新幹線

上田・金沢旅行記 (1) 上田城跡を見て、「Fika」で晩飯、翌日は柳町へ

上田城の尼ヶ淵の崖

上田・金沢旅行。

日程は、2019年12月11日(水)~13日(金)。

金沢のかわいこちゃんが12月限りで夜の仕事を辞めるという。

お疲れ様を言ってこようということで金沢行きを決める。

この機会に、2016年の大河ドラマ『真田丸』以来気になっていた上田にも行ってみたい。

上田1泊、金沢1泊の2日3日の旅行にする。

旅行当日までの準備

10月29日に楽天トラベルから相鉄フレッサイン長野上田駅前を予約。7,600円。

同日、IHG ANA公式サイトから、ANAクラウンプラザホテル金沢をスーパーフライヤーズ会員向けのプランで予約。10,350円。

移動はすべて新幹線なので、当日にモバイルSuicaで取ることにする。

あさま611号で上田駅へ

自宅から上田駅までルートを調べたら、東京駅から新幹線に乗るよりも大宮駅から乗ったほうがいいらしい。

12時過ぎに大宮駅に到着。

モバイルSuicaで12:30発のあさま611号の特急券を購入。

駅弁の店で「とり飯」を購入。

群馬に貢献するつもりでね。

あさま611号に乗車。

E7系のあさま611号

弁当のシールをよく見ると、製造者は東京都の業者。

鳥めし弁当1

登利平の鳥めしじゃなかった・・・

鳥めし弁当2

騙された気分・・・

ま、美味しかったけどね。

上越・北陸新幹線のグリーン車には、東海道・山陽新幹線のグリーン車に付いている足置きはないよ。あれがあると荷物を前に置けないし、邪魔だと思うんだけど・・・

足置きのない北陸新幹線

車内では、千田嘉博教授の『真田丸の謎 戦国時代を「城」で読み解く』を読んでいた。

高崎市箕郷町あたりから榛名山。

箕郷町から榛名山

県境を超え、軽井沢からの浅間山。

軽井沢からの浅間山

この特急列車の名前の由来でもある。

13:40に上田駅に到着。

今回は一人旅だったのでモバイルSuicaで乗車したが、家族で旅行する場合は、JR西日本の「e5489」のJ-WESTカード会員限定のeきっぷがお得。

参考:【ケース別】北陸新幹線に安く乗る方法まとめ

上田藩主居館跡

駅舎に六文銭のマーク。

上田駅舎の六文銭

予約していた相鉄フレッサイン長野上田駅前は、本当に駅の目の前だった。

相鉄フレッサイン長野上田駅前の外観

15時からのチェックインなので、荷物だけ預ける。

早速上田城を見に行こう。その途中に上田藩主居館跡というのもあるようなので、そちらに寄ってから行こう。

駅前広場にある真田幸村公像と六文銭マークの時計。

上田駅前の真田幸村公像

上田駅前の六文銭時計

上田駅からは、しなの鉄道と上田電鉄別所線というのも出ているんだね。

しなの鉄道と上田電鉄別所線

駅から北に伸びる大通りは、旧北国街道に通じる。

上田駅から北に伸びるメインストリート

真田十勇士のキャラクター像が。

上田駅前の三好伊佐入道像

堺雅人、単に三井住友銀行の広告キャラクターなだけなんだけど、『真田丸』の主人公役だっただけに、上田で見るとまた違った趣がある、、、笑

三井住友銀行の堺雅人

マンホールにも六文銭。

マンホールの六文銭

標識にも。

三井住友銀行の堺雅人

徹底してるなぁ。

上田高校の敷地内にある上田藩主の屋敷門と堀跡。

上田藩主居館跡1

上田藩主居館跡2

上田藩主居館跡3

上田藩主居館跡4

関ヶ原の戦いの後、昌幸と信繁は紀伊の九度山に蟄居させられ、信繁の兄の信幸が上田城主となる。

