Kyash

子供への小遣いの支給でマイルを貯める方法

子供へのお小遣い支給

私は、高校生の子どもへの小遣いの一部を「現金以外」で渡しています。

具体的には、VISAプリペイドカード、JCBプリペイドカードへの「チャージ」という形で支給しています。

子供的にも、VISAプリペイドカード、JCBプリペイドカードで小遣いを貰えるのは好都合なようです。

アマゾンで買い物をできたり、Hulu(フールー)で映画を見れたり、メルカリの決済が楽に行えたり、アプリに課金できたり、できますからね。

子供への小遣いの支給でマイルを貯める方法を紹介します。

以下の3つの方法があります。

  • Kyash
  • ANA JCBプリペイドカード
  • PayPay

Kyashで小遣いを送金して、JALマイル・ANAマイルを獲得する

Kyashというスマホのアプリ上で発行できるバーチャルVISAプリペイドカードがあります。

キャッシュバック率1.0%のカードで、「使わにゃ損」のカードです。

参考:【使わにゃ損】Kyash CardのメリットとKyash Cardを使うべきではないシーン

実店舗でも使えるKyash(リアルカード)を発行することもできます。その最もお得な発行方法を最後に紹介しています。

このKyashアプリを親子ともに入れてください。

Kyash - ウォレットアプリ

Kyash – ウォレットアプリ
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ

必見!!Kyash Cardは「ポイントサイト」からの入会がお得な時がある。今がまさにそう!

すると、親子間でKyashアプリを通じた送金が可能となります。

Kyashには、Visaブランド、Mastercardブランドのクレジットカード、デビットカードを登録できます。

※JCBブランドのカードは登録不可。

そして、以下のFAQにもあるように、Kyash残高を上回る送金を行うと、その不足金額は登録しているクレジットカードで自動的にチャージされます。

Kyash残高が1,000円ある際に、Kyash Visaカードで10,000円の買い物または送金をした場合。
(キャッシュバックされた金額もKyash残高に該当します)

登録カードから不足分の9,000円が即時チャージされ、買い物もしくは送金が成立します

登録カードでの自動チャージ – Kyash FAQ

例えば、親のKyashにJAL VISAカードを登録して、Kyash残高ゼロの状態で、子どもに10,000円送金したとしましょう。

すると、不足金額の10,000円は、登録カード(JAL VISAカード)で自動チャージされます。

その結果、親はJALマイル100マイルを獲得できます。

JALカードショッピングマイル・プレミアムに入会している場合。

子どもは10,000円のKyash残高を得ることができ、このKyash残高でアマゾンや楽天市場で買物をしたり、アプリの課金をしたりすることが可能です。

子どもが、JALマイレージモール経由でアマゾンを利用すれば、購入金額に対して「200円=1マイル」のJALマイルを獲得できますね。「JALカード家族プログラム」を利用すれば、親のマイルとも合算できます。

前述の通り、Kyash(リアルカード)も発行できるので、Kyash(リアルカード)を発行すれば、コンビニやスーパーなど実店舗でも利用できます。

そして、Kyashはキャッシュバック率1.0%のクレジットカード。

利用金額の1.0%分のKyash残高が還元されます。

子供にもお得ですね。

もちろん、JAL VISAカードの代わりに、ANA VISAカード/マスターカードをKyashに登録すれば、親はANAマイルを獲得できます。

Kyashの発行

「Kyash(リアルカード)」は公式サイトから直接発行してもいいのですが、「ポイントサイト」を経由して発行すると、ポイントを獲得できてお得です。

現在、「Kyash(リアルカード)」の取扱いがあるポイントサイトは、株式会社ネットマイルの運営する「すぐたま」のみです。

「すぐたま」に登録後、「すぐたま」内の検索窓で「Kyash」と検索すると、以下の広告が出てくるはずです。

※以下のバナーをクリックで広告ページに飛びます。

すぐたまのKyash(リアルカード)案件

400mile(200円相当)獲得できます。

ポイント獲得条件は「新規カード発行完了」です。

iOS12以上のiPhoneユーザーの方は、「すぐたま」からKyashに申し込みをする前に、

「設定>Safari」から「サイト越えトラッキングを防ぐをオフに設定」をしてください。

この設定をしないと、条件を満たしていても、非承認となってしまう可能性があります。

ANA JCBプリペイドカードへのチャージで小遣いを渡して、ANAマイルを獲得する

次は、ANA JCBプリペイドカードを利用して子どもに小遣いを渡し、ANAマイルを獲得する方法です。

子供名義のANA JCBプリペイドカードを発行してください。

ANA JCBプリペイドカード券面デザイン

この記事の最後で、ANA JCBプリペイドカードの最もお得な発行方法を紹介しています。

ANA JCBプリペイドカードは、入会時に、

  • キャッシュバックコース
  • マイルコース

を選択でき、「マイルコース」を選択すると、ショッピングの利用とチャージの両方でANAマイルを貯められます。

ショッピング利用でANAマイルを貯める 1,000円(税込)=5マイル
チャージでANAマイルを貯める 半年間のチャージ合計額が
■ 24万円以上→一律360マイル
■ 12万円以上→一律180マイル

