マリオット ボンヴォイ(Marriott Bonvoy)

SPGアメックスの国内旅行傷害保険は貧弱。国内旅行保険が手厚いカードとの2枚持ちがおすすめ!

こんにちは。

SPGアメックス歴5年目のjun(@odakyu_de_go)と申します。

SPGアメックスカードの国内旅行傷害保険は「貧弱」なので、国内旅行時に適用される保険を手厚くしたいのなら、他のクレジットカードとの併用がおすすめです。

以下では、

  • SPGアメックスカードの国内旅行傷害保険が「貧弱」な理由
  • 国内旅行傷害保険が手厚いカード

の順に紹介していきます。

2021年5月7日から6月30日までは、SPGアメックスの入会ボーナスポイントが過去最大にアップしています。

公式サイトから入会すると、最大69,000ポイント獲得可能。

「紹介プログラム専用URL」から入会すると、最大75,000ポイント獲得可能。

SPGアメックスの過去最大のボーナスポイント

お得なSPGアメックスの「紹介プログラム専用URL」の案内を希望される方は、以下からお気軽にお問い合わせください。






    SPGアメックスカードの国内旅行傷害保険が「貧弱」な理由

    SPGアメックスカードの国内旅行傷害保険が「貧弱」な理由を紹介します。

    3つあります。

    国内旅行傷害保険が「利用付帯」であること

    SPGアメックスカードの国内旅行傷害保険は「利用付帯」です。

    本会員・家族会員が、

    • 国内を旅行中における、「カードでチケットなどを購入した」公共交通乗用具(航空機・電車・船舶)に搭乗中の事故によって傷害を受けた場合
    • 予約の上、「カードで宿泊料金を支払いになる旨を伝えた」宿泊施設での宿泊中の火災・爆発による事故によって傷害を受けた場合
    • 「カードで購入した」宿泊を伴う募集型企画旅行(いわゆるパッケージツアー)に参加中の事故によって傷害を受けた場合

    のみ補償対象となります。

    逆に言えば、「カードでチケットなどを購入」していない公共交通乗用具(航空機・電車・船舶)に搭乗中の事故によって傷害を受けた場合には、補償は一切ありません。

    補償項目が少ない

    仮に「国内旅行代金」をSPGアメックスカードで決済した場合であっても、補償内容は以下のとおりです。

    基本カード会員
    家族カード会員
    会員の家族
    傷害死亡保険金 5,000万円 1,000万円
    傷害後遺障害保険金 最高5,000万円 最高1,000万円

    補償項目が「傷害死亡保険金」と「傷害後遺障害保険金」のみです。

    「傷害入院」「手術」「傷害通院」は補償項目に入っていません。

    なお、「家族」とは、「カード会員の配偶者、家族カード会員と生計を共にする子ども・両親などの親族(6親等以内の血族、3親等以内の姻族)」を指します。

    国内航空便遅延費用補償が付帯しない

    SPGアメックスカードの国内旅行保険には、航空便遅延費用補償が付帯しません。

    航空便遅延費用補償は、飛行機の遅延や欠航、手荷物の配達遅延・紛失などで負担した一定の費用を補償してくれる保険です。

    参考:航空便遅延費用保険(海外・国内)が付帯するクレジットカード一覧

    SPGアメックスカードの年会費は34,100円(税込)です。

    SPGアメックスカードより年会費が安い、

    • dカード GOLD(11,000円)
    • JCBゴールド(11,000円)
    • ANA JCB ワイドゴールドカード(15,400円)

    などには国内航空便遅延費用補償が付帯しますが、SPGアメックスカードには付いていません。

    【SPGアメックスとの2枚持ちがおすすめ】国内旅行傷害保険が自動付帯するクレジットカードを紹介

    国内旅行傷害保険が自動付帯するクレジットカードを紹介します。

    同保険が貧弱なSPGアメックスカードとの2枚持ちがおすすめです。

    dカード GOLD

    NTT docomoのスマートフォンを契約している人には、dカード GOLDがおすすめです。

    dカード GOLD券面デザイン

    私もdカード GOLDを持っています。

    参考:【3万円以上お得】docomoユーザーはポイントサイトで「dカード GOLD」を発行しよう

    年会費は11,000円(税込)。家族カードの年会費は1枚目無料。2枚目以降も1,100円(税込)と安いです。

    本会員と家族会員に、以下の国内旅行傷害保険が自動付帯します。

    担保項目 保険金
    傷害死亡 5,000万円
    傷害後遺障害 200-5,000万円
    入院保険金(日額) 5,000円
    通院保険金(日額) 3,000円
    手術給付金 入院保険金日額の5倍または10倍