ただし、徳川を2回も苦しめた上田城は家康の命で破壊され、信幸はこの居館に住んだとのことだ。

上田藩の文武学校「明倫堂」跡に建つ上田市立第二中学校の壁には狭間が。

上田市立第二中学校の狭間

写真撮り損ねたが、上田市立第二中学校、とても近代的な建物だった。

上田城跡

第二中学校の前に上田城の二の丸橋。

上田城の二の丸橋

その下は深い堀になっている。

上田城の二の丸橋の堀

二の丸東虎口。

上田城の二の丸東虎口

二の丸東虎口を抜けると、だだっ広いスペース。

上田城の武者溜り

出陣前の兵が待機する「武者溜り」という場所だったらしい。

本丸東虎口の櫓門。

上田城の本丸東虎口の櫓門1

上田城の本丸東虎口の櫓門2

櫓門の前にも深い堀が作られている。

上田城の本丸東虎口の櫓門3

上田城の本丸東虎口の櫓門4

桜の時期に来たらキレイだろうね。

櫓門の石垣の巨大な真田石。

上田城の真田石

櫓は登れるようだが、冬期は休業とのこと。先週の羅須地人協会と一緒だ(笑)

櫓門を後ろから撮ったところ。

上田城の本丸東虎口の櫓門5

この南北2棟の櫓は、明治8年に民間に払い下げられ、上田城の北方、太郎山山麓の上田遊郭に移築されてた時期があるらしい。それを買い戻して、1949年に現在地に復元したとのこと。

一方、櫓門は、古写真を根拠に平成5年度に復元されたものとのこと。

本丸東虎口を抜けると目の前に真田神社がある。

上田城の真田神社

巨大なカブト(笑)

上田城の真田神社の兜

参拝してから神社の裏手に。

上田城の真田神社

深い真田井戸。城の北方の太郎山麓の砦に通じていたとのこと。

上田城の真田井戸

これは寛永期の建築当初の部材を残し、外観もほぼそのままの姿を残すという西櫓。

上田城の西櫓1

上田城の西櫓2

上田城の西櫓3

西櫓から見るこの断崖絶壁が凄い。

上田城の西櫓4

上田城の西櫓5

上田城築城当時は、この崖の下に千曲川の分流が流れていたらしいから、南側の防御は鉄壁だったんだろう。

本丸跡には、戊辰役上田藩従軍紀念碑があった。

上田城の戊辰役上田藩従軍紀念碑

上田藩は新政府側に与して、北越戦争、会津戦争に参加したらしい。

「家康の命で築かれた上田城」という案内板には、二の丸堀の北側と西側は「百間堀」と呼ばれる大きな堀だったと書かれていた。

家康の命で築かれた上田城

現在は、昭和3年に完成した野球場と陸上競技場になってるとのことなので見に行く。

これか。

上田城の百間堀1

野球場の右奥に陸上競技場があるみたい。

上田城の百間堀2

ここから坂を下っていくと大通りにぶつかる。

上田城の下り坂

するとこの崖が表れる。

上田城の尼ヶ淵の崖1

東の方に進んでいく。

上田城の尼ヶ淵の崖2

上田城の尼ヶ淵の崖3

この辺りは、江戸時代には千曲川の分流が流れていて、尼ヶ淵と呼ばれていたらしい。

上田城の尼ヶ淵の崖4

この尼ヶ淵によって形成されたのがこの河岸段丘の険しい崖。

崖の地層は3層で、上から上田泥流層、下が染屋層(川の作用で砂礫が堆積したもの)で、この2つの層の間に、火砕流に由来する粉塵が堆積しているとのこと。

上田城の尼ヶ淵の崖の地層1

上田城の尼ヶ淵の崖の地層2

火砕流に由来する粉塵は、軟らかくてもろいため、大水のたびに崖が削られてしまい、崖が崩れて櫓に被害が及ぶ心配があったため、上田藩主・松平忠愛(ただざね)は享保18年(1733年)から石垣を築いて、崖を侵食から守ったとのこと。

