旅行記

花巻・札幌2泊3日旅行記 (2) 「未来都市銀河地球鉄道」壁画を見てから、「バダローネ」で晩飯

花巻・札幌2泊3日旅行記の「(2) 「未来都市銀河地球鉄道」壁画を見てから、「バダローネ」で晩飯」です。

前後の旅行記もあわせてご覧ください。

ホテル花城にチェックイン

17時過ぎにホテルに到着。

狭いね。

花巻のホテル花城のシングルルーム1

花巻のホテル花城のシングルルーム2

花巻のホテル花城のシングルルーム3

花巻のホテル花城のシングルルーム4

さすがに狭すぎないかね(笑)

花巻のホテル花城のシングルルーム5

食べログ情報で気になっていた「バダローネ」に電話をして、19時から予約。

夜の「未来都市銀河地球鉄道」壁画

時間になったので、タクシーで店に向かう。

その前に、昼間見た「未来都市銀河地球鉄道」壁画に寄ってもらう。

凄い幻想的できれい!

花巻の未来都市銀河地球鉄道壁画(夜)1

花巻の未来都市銀河地球鉄道壁画(夜)2

花巻の未来都市銀河地球鉄道壁画(夜)3

花巻の未来都市銀河地球鉄道壁画(夜)4

これは一見の価値あり。

車が通ると、ヘッドライトで漆黒の宇宙が明るく照らされてしまうので、写真撮るなら、車が通ってないときがおすすめ。

「バダローネ」で晩飯

19時に「バダローネ」に到着。

バダローネ (Badalone) – 花巻/イタリアン [食べログ]

花巻のバダローネの外観

客は私一人だけだった。

カウンターとテーブル席があったが、マスターと色々話できそうなのでカウンターに。

メニューは色々あったが、ちょっとずつ色々食べられそうな「おまかせ」に。4,000円。

お酒のメニューも、シードル、白ワイン、赤ワイン、ロゼワイン、オレンジワイン、日本酒、どぶろくと色々あったが、同様にちょっとずつ色々飲めそうな「アルコールペアリング」に。4,000円。

楽しみ。

でも、ビールも飲みたかったので、「アルコールペアリング」とは別に生ビールを注文。

そうしたら、遠野産とれたてホップの生が頂けた。初めてだ!

花巻のバダローネの遠野産とれたてホップの生ビール

最初のお酒は「酔右衛門」火入れの燗酒と仕込み水。ぬる燗で胃に染み渡る。

花巻のバダローネの「酔右衛門」の燗酒

採れたてでシャキシャキのカブと原木から切った生ハム。

花巻のバダローネのカブと生ハム

鯵のタルタル。

花巻のバダローネの鯵のタルタル

奥さんも出てこられた。

今日の昼間は宮沢賢治ゆかりの地を観光してきたと伝えたら、地元ではフルネームの堅苦しい言い方ではなく、愛着を込めて「賢治さん」と呼んでいると教えられた。

高橋葡萄園のリースリング・リオンとナハトレーゼ。

花巻のバダローネの高橋葡萄園のリースリング・リオンとナハトレーゼ

ナハトレーゼとはドイツ語で夜間収穫という意味だそうだ。

「バダローネ」のご夫婦も収穫を手伝われたらしい。

パテ・ド・カンパーニュ、ホロホロ鳥の白レバー、ポテサラ、鶏肉入りのサラダ。白レバー旨、ポテサラも甘みたっぷりで美味しい。

花巻のバダローネの高橋葡萄園のリースリング・リオンとナハトレーゼ

もんのすけ農園のシードル。

花巻のバダローネのもんのすけ農園のシードル

高橋葡萄園のホイリガーという新酒。

花巻のバダローネの高橋葡萄園のホイリガー

白子のグラタン。サービスで牡蠣も入れてくれた。美味。

花巻のバダローネの白子のグラタン

最初に飲んだ「酔右衛門」火入れと「酔右衛門」直汲みの飲み比べ。

花巻のバダローネの「酔右衛門」の直汲み

カワハギのムニエル 肝ソース。

花巻のバダローネのカワハギのムニエル 肝ソース

百磐 純米酒、龍泉 八重桜、岩手誉 特別純米酒。岩手の若手の杜氏のお酒らしい。

花巻のバダローネのカワハギのムニエル 肝ソース

白金豚のロースト。義母の実家が紫波町と言ったので、紫波町の特産品であるラ・フランスも付けてくれた。

花巻のバダローネの白金豚のロースト

甲州ワイン。

花巻のバダローネの甲州ワイン

喜久盛の「死後さばきにあう」と「タクシードライバー」。「しごさば」「タクドラ」と略されるらしい。

花巻のバダローネの死後さばきにあうとタクシードライバー

合鴨と玄米のリゾット。

花巻のバダローネの合鴨と玄米のリゾット

どぶろく。こんなに旨いんだなぁ。

花巻のバダローネのどぶろく

19時に入店して、22時半まで。

3時間半もかけて、ゆっくり食事を楽しめた。

「バダローネ」さんのご夫婦は、地元産の食材をすごい大事にしていて、その食材の生産者との交流も大事にしておられる。

また、私たちは日頃からワインの葡萄、日本酒やどぶろくの米、無農薬野菜等、バダローネで使わせていただいている食材の畑や田んぼの作業を一緒にしたりしています。

出来るだけ生産者さまの取り組みや考えを理解し、その情熱をそのままお客さまにお届けしたいと考えています。
Badalone -バダローネ-

美味しいし、色んなお話を聞けて学べるし、満足度300%だった。

可能であればすぐにでもまた訪問したい店だわ。

22:45頃にホテルに戻る。

部屋で一杯やって、26時前に寝た。

翌日の旅行記は以下をご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。