フードデリバリー

フードデリバリーアプリの『Chompy(チョンピー)』

『Chompy(チョンピー)』は、国内発のフードデリバリーアプリです。

フードデリバリーアプリの『Chompy(チョンピー)』の概要

加盟店舗数

渋谷駅周辺の約150店舗。

利用できるエリア

現在はオープンβ期間中です。

配達対応エリアは、渋谷駅から半径3km圏内となっています。

時間は毎日11:00-21:00です。

先行するUber Eats(ウーバーイーツ)menu(メニュー)も最初は都心部からでしたね。

支払い方法

クレジットカード決済のみです。

セゾンカード、三井住友カード、三井住友カード デビュープラス、イオンカードであれば、数分でクレジットカード情報(カード番号、有効期限、セキュリティコード)を即時発行できますので、すぐに支払い方法として登録が可能です。

Kyash Cardも登録できます。既にクレジットカードをお持ちの方は、Kyash Cardとの組み合わせでポイント還元率1%上乗せを狙ってください。

紹介コード特典

Uber Eats と同様に、紹介コード特典があります。

初回注文時に、カード画面内にあるクーポンコード入力欄に「紹介コード」を入力すると、

  • 750円引きクーポン×2

が貰えます。

※2021年1月15日現在

もし、周囲に紹介コードを案内してくれる人がいなければ、わたくしの招待コードをご利用ください。

プロモーションコード HV28XL
Chompy (チョンピー)

Chompy (チョンピー)
開発元:Syn, Inc.
無料
posted withアプリーチ

フードデリバリーアプリの『Chompy(チョンピー)』の特徴

加盟店はチェーン店ではなく個人店中心

出前館、楽天デリバリーなどの既存の既存の大手フードデリバリーサービスには、チェーン店が多く参加しています。

誰でも知っているようなピザ屋や寿司店などです。

『Chompy(チョンピー)』に参加しているのは、個人店が中心です。

「こだわりを持った飲食店の料理を食べたい」というニーズを狙っているようです。

Chompyの公式Twitterアカウントを見ると、Uber Eats にも未加盟の店が『Chompy(チョンピー)』に加盟しているようです。

例えば、神泉の「うさぎ」。

例えば、「ぺぺロッソ 池ノ上」。

店長の顔写真や料理へのこだわりコメントがある

『Chompy(チョンピー)』は、「人から人へ「おいしい」をお届けする、温もりを感じられる」フードデリバリーサービスを目指しているそうです。

アプリ内には、店長の顔写真とともに商品へのこだわりが一言コメントで表示されています。

これは、menu(メニュー)にもないサービスですね。

「みんなのレビュー」機能がある

お店に対するコメント機能があります。

参加者の実食レビューを確認しつつ、注文することができます。

「オフィスランチ便」が利用できる

Chompyには、「オフィスランチ便」というサービスがあります。

同じ会社のメンバーの注文分を配送料無料でまとめて届けてもらうサービスです。

事前に申し込みが必要ですが、申込完了後は、当日10:59までにアプリから注文するだけでオフィスにランチが届きます。

Chompyのオフィスランチ便の締切時間

ベテラン配達員による丁寧な配達

Chompy(チョンピー)に登録している配達員は、

などで既に経験を積んだ配達員のみです。

まとめ

フードデリバリーアプリの『Chompy(チョンピー)』について紹介してきました。

これからのエリア拡大に期待ですね。

Chompy (チョンピー)

Chompy (チョンピー)
開発元:Syn, Inc.
無料
posted withアプリーチ
プロモーションコード HV28XL

東京都内で使えるおすすめフードデリバリーアプリを紹介した、以下の記事もあわせてご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記などを紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。