BAマイル(Avios)

CXファーストクラスで行く香港3泊4日旅行記 (2) 坪洲の手指山ハイキング

坪洲の手指山からの香港島・九竜半島

CXファーストクラスで行く香港3泊4日旅行記の「(2) 坪洲の手指山ハイキング」編です。

前回までの流れは、

CX549便のファーストクラスに搭乗して、香港国際空港に到着。空港でe-道に登録。JWマリオットホテル香港にチェックイン後、セントラルでロブスターヌードル食べて、ランカイフォンで飲んで、1日目終了。

です。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

CXファーストクラスで行く香港3泊4日旅行記 (1) CX549便ファーストクラス搭乗記

JWマリオットホテル香港のラウンジの朝食

9時過ぎに起床。

窓を開けると快晴。

ホテルの目の前がコンラッドだった。

JWマリオットホテル香港からコンラッド香港

このコンラッドの裏側にピークタワーがあるようだ。

すぐに33階のラウンジへ。

JWマリオットホテル香港の朝食1

JWマリオットホテル香港の朝食2

JWマリオットホテル香港の朝食3

JWマリオットホテル香港の朝食4

JWマリオットホテル香港の朝食5

JWマリオットホテル香港の朝食6

JWマリオットホテル香港の朝食7

昨晩飲みすぎたので、水分とフルーツ多めで。

JWマリオットホテル香港の朝食8

JWマリオットホテル香港の朝食9

美味しかった。

そんなに混んでなくて良かった。

少し写り込んじゃっているが、ラウンジはハーバービューでよかった。

JWマリオットホテル香港の朝食10

コーヒーも気軽に持ち帰れる。

JWマリオットホテル香港の持ち帰りコーヒー

坪洲(Peng Chau)行きのフェリーに乗る

天気がいいので、『FIGARO』香港特集号で紹介されていた坪洲(Peng Chau)という離島に行くことにする。

11時過ぎにホテルを出て、タクシーでフェリー乗り場へ。

香港のタクシー乗車

坪洲(Peng Chau)行きの乗り場は6番。ちょうど数分前に行ってしまったところだった。40分くらい待たねばならない。

坪洲行きのフェリー乗り場の改札1

しばらく辺りをうろちょろ。

切符売り場で乗船券を買おうとしたが、「Octopus Cardはないのか?」と聞かれた。ないというと、お金を両替(100香港ドルを70ドル分の紙幣と30ドル分のコイン)してくれた。

坪洲行きの乗船券売り場

29.6ドル分のコインを改札に入金したらゲートが開く仕組み。

坪洲行きのフェリー乗り場の改札2

あぁ、オクトパスカード入手しておけばよかった!

12時過ぎに乗船。

坪洲行きのフェリーに乗船

窓が汚くて写真映えしない。

窓が汚くて映えない写真

と思ったが、しばらくして、後ろのデッキに出られることを知った。

結構揺れるので怖かったが、ここから先程発った香港島を撮影。

坪洲行きのフェリーから香港島

なお、デッキ外はこんなところ。厚いが風を存分に浴びれて気持ちいい!