それがこれね。

上田城の尼ヶ淵の崖5

上田城の尼ヶ淵の崖6

上田城の尼ヶ淵の崖7

上田城の尼ヶ淵の崖8

上田城の尼ヶ淵の崖9

これは浦添グスクのハクソーリッジ並に凄い崖だわ。

最初に見た、二の丸橋下の堀に戻ってきた。

上田城の二の丸橋下の堀1

上田城の二の丸橋下の堀2

昭和3年には上田温電北東線という電車が通っていたらしい。

上田城の二の丸橋下の堀3

時刻は16時。

二の丸橋前にあるお土産屋で、真田グッズを色々購入。

『サマーウォーズ』って上田が舞台という設定だったんだね。

上田が舞台のサマーウォーズ

店の人にタクシーを呼んでもらい、16:30頃、ホテルに戻る。

相鉄フレッサイン長野上田駅前にチェックイン

相鉄フレッサイン長野上田駅前にチェックイン。

相鉄フレッサイン長野上田駅前のシングルルーム1

相鉄フレッサイン長野上田駅前のシングルルーム2

相鉄フレッサイン長野上田駅前のシングルルーム3

相鉄フレッサイン長野上田駅前のシングルルーム4

ホテルからの眺め。

相鉄フレッサイン長野上田駅前から上田駅

歩き回って疲れたな。

食べログで今日の晩飯場所を探して、19時から予約。

それまでは休憩。

「Fika」で晩飯

夜の六文銭。

夜の上田城の六文銭

タクシーで「Fika」へ。

Fika (フィーカ) – 上田/ビストロ [食べログ]

上田の「Fika」の外観

私が最初の客だった。

カウンターの一番手前の席へ。

ここは自然はワインの店だそうで、まずは微発泡のオレンジワインをいただく。

上田の「Fika」の微発泡のオレンジワイン

うーん、旨い。

建物は築80年の元自転車屋をリノベーションしたものだそうで、置いてあるアイテムもレトロ。

上田の「Fika」の音響設備

薪ストーブ。

上田の「Fika」の薪ストーブ

上田の「Fika」のガラス戸

元はバイクの修理工場だったらしい

前菜の盛り合わせをお願いした。

上田の「Fika」の前菜の盛り合わせ

野菜にパテにソーセージにチーズに近くのぶどうのレーズン、サバとポテト

旨い。

微発泡ワインをもういっぱい飲んでから、もっと濃いオレンジワインを。

上田の「Fika」のオレンジワイン1

牡蠣のオイル煮も追加。

上田の「Fika」の前菜の牡蠣のオイル煮

Google Mapsのレビューに対するお礼が来た

更にオレンジワイン。オレンジワイン大好き。

上田の「Fika」のオレンジワイン2

上田出身のオーナーシェフと京都出身のソムリエ。

ソムリエとは、亀山市に建設中の京都サンガのスタジアムの話などをした。

この後頼んだ赤ワインと穴子の赤ワイン煮は、ちゃんと撮ったつもりなのにピンぼけだった・・・笑

あとから、常連さん、一見さんが見えた。

薪ストーブが本気出してきた。

上田の「Fika」の薪ストーブ2

トイレは2階。

2階はテーブル席で凄く広かった。

2時間位ゆっくり食事できた。

いい食事だった。

タクシーを呼んでもらう。

最後に、店舗に併設のワインセラーを見せてもらった。

上田の「Fika」のワインセラー

東京からわざわざ買いに来る人もいるらしいよ。

上田の夜の繁華街

さて、このままホテルに帰るか迷った末に、繁華街に近いところで降ろしてもらった。

しばらくあたりを散策。

上田のストリップ劇場の名残

『サマーウォーズ』デザインの自販機があった。

上田の『サマーウォーズ』デザインの自販機

「クラブプラチナ」というキャバクラに入店。

意外に広くて、作りもちゃんとしているお店だ。

面白いことに、地元の若い子は、松本城に対して上田城に凄く引け目を感じているらしい。

二度も徳川勢力をやっつけた上田城の防御力は誇っていいよという話をした(笑)

