勝ワインセイオロサム2014

妻は先に寝てしまい、私が飲み干した。今日も飲み過ぎた。

再び「森のレストラン ニニヌプリ」で朝食

3日目。

また妻に起こされる。今日はいい天気だ。

快晴のトマムのゲレンデ1

快晴のトマムのゲレンデ2

9時過ぎに昨日と同じ朝食会場へ向かう。

ザ・タワーのエレベーター、待ち時間が長い。今回は5階だったので非常階段を使ってみた。薄暗くて、埃っぽいがエレベーター待つ時間が惜しかったらこの手もある。

トマム ザ・タワーの非常階段

「森のレストラン ニニヌプリ」まで。朝からいい運動。

入口で朝食券をスタッフに渡す手はずだが、入口付近に誰もおらず、勝手に入ってしまった。

今日の朝食。

森のレストラン ニニヌプリの朝食(2日目)

いい感じで雪が降っていたので、窓際のカウンター席にトレイを持って行って、写真だけ撮った(笑)

森のレストラン ニニヌプリのカウンター席

妻と「『冬のソナタ』のロケ地とかで使われそうだよね」と冗談で話していたが、後でwikipedia見たら、「ユン・ソクホ監督によると、冬のソナタは、当初は北海道をロケ地とする予定であったが、時間の関係で撮影を行うことができなかったという」と書いてあった。

部屋でまったり過ごしつつ、帰り支度

チェックアウトは11時。

娘がまたプールに行きたいと言っていたので、レイトチェックアウトをお願いした。1時間3,200円とのこと。13時までお願いした。

しかし、その後、一緒に行くはずだった妻と息子が行く気無くしてしまったので、結局プールはなしに。

9時頃はあんなに晴れていたのにね。11時近くには吹雪いていた。

吹雪のトマムのゲレンデ

私は2年近く体幹トレーニングをしているのだが、そのせいか、昨日、スキーをしたのに大して筋肉痛じゃなかった。びっくり。

私たちがのんびりしてる間、妻は帰り支度をしてくれていた。それが一段落した後、妻は一人で木林の湯に行ったのだが、しばらくすると電話が。まだ営業してなかったらしい。

スキーウェアなどかさばる荷物は宅急便で送ることにした。13時までに一階の手荷物預かり・宅配受付カウンターに持っていけば、翌々日には東京に届くという。

私が持っていったのは13時近くで、スキー板・ボードなどを引き取る人で混雑していた。

精算~トマムでかかった金額を公開

部屋の鍵はまだ返さないが、事前に精算しておいた。全て部屋付けにしたのでぎょっとする金額になっていた。

日付 ご利用明細 単価 数量 ご利用金額
3/19 ご宿泊料金(1日目/大人) 20,000 3 60,000
3/19 ご宿泊料金(1日目/子供) 14,000 1 14,000
3/19 ミナミナビーチ 2,100 1 2,100
3/19 yukkuyukku 860 1 860
3/19 ミナミナビーチ 1,000 1 1,000
3/19 後藤商店 18,480 1 18,480
3/19 タワーショップ 4,655 1 4,655
3/20 ご宿泊料金(1日目/大人) 20,000 3 60,000
3/20 ご宿泊料金(1日目/子供) 14,000 1 14,000
3/20 タワーレンタル 24,600 1 24,600
3/20 リフト&ゴンドラ 4,900 1 4,900
3/20 マム マーナ 7,000 1 7,000
3/20 ミナミナビーチ 600 1 600
3/20 ミナミナビーチ 1,500 1 1,500
3/20 イタリアン ブラーボ 18,420 1 18,420
3/20 タワーショップ 8,320 1 8,320
3/21 レイトチェックアウト料 3,200 2 6,400
ご請求金額 246,835

トマムよ、さようなら。

さよならトマム

トマム駅から新千歳空港へ

13:33のトマム駅行のバスに乗車。

10分位でトマム駅へ到着。スーツケースは別のトラックで既に届けられていた。

JRトマム駅

トマム駅からリゾナーレ トマム方面。

トマム駅からリゾナーレ トマム方面

13:59のスーパーおおぞら6号に乗車。

スーパーおおぞら6号

帰りは指定席。ホテルで飲みそこねたサッポロクラシックで、妻とお疲れ様の乾杯。

スーパーおおぞら6号でサッポロクラシック

旅行中は怒らないことが目標だった。子供たちにどうだったか聞いてみたら合格点を貰えた。

娘が初日のミナミナビーチの日記を書いていた。その感想を求められていたので記入。

娘のトマム絵日記

娘、また電車酔いのようで目を閉じて耐えていた。吐かずに済んだ。よかった。

南千歳駅に到着。乗り換えて、新千歳空港へ。

新千歳空港にて

15:17に新千歳空港駅に到着。飛行機の出発時間は17:30。

妻が温泉に行きたがっていたので、ターミナルビル4階へ。しかし、そこまでゆっくりできる時間はなかったので取りやめに。息子はゲーセンに吸い込まれていく。

新千歳空港のゲームセンター入り口

乗り物酔いで元気の無い娘だったが、ゲーセンで少し遊んで元気が出たみたい。

新千歳空港のゲームセンター

その後、娘の好きなサンドイッチの店で遅い昼飯。

新千歳空港のサンドイッチ

ロイズに行って、チョコレート購入。

新千歳空港のロイズ

妻は塩水ウニやいくらやらジンギスカン用のラム肉やらを買っていた。

17時5分頃、プレミアムチェックインカウンターに。家族旅行の時にプレミアムチェックインカウンター使えるのはとても助かる。

家族旅行で新千歳空港のプレミアムチェックイン

息子はANAラウンジに興味を示していたが、時間がなかった。また今度。

ANA74便で再び嘔吐・・・

帰りは、私と息子が右側列の2席、妻と娘が真ん中列の2席。

ANA74便のシートマップ

当初そのように座ったのだが、万が一、また娘が嘔吐した時に左の人にだけ気を遣えば済むように、席を入れ替えた。

9Hのおじさんは立ってくれたが、9Gのおばさんは妻娘が前を通るときも、私と息子が通る時もずっと座っている。「立ってもらえませんか?」と言えばよかった。

帰りは大丈夫だろうと思っていたのだが・・・CAさんがしきりに妻と娘の席に来ているので事情を察した。

娘また吐いてしまった・・・

9Hの人にとても申し訳ない・・・

ただ今度はちゃんとエチケット袋の中に。

ショックで泣いていた。

帰りも電車を乗り継いで自宅へ。ショックで元気のない娘を息子がおんぶしてくれた。優しい。いつも兄と喧嘩している娘だがこういう時は素直に甘える。

娘をおんぶする息子

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