坪洲行きのフェリーの後方デッキ

ここで器用にパソコン操ってる女性がいてワラタ。

12:40頃、坪洲(Peng Chau)に到着。

坪洲(Peng Chau)の手指山(Finger Hill)ハイキング

坪洲(Peng Chau)到着後、まずは帰りの船の時間を確認。

坪洲からセントラルへのフェリーの時刻表

フェリー乗り場の前には「Wellcome」という名のスーパーがある。ここで烏龍茶調達。カラーリングに「プラナカン文化」を感じるね。

坪洲のWellcome

さて、Google Mapsと標識を頼りに、手指山(Finger Hill)登山開始。

屋根のあるローカルな商店街を抜けていく。

坪洲の商店街1

坪洲の商店街2

昼時だったので、5-6軒は飯屋がオープンしていた。

坪洲の飯屋1

坪洲の飯屋2

坪洲の飯屋3

Google Mapsと標識の指示だとこんな細い道を通っていくことに。

坪洲の手指山ハイキング1

野菜畑の脇を通る。

坪洲の手指山ハイキング2

森林浴である。

坪洲の手指山ハイキング3

歩き始めてから15分位のところに、休憩所があった。

坪洲の手指山ハイキングの休憩所1

この時点で汗ダクダクである。

でも、ここからでも十分綺麗な海が望めたから、頂上まで行けばさらにいい景色が見られるのだろうと期待が高まった。

坪洲の手指山ハイキングの休憩所2

でも、ここからが大変だった。

355段の階段である。

坪洲の手指山ハイキング4

しかも、急傾斜。

坪洲の手指山ハイキング5

顔を上下に振るたびに汗がポタポタ落ちるくらいの発汗量。

13:25にようやく頂上へ到達。

坪洲の手指山の頂上の東屋

ここからの眺め。左が香港島(の南部)。右は南Y島。

坪洲の手指山の頂上の東屋からの眺め1

こちらは左に九竜半島、右に香港島。

坪洲の手指山の頂上の東屋からの眺め2

こちらは空港とかディズニーランドのあるランタオ島方面。

坪洲の手指山の頂上の東屋からの眺め3

しかし、ハンカチで拭っても拭っても汗が止まらない。ハンカチもシメシメになってしまった。

そして、スーパーで買った500mlの烏龍茶も空に。

白人女性が一人で読書しながら東屋で休んでいた。そして、会釈して先に去っていった。

その後、中国人カップルが来たのだが、俺がiPhoneに目をやっていたら、チュッチュしてたぞ(笑)

