旅行記

東京から呉日帰り旅行記 (3) 両城の200階段を登った後、「アレイからすこじま」から潜水艦・駆逐艦を見る

東京から呉日帰り旅行記の「(3) 両城の200階段を登った後、「アレイからすこじま」から潜水艦・駆逐艦を見る」です。

前後の旅行記もあわせてご覧ください。

両城の200階段を登る

フレンドリーな運転手と話しながら、両城の200階段へ向かう。

両城の200階段の上には両城中学校があり、運転手はそこの中学に通っていたのだとか。

ここで降ろしてもらった。「これが両城の200階段?」と聞くと、そうだと。

両城の200階段ではない階段

右下にあるのは呉空襲を体験した防空壕とのこと。今は資材置き場になっていた。

両城の防空壕

「よーし頑張るぞー」と登っていったら、民家にぶつかった(笑) 運転手さんちょっと(笑)

本当の両城の200階段は写真のもう少し右側にあった。

両城の200階段の入口

両城の200階段の案内板

脇の案内板によると、映画『海猿』で潜水士たちの訓練シーンに使われたとのこと。愛媛県松山市の伊佐爾波(いさにわ)神社の石段を思い出した。映画『がんばっていきまっしょい』でボート部員たちの訓練シーンに使われた階段だ。

案内板には、「当時、呉市の平坦部は、軍の土地使用になっていたため、新しく来られた海軍関係者や職工さんをはじめとする住民の居住場所は、急傾斜地区が中心となりました」と書いてあった。なるほど。

さて、気を取り直して再チャレンジ。

凄い急階段。

両城の200階段1

両城の200階段2

まだ50段くらいしか登ってないと思うが、既にして充分良い眺めだ。

両城の200階段からの眺め1

下に見える青い芝生は両城小学校の校庭のようだ。

両城の200階段からの眺め2

上に誰かいるぞ。

両城の200階段3

また少し登って振り返ったところ。ふらつくと危ないぞ。

両城の200階段からの眺め3

小学生たちが社会科実習をしていた。「上にまだ何かある?」と聞いたら、「海が見える。墓だけど」とのこと(笑)

両城の200階段からの眺め4

一番上まで登ったぞ。山の頂上の白い部分は灰ヶ峰気象レーダー観測所のようだ。

両城の200階段の頂上からの眺め

小学生が言っていた墓からの眺め。呉港が望めてジーンと来た。

両城の200階段から呉港

この急坂を降りるのは膝に負担をかけそう。

タクシー運転手が、階段の上の両城中学校にもタクシーで行けると言っていたので、両城中学校まで配車手配した。

10分以上待った。寒かった。

両城中学校

「アレイからすこじま」から潜水艦・駆逐艦を見る

タクシーに乗り込むやいなや、運転手が腹の底からしぼり出すような声で「はぁ~、大変だった」と。

狭い急坂を苦労して登ってきてくれたらしい。私が思ってた以上に大変だったみたいだ。申し訳ない。

現在の時刻は15:45。「アレイからすこじま」までの所要時間を聞く。10分位とのことなので向かってもらった。「帰りはタクシーは捕まえづらいですよね」と言ったら、「メーター止めて待ってますよ」とのこと。ありがたい。

両城小学校がある通りから、先ほど登った両城200階段が見えたので、写真撮影のため降ろしてもらった。「せっかく来たんですから、是非撮ってきてください」とのこと。

両城小学校越しに両城200階段を撮影。しかし、凄い崖だな。

両城小学校から両城200階段1

両城小学校から両城200階段2

タクシーに戻ると、「自衛隊の方ですか?」と聞かれた(笑) 「いや、違います。旅行で来ました」と。

「一人で?彼女連れてくればよかったのに」と。「いやぁ、妻は仕事で子どもたちは学校なんで一人で」と言ったら、「結婚してたんだ・・・」と小声で言われた(笑)

「何泊されるんですか?」と聞かれたから、「いや、日帰りで」と応えたら、「ぷぷぷぷぷ」と笑っていた(笑)

大変な思いさせて崖の上まで来てもらったから不機嫌なのかなぁと思っていたが、そんなこともなく、人懐っこいおっちゃんであった。そのうち、今年の春から東京で一人暮らししている娘のことを語りだした(笑)

「アレイからすこじま」に行く途中、IHI系列のジャパン・マリンユナイテッド(JMU)の造船所、戦艦大和を建造したドックがあった。

「アレイからすこじま」に近くになると、海上自衛隊の駆逐艦、潜水艦が見えて興奮。

到着。「潜水艦桟橋」ってなんか凄い。

海上自衛隊呉基地の潜水艦桟橋

潜水艦に護衛艦。潜水艦を見るのは初めてだ。潜水艦から吹き出る水蒸気が物々しい。

海上自衛隊呉基地の潜水艦・護衛艦1

艦番号から、手前が小型護衛艦「あぶくま」(DE-229)、奥が護衛艦「うみぎり」(DD-158)と分かる。

海上自衛隊呉基地の潜水艦・護衛艦2

海上自衛隊呉基地の潜水艦・護衛艦3

なお、今ここにいる。

海上自衛隊呉基地の位置情報

最寄りのバス停は「潜水隊前」。

潜水隊前のバス停

遊歩道を移動しながら、色々撮影した。

海上自衛隊呉基地の潜水艦

音響測定艦「ひびき」(AOS-5201)。

海上自衛隊呉基地の音響測定艦

15分位滞在した。

タクシーに戻って、先程見てきた戦艦大和建造ドックが見られるところに行ってもらう。

続きは以下をご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記などを紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。