一人、群馬出身、しかも、父親の実家がある藤岡出身の人がいて驚いてしまった。

そろそろ帰ろうかなーと思っていたときに、きりっと可愛い女の子が来たので指名。

気に入った旅先があるとそのまま定住してしまう旅ガールだった。

というわけで、旅の話をしていた。

24時半くらいにお開き。

歩いてホテルに戻り、26時くらいに寝た。

相鉄フレッサイン長野上田駅前をチェックアウト

10時にフロントからのコールで起こされる。

2時間の延長を申し出て、二度寝。

11時半頃起きる。

今日はいい天気だ。

快晴の上田市内

12時にチェックアウト。延長料金は2,000円。

スーツケースはホテルに預かっていてもらう。

バリューブックスのブックカフェへ

歩いてバリューブックスさんのブックカフェに向かう。

駅前通りからの断崖。

上田駅前の断崖絶壁

この崖に沿って千曲川の支流が流れていたんだろうね。

上田駅前の断崖絶壁の坂道

上の坂道を登って、5分ほど歩くと旧北国街道に出る。

そこにブックカフェ「NABO」があった。

上田のブックカフェ「NABO」の外観1

上田のブックカフェ「NABO」の外観2

9月で営業は一旦終了していた。

来年1月を目安に今と同じ場所にリニューアルオープンの予定らしい。

すぐ隣のアウトレット古本屋「VALUEBOOKS Lab.」は営業中。営業日は金土日のようだ。

上田のVALUEBOOKS Lab.

ちゃんと値の付く本を売るならバリューブックスの古本買取がおすすめ。

旧北国街道の柳町

北国街道沿いに歩いていく。

大通りに出ると、呉市の灰ヶ峰のような景観が。

呉に似ている景観

この通りには、蔵を模した作りの平林堂書店、真田太平記館が並んでいた。

上田市の平林堂書店

上田市の真田太平記館

本物の蔵も。

上田市の本物の蔵

柳町に到着。

上田市の北国街道の柳町1

上田市の北国街道の柳町2

柳町の見どころが解説されていた。

上田市の柳町の見どころ1

上田市の柳町の見どころ2

これが「親付き切り子格子」か。

上田市の柳町の親付き切り子格子

寛文5年(1665年)創業という岡崎酒造。東京農大の醸造科学科出身の女性杜氏さんの店だそうだ。

上田市の柳町の岡崎酒造

黄色い家の屋根が少し上がった部分が「うだつ」。

上田市の柳町のうだつ1

こちらの武田味噌さんにも「うだつ」。

上田市の柳町のうだつ2

保命水だそう。

上田市の柳町の保命水1

上田市の柳町の保命水2

見どころで紹介されていた蛭沢川に面した土蔵、なまこ壁はこれか。確かに鴨もいた。

上田市の蛭沢川と土蔵

上田市の蛭沢川となまこ壁

これは武田味噌の工場みたい。

上田市の味噌工場

トイレ行きたかったので、セブンイレブンに寄る。

上田市のセブンイレブン

セブンイレブンの中にフリーペーパー「上田スポーツプレス」というのが置いてあって、しなの鉄道は前線復旧したらしいが、上田電鉄別所線はいまだ全線開通していないと知ることができた。

上田スポーツプレス1

上田スポーツプレス2

柳町に戻って、13:30頃に「おお西」という蕎麦屋に。

上田のそば屋「おお西」1

上田のそば屋「おお西」2

発芽そばと更科の「御前二色」というものを食べた。

上田のそば屋「おお西」3

タクシーを呼んで、ホテルに戻る。

この後は金沢に移動する。

旅行記の続きは以下をご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは旅行記、搭乗記、ポイント・マイルの獲得方法を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。