東屋で40分くらい休憩。

行きとは別のルートで下山開始する。

坪洲の手指山を下山開始1

銀洲仔亭という東屋があって、ここからの眺めも最高だった。

坪洲の銀洲仔亭1

坪洲の銀洲仔亭2

ここでまたその白人女性に会った。

「Long time no see」と挨拶したら、笑っていた。ドイツから来てるんだとか。うちの弟ドイツに住んでるよとか話した。

さて、15:15の船に間に合うように戻ろう。

もう一箇所岩肌の見えるところにも寄った。

坪洲の手指山を下山開始2

しかし、この頃になると、水分補給できるものもないし、トイレにも行きたくなってきたので困った。

また汗を滴らせながら来た道を戻る。

途中汗かきすぎで、熱中症で倒れたらどうしようかと思ったよ。

iPhoneの充電もモバイルバッテリー頼みになってたし。

集落に戻ってきて、一安心。

坪洲の手指山ハイキング4

私が確認できた限りでは、トイレは、登山開始前にあるここだけだった。

坪洲の手指山のトイレ

以下は強調しておきたい。

POINT

手指山は一度登り始めると、水分補給できる場所もトイレもない。要注意。

この浅瀬と、お寺もちら見。

坪洲の手指山の浅瀬

坪洲の手指山のお寺

生活臭の高い集落を抜けてフェリー乗り場へ戻る。

坪洲の集落1

坪洲の集落2

フェリーで香港島へ戻る

フェリー乗り場前のスーパー「Wellcome」でアイスを買って水分補給。

坪洲のアイスクリーム

もう船の時間なので、また100ドル紙幣を両替してもらって、改札。

改札内の自販機でジュースを買おうと思ったら、コインの投入口は塞がれており、Octopus Cardじゃないと買えなかった。辛い。

坪洲の自販機

帰りの船はデッキに出られない船だった。

でも、窓は開けられたので、香港島が近くなったら窓が開けられる席に移動して、撮影。

フェリーから香港島

すごい綺麗に撮れたよ。

フェリーから香港島の高層ビル1

フェリーから香港島の高層ビル2

フェリーから香港島の高層ビル3

フェリーから香港島の高層ビル4

そして、この天気なら、100万ドルの夜景も見られるかもねと思った。

前回ピークトラムに乗った時は、ガスっててほぼ何も見えなかったんだよねw

下船後はUberを利用して、ホテルへ。トヨタのプリウスだったよ。

フェリーから香港島の高層ビル4

16時過ぎにホテルに戻る。

ディム・サム・ライブラリー(Dim Sum Library)で昼飯

手指山(Finger Hill)ハイキングで昼飯すっ飛ばしちゃった。

Pacific Place内にあるディム・サム・ライブラリー(Dim Sum Library)に行くことに。ここも『FIGARO』の香港特集号に載っていた店だ。

出かける前に一応、One Tableから予約した。

JWマリオットホテル香港のエレベーターでLG1フロアを降りると、もうすぐにPacific Placeのフロアに繋がる。便利。

ディム・サム・ライブラリー(Dim Sum Library)は、一つ上のL1フロアにあった。

まだ混んでおらず、余裕で入れた。One Tableで予約する必要なかったね。

香港のDim Sum Libraryの入口

香港のDim Sum Libraryの内観1

香港のDim Sum Libraryの内観2

今の時間はカフェタイム。

メニューをじっくり見る。

香港のDim Sum Libraryのメニュー

量がわからないので、まず一品だけ。

『FIGARO』もおすすめされていた黒トリュフの入ったえび餃子。

もちもちで透きとおる皮の中に、エビ、トリュフ、コショウに、少々のパクチー。これは旨いなー。

香港のDim Sum Libraryのえび餃子

3ピース入ってるけど、小さいのでこれ一つでお腹いっぱいになることはない。

次は小籠包。

掴むとじゅわっと肉汁が溢れ出す。これも旨かった。

香港のDim Sum Libraryの小籠包

17時を過ぎると、メニューがディナーメニューに変わった。アラカルトも追加になる。

最後に、松茸の蒸し餃子を。

香港のDim Sum Libraryの松茸の蒸し餃子

滞在時間は1時間くらい。

Pacific Place、おしゃれーなショッピングモールだよ。

香港のPacific Place1

香港のPacific Place2

18時頃に部屋に戻る。

この後、シンフォニーオブライツを見に、カオルーンへ行こうかなと思っていたが、どっと疲れが出てきてその気が起きなくなってしまった。

しばらく部屋で記事などを書いていた。

JWマリオットホテル香港のラウンジのカクテルタイム

20時にラウンジのカクテルタイムへ。

JWマリオットホテル香港のラウンジのカクテルタイム1

JWマリオットホテル香港のラウンジのカクテルタイム2

JWマリオットホテル香港のラウンジのカクテルタイム3

JWマリオットホテル香港のラウンジのカクテルタイム4

JWマリオットホテル香港のラウンジのカクテルタイム5

少しだけ皿に取って、席に戻ろうとしたら、「もうカクテルタイム終わるから、もっと一杯取って」と言われた。

こんな感じで頂いた。

JWマリオットホテル香港のラウンジのカクテルタイム6

しかし、ラウンジ冷房効きすぎで寒い。

香港で初フーターズ

やっぱり、外の熱気を感じながら飲みたいなーということで、21時過ぎにまたランカイフォンへ行くことに。

昨晩、帰りのタクシー車内からフーターズを見かけた。行ったことないが、「初フーターズが香港って面白いじゃん」ということでフーターズを目指す。Uberを利用。BYDのe6という初めて乗る車だった。

21時半過ぎに入店。

香港のフーターズの外観

香港のフーターズの内観1

香港のフーターズの内観2

浅黒いお姉さん?おばさんが?接客してくれる。

とりあえず一番安いビールを注文。

香港のフーターズのビール

おばさん、30-35くらいかなと思ったが、近くで見たら、40-45くらいに見えた。

同僚とフィリピンっぽい言葉で話していた。聞いたら、やはりフィリッピン出身でもう香港歴15年とか言ってた。

結構皆さん、ふくよかでいらっしゃって、日本のフーターズとは違うのかなぁ、、、と。

ビール一杯、20分位だけ滞在して、さっさと会計した。料金は965円。カード払い可能。

フーターズがある辺りは、ランカイフォンの中心地より、おしゃれで落ち着いたバーが多いね。

ランカイフォンの「Cali-Mex」でビール

その後、ランカイフォンをぷらぷら。

昨晩、満員御礼だったバーは今日はガラガラ。昨日は日曜日だったからか。

香港のランカイフォンのガラガラのバー

中心地は今日も大盛り上がり。

香港のランカイフォンの盛り上がり

結局、昨晩と同じ「Cali-Mex」というバーで、同じブルックリンラガーを。

香港のCali-Mex

香港のCali-Mexでブルックリンラガー

今日はチップスをつまみに。

香港のCali-Mexのチップス

3杯目。前の店のBGMがサザンの「真夏の奇跡」だった。

結局、2時間以上、24時過ぎまでこの店にいた。

料金はビール3杯とつまみ1品で3,993円だった。カード払い。

外国なのに、こんな時間まで、ある程度安心して飲めるっていうのが素晴らしいよね。

近くのセブンイレブンでカップ麺を買う。日本のカップ麺大人気。

香港のコンビニのカップ麺

タクシースタンドでタクシーを拾ってホテルへ。

ランカイフォンのタクシースタンド

ホテルに戻ってから少し飲んで、26時過ぎに寝た。

続きは以下の記事をご覧ください。

CXファーストクラスで行く香港3泊4日旅行記 (3) 鰂魚涌のモンスターマンション撮影

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。