    国内航空便遅延費用保険が付帯(利用付帯)する点もプラスです。

    参考:航空便遅延費用保険(海外・国内)が付帯するクレジットカード一覧

    楽天プレミアムカード

    楽天プレミアムカードの国内旅行傷害保険も自動付帯です。

    楽天プレミアムカード券面デザイン

    楽天プレミアムカードの年会費は、dカード GOLDと同じ11,000円(税込)。家族カードの年会費は550円(税込)です。

    本会員と家族カード会員に以下の補償が適用されます。

    担保項目 保険金
    傷害死亡 5,000万円
    傷害後遺障害 200-5,000万円
    入院保険金(日額) 5,000円
    通院保険金(日額) 3,000円
    手術保険金 入院保険金日額の5倍または10倍

    楽天プレミアムカードの年会費相当分の楽天ポイントが貰える入会キャンペーンを実施中です。

    楽天プレミアムカードの入会バナー

    楽天プレミアムカードの本会員は、プライオリティ・パスの「プレステージ会員」メンバーシップに無料で登録できます。

    プライオリティ・パス目的の人には、楽天プレミアムカードがおすすめです。

    JAL CLUB-Aゴールドカード VISAカード

    わたしはJALグローバルクラブ(JGC)の会員で、JAL CLUB-Aゴールドカード VISAカードを保有しています。

    JAL CLUB-Aゴールドカード VISAカード券面デザイン

    参考:【JGC 6年目】の私が感じるJALグローバルクラブのメリットBEST18

    年会費は17,600円(税込)で、家族カード会員の年会費は8,800円(税込)です。

    dカード GOLD、楽天プレミアムカードに比べると、年会費は高いですが、その分、入院(日額)が10,000円と高めに設定されています。

    手術保険金は、入院(日額)の「10倍・20倍または40倍」とさらに高めに設定されています。

    担保項目 保険金
    傷害死亡 5,000万円
    傷害後遺障害 150-5,000万円
    傷害入院(日額) 10,000円
    傷害通院(日額) 3,000円
    手術保険金 入院保険金日額の10倍・20または40倍

    JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード

    新幹線利用が多い、JALマイラーには、JALカードSuica CLUB-Aゴールドカードがおすすめです。

    JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード券面デザイン

    参考:JALカードSuica CLUB-Aゴールドカードは「新幹線利用が多いJALマイラー」のメインカードとしておすすめ

    東海道・山陽新幹線の利用でもJALマイルを貯められ、グリーン車利用時には東京駅の「ビューゴールドラウンジ」も使えます。

    参考:東京駅の「ビューゴールドラウンジ」の利用条件とラウンジ訪問レポート

    「ビュー・エクスプレス特約」対象カードである点も大きいです。

    参考:ビュー・エクスプレス特約で東海道・山陽新幹線に乗る方法とそのメリット

    年会費は20,900円(税込)で、家族カード会員の年会費は8,800円(税込)です。

    JAL CLUB-Aゴールドカード VISAカードの年会費に比べると、少し高いですが、ビューゴールドプラスカードの機能も併せ持っていると考えれば納得でしょう。

    JALカードSuica CLUB-Aゴールドカードの本会員と家族カード会員には、以下の国内旅行傷害保険が適用されます。

    担保項目 保険金
    傷害死亡 5,000万円
    傷害後遺障害 200-5,000万円
    傷害入院(日額) 10,000円
    傷害通院(日額) 2,000円
    手術保険金 入院中の手術:10万円
    入院中以外の手術:5万円

    JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード入会

    わたくしの国内旅行傷害保険

    私の主なカード構成は以下です。

    アメックスプラチナの国内旅行傷害保険も残念ながら「利用付帯」です。

    参考:アメックスプラチナの国内旅行傷害保険は残念。利用付帯で航空便遅延費用がなし!

    そのため、国内旅行代金はなるべくアメックスプラチナで決済するようにしています。

    国内旅行傷害保険が「自動付帯」のJAL CLUB-Aゴールドカード VISAカード、dカード GOLDを持っていることは、一応の安心材料になっています。

    まとめ

    SPGアメックスカードの国内旅行傷害保険は「貧弱」。

    国内旅行時の安心を担保したいのなら、国内旅行傷害保険が「自動付帯」するカードとの2枚持ちがおすすめ。

    という内容をお伝えしてきました。

    SPGアメックスカードのメリットをまとめた以下の記事もぜひご覧ください。

    ABOUT ME
    jun
    jun
    陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記などを紹介しています。

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。