GO TOキャンペーン

Go To TravelやGo To Eatなどをフル活用した「アロフト東京銀座」宿泊記

アロフト東京銀座滞在記

Go To TravelやGo To Eatなどお得な仕組みをフル活用した「アロフト東京銀座」宿泊記です。参考にどうぞ。

アロフト東京銀座宿泊当日までの準備

コードを入れてアロフト東京銀座を予約

Twitterで回ってきたお得なプロモーションコード「LPR」。※

※既にこのプロモーションは終了。

アロフト東京銀座公式サイトでこのコードを登録すると、税サ抜き27,000円の「サヴィー キングルーム」が10,000円に。

LPRコード入力時のアロフト東京銀座

Staynaviで「Go To Travelクーポン」を発行

Staynaviの「マイページ」から「Go To Travelクーポン」を発行。

15%分の「地域共通クーポン」は、100の位を四捨五入するので、2,000円分貰えることになる。

アロフト東京銀座のレストラン「The WAREHOUSE」を「Go To Eat」で予約

アロフト東京銀座のレストラン「The WAREHOUSE」は、一休.comレストランとOZmallにて「Go To Eat」の対象になっている。

オンラインから予約をすれば、人数×1,000円分のポイントを貰える。

OZmallでシャンパン付きの5,000円のコースを予約する。

OZmallでThe WAREHOUSEをGo To Eatで予約

なぜ、OZmallを選んだかと言うと、一休.comレストランでは2名からの予約しかできなかったから。

アロフト東京銀座のバウチャーの購入を予約する

いくつかのMarriott Bonvoy加盟ホテルは「バウチャー」を販売している。

参考:Marriott Bonvoyバウチャー販売ページ

Marriott Bonvoyのバウチャー販売ページ

アロフト東京銀座では、館内で使える10,000円分のクーポンを8,000円で販売している。※

※既に販売終了。

当日チェックインの際に購入できるように、電話で注文する。

アロフト東京滞在

チェックイン

東銀座駅から歩いて、14時頃、ホテルに到着。

東銀座駅のA1出口には、以下の案内が出ていた。

東銀座駅のアロフト東京銀座の案内

アロフト東京銀座の外観

天井にギラギラしているデジタル照明。夜は迫力を増しそう。

アロフト東京銀座のフロントの照明

開業祝いの胡蝶蘭がたくさん。

アロフト東京銀座のフロントのテーブル

10,000円分のバウチャーを8,000円で購入。支払いはSPGアメックス。「100円=6ポイント」貯まるので、480ポイント獲得。

Staynaviの「マイページ」に表示されるQRコードを提示して、2,000円分の「地域共通クーポン」を貰う。

アロフト東京銀座のバウチャーと地域共通クーポン

レストラン「The WAREHOUSEの支払い」を部屋付けにして、「地域共通クーポン」を使って支払う予定。

プラチナ以上の会員に提供される「選択制のウェルカムギフト」は、無料の朝食を選んだ。

16時までのレイトチェックアウトが可能という。明日、コンラッド東京に泊まるので、15時までいさせてもらうことに。

参考:コンラッド東京「エグゼクティブベイビュースイートキング」宿泊記

フロント横には、「RE:FUEL」として、スナック、ジュース、アイスが販売されている。

アロフト東京銀座のフロント横のRE:FUEL

アロフト東京銀座のフロント横のスナック・ジュース

1階のエレベーター前はこんなデジタル照明。

アロフト東京銀座の1階のエレベーターホールの照明

サヴィールーム キング(915号室)の内観と設備

エレベーター内は薄暗くて、フロアが上がるについて足元の照明が変化する。

9階のエレベーターホール。

アロフト東京銀座の9階のエレベーターホールの照明

915号室はコーナー。

アロフト東京銀座の915号室の位置

アロフト東京銀座のサヴィーキングの内観1

手前側にはトイレ、洗面台、シャワールーム。バスタブはない。

アロフト東京銀座のサヴィーキングのトイレ

アロフト東京銀座のサヴィーキングの洗面台とシャワールーム

「ハンスグローエ」の機能的なシャワー。1週間前にGo To Travelで泊まったインターコンチネンタル横浜Pier8もこれだった。

参考:インターコンチネンタル横浜Pier8「ガーデンサイド デラックスダブル」宿泊記

アロフト東京銀座のサヴィーキングのハンスグローエのシャワー1

アロフト東京銀座のサヴィーキングのハンスグローエのシャワー2

窓側のコーナーにソファ。

アロフト東京銀座のサヴィーキングルームのソファ

分厚いベッド。

アロフト東京銀座のサヴィーキングルームのベッド1

アロフト東京銀座のサヴィーキングルームのベッド2

アロフト東京銀座のサヴィーキングルームのベッド3

アロフト東京銀座のサヴィーキングルームのベッドサイド

絨毯、クッション、テーブル面、スリッパ、電子ケトルやグラスの色使いが鮮やか。

アロフト東京銀座のサヴィーキングルームの絨毯

アロフト東京銀座のサヴィーキングルームのスリッパ

アロフト東京銀座のサヴィーキングルームの電子ケトル

これがこのホテルの特徴みたいね。

冷蔵庫は空ね。ボトルウォーターは備え付けで2本。

アロフト東京銀座のサヴィーキングルームの冷蔵庫

パジャマは部屋には用意がないが、フロントに連絡すれば届けてくれる。

アロフト東京銀座のパジャマ

ベッドサイドにUSBポートとコンセント。ソファーの裏にもあるからワーケーションにも。ただし、コードは2m位あった方が良さそう。

アロフト東京銀座のサヴィーキングルームのベッドサイドのコンセント

アロフト東京銀座のサヴィーキングルームのソファ裏のコンセント

テレビはパナソニック製。

期待してスクリーンを上げてみたが、隣のビルビュー。

アロフト東京銀座のサヴィーキングルームの窓からの眺め1

高村光太郎の智恵子抄の「智恵子は東京に空が無いといふ」という一節が思い浮かんだ。

アロフト東京銀座のサヴィーキングルームの窓からの眺め3

アロフト東京銀座のサヴィーキングの窓からの眺め2

おでかけ

タクシーで丸の内に出かけて、丸善のギャラリーに展示されている『論語疏』を見てきた。

東京駅の駅舎

ジム「Re:charge」見学

ホテルに戻って、2階にあるジム「Re:charge」を見学。

アロフト東京銀座のジム「Re:charge」1

アロフト東京銀座のジム「Re:charge」2

アロフト東京銀座のジム「Re:charge」3

アロフト東京銀座のジム「Re:charge」4

ルーフトップバー「Roof Dogs」は休業日

ルーフトップバー「Roof Dogs」も利用する予定だったのだが、なんと、月曜日は休業日とのこと。

開業したばかりということもあり、休業日、営業時間は流動的な模様。

宿泊前に確かめること推奨。

後記)別の日に確認↓

2階の「The WAREHOUSE」のプロジェクター映像では、キッチンカー仕様のフォルクスワーゲンがクレーンで吊り上げられるシーンを見ることができる。

「The WAREHOUSE」でディナー

2階のThe WAREHOUSEへ。

アロフト東京銀座のThe WAREHOUSEの入口

アロフト東京銀座のThe WAREHOUSEのバイク

アロフト東京銀座のThe WAREHOUSEの内観1

アロフト東京銀座のThe WAREHOUSEの内観2

アロフト東京銀座のThe WAREHOUSEの内観3

シャンパンはヴーヴ・クリコ。

アロフト東京銀座のThe WAREHOUSEのシャンパン

前菜はどれも工夫があって美味しかった。

アロフト東京銀座のThe WAREHOUSEの前菜5種

プラチナ以上の会員に提供される「カクテルクーポン」に付く前菜は、この中から3種類程度が提供される模様。

パンは布袋にくるまれて提供される。パンも美味しい。

アロフト東京銀座のThe WAREHOUSEのパン

メインのキンメダイにローストに合わせて、七賢のスパークリングを。よく行く居酒屋でも飲んだりする日本酒スパークリング。360ml入っていて、1,600円なので安い。

アロフト東京銀座のThe WAREHOUSEのメインのキンメダイ1

アロフト東京銀座のThe WAREHOUSEの七賢スパークリング

The WAREHOUSEは、利酒師の人が店長で、日本酒も多く取り揃えられている。

アロフト東京銀座のThe WAREHOUSEの日本酒の品揃え

デザートは、ガトーショコラ+キャラメルクリーム+柿と、アイスクリーム。

アロフト東京銀座のThe WAREHOUSEのデザート

店長と色々お話させてもらったが、現在、ディナーのコースは一休.comレストランとOZmall経由でのみ注文が可能とのこと。

それ以外の場合、アラカルトのみの注文となるとのこと。

「W XYZ Bar」でカクテル

晩飯後、部屋でテレビを見た後、1階の「W XYZ Bar」へ。

アロフト東京銀座の「W XYZ Bar」の内観3

アロフト東京銀座の「W XYZ Bar」の内観1

アロフト東京銀座の「W XYZ Bar」の内観2

わさびドラムスティック。

アロフト東京銀座の「W XYZ Bar」のわさびドラムスティック

わさびドラムスティックは本来、ポッキーを入れた状態で提供するそうだが、コロナ対策でこのような形で提供。

バッファローチキンウィングというのを注文したかったが、フードは21:00ラストオーダーで注文できなかった。

わさびカクテルとポッキーは合った。

ビリヤードもできるよ。

2019年の夏に訪れたセントレアのフォーポイントバイシェラトンのバーにも置いてあったな。

プラチナ会員は、ここのアルコールも30%割引。

先月、ステータスマッチやっておいてよかった。

ギラツキを見せるフロントの天井照明。

アロフト東京銀座のフロントのギラギラした照明

就寝

ベッドは寝心地が良い。

枕は硬めで首にフィットしない。

翌日、この枕をソファのクッション代わりにしたら、いいランバーサポートになった。

「The WAREHOUSE」で朝食

翌日。快晴。

アロフト東京銀座から快晴の空

10:00近くに朝食会場の「The WAREHOUSE」へ。

朝食クーポンがあると、

  • コンチネンタル・ブレックファスト(1,800円)
  • アメリカン・ブレックファスト(3,000円)
  • 和朝食(1,800円)

の3種類から一つ選べる。

コンチネンタル・ブレックファストは、スープにブッフェ(ジュース、パン、サラダ、フルーツ)。

アメリカン・ブレックファストは、希望の卵料理とサイドディッシュ(ハム、ソーセージなど)が付く。

和朝食は、おにぎりと味噌汁、漬物のセット。

本日のスープはさつまいもスープ。

オムレツ(具材全部入り)と、サイドディッシュとしてベーコン、ジャンボンブラン(加熱ハム)を注文。

アロフト東京銀座の朝食のオムレツ

温野菜含め美味しかったよ。

部屋に戻って、テレビを付けたら、猫背の直し方をやっていたので真似してやってみる。

アロフト東京銀座のテレビ

部屋でコーヒーを頂いてから、チェックアウト。TO GO用のカップもある。

アロフト東京銀座のコーヒー

チェックアウト時の会計

チェックイン時に、10,000円分のクーポンを8,000円で購入していたので、チェックアウト時の会計は以下の通り3,817円。

支出
宿泊費用 12,100円
The WAREHOUSE 6,936円
W XYZ Bar 1,016円
割引
Go To Travel(35%割引) -4,235円
地域共通クーポン -2,000円
バウチャー割引 -10,000円
合計
3,817円

支出合計20,052円、割引合計16,235円。

差し引き3,817円。

チェックイン時の支出8,000円と合わせて、11,817円かかったことに。

SPGアメックスでアロフト東京銀座を決済

銀座に泊まって、シャンパン付きのディナー食べて、バーで一杯飲んで、この値段は凄いね。

しかも、1滞在ごとに2,500ポイントのボーナスポイントと合わせて、4,852ポイントのMarriott Bonvoyポイントを獲得。

なんと、バウチャーで割り引く前の金額が算定対象になっている。

アロフト東京銀座の滞在で獲得したMarriott Bonvoyポイント

※1滞在につき2,500ポイントのボーナスポイントキャンペーンは11月10日まで延長。未登録の方はこちらから。

Go To Travelで泊まった場合でも、割引前の金額に対して、Marriott Bonvoyポイントが積算されるのが素晴らしい。

SPGアメックスによるカード決済ポイントとしても、708ポイント獲得できるね。

チェックアウト後、タクシーを手配して、今日の滞在先であるコンラッド東京へ向かう。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。