ANA JCBプリペイドカードには、JCBブランドのクレジットカードを使ってチャージできます。

そして、本人名義以外のクレジットカードでもチャージができます。

親名義のクレジットカードで、子供名義のANA JCBプリペイドカードにチャージできるということです。

さぁ、「ANA JCBプリペイドカードへのチャージでANAマイルを獲得できるカード」を用意しましょう。

残念ながら、ANA JCBカードは、ANA JCBプリペイドカードへのチャージはポイント積算対象外です。

一方、ANAマイルを間接的に貯めることができるYahoo! JAPANカード(JCBブランド)、楽天カード(JCBブランド)は、ANA JCBプリペイドカードへのチャージでポイントが貯まります。

  • Tポイント「500ポイント」=ANAマイル「250マイル」
  • 楽天スーパーポイント「50ポイント」=ANAマイル「25マイル」

例えば、Yahoo! JAPANカードで、子どものANA JCBプリペイドカードに10,000円分チャージしたとします。

Yahoo! JAPANカードは、年会費永年無料で、Tポイント還元率1.0%のクレジットカードです。

親はTポイントを100ポイント(50マイル)獲得できます。

子どもは、10,000円分のANA JCBプリペイドカードの残高を獲得することができ、この10,000円をアマゾンや楽天、コンビニ、スーパーなどで使い切ると、50マイルのANAマイルを獲得できます。

  • 親は50マイル獲得
  • 子どもは50マイル獲得

親子合計で100マイル獲得できるわけですね。

マイ友プログラム

ANA JCBプリペイドカード入会時には、「マイ友プログラム」の利用をおすすめします。

マイ友プログラムのロゴ

「マイ友プログラム」とは、ANAマイレージクラブ会員から紹介を受けた人が、ANAカード/ANAプリペイドカードに入会すると、紹介者・入会者それぞれにマイルがプレゼントされるサービスです。

子供のANA JCBプリペイドカード入会前に、所定の手続きをすると、親(紹介者)・子供(入会者)ともに100マイルのボーナスマイルを貰えますよ。

詳しくは、以下の記事を御覧ください。

紹介者欄には私の紹介番号ではなく、あなたの紹介番号を入力してくださいね。

PayPayで小遣いを送金して、ANAマイルを獲得する

PayPayというQRコード・バーコード決済のサービスがあります。

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ
PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

アプリからすぐに発行が可能です。

このアプリを親子ともに入れてください。

すると、親子間でPayPayを通じた送金が可能となります。

PayPayの残高には、「PayPayマネーライト」「PayPayボーナス」の2種類があり、以下のような違いがあります。

PayPayマネーライト Yahoo! JAPANカードのみでチャージできる残高
PayPayボーナス PayPayの利用(0.5%還元)やキャンペーン(100億円あげちゃうキャンペーン)で獲得できる残高

個人間送金が可能なのは、PayPayライトのみです。

PayPayライトにチャージできるのは、Yahoo! JAPANカード限定ですので、事前に用意してくださいね。

Yahoo! JAPANカードは、新規入会キャンペーンを実施中です。

カードの入会で、4,000ポイントのTポイント(期間固定ポイント)を獲得できます。

届いたカードで、申込月を含む2ヶ月目の末日までに1回の買い物につき2,000ポイント、3回買い物をすると最大6,000ポイントのTポイント(期間固定ポイント)を獲得できます。

合計10,000ポイント。

Yahoo! JAPANカードの新規入会キャンペーン

まず、Yahoo! JAPANカードを使って、親のPayPayに10,000円分チャージしましょう。

繰り返しになりますが、Yahoo! JAPANカードは、Tポイント還元率1.0%のクレジットカードです。

親は、100ポイントのTポイントを獲得できます。ANAマイル50マイル相当ですね。

このPayPay残高を、子供のPayPayに送金します。

子供はPayPay残高10,000円を得ることができ、PayPay利用ごとに「200円=1円」相当のPayPayボーナス還元を受けられます。

小遣いを支給された子供の感想

以上、個人間送金(小遣いの支給)でマイルを得る方法を3つ紹介してきました。

一番多くマイルを獲得できたのは「Kyash」を使った送金方法、次が「ANA JCBプリペイドカード」、最後が「PayPay」でした。

親的に嬉しいのは、

  1. Kyash
  2. ANA JCBプリペイドカード
  3. PayPay

の順といえます。

では、小遣いを支給された子供から見たらどうでしょう?

子供としては、「Kyash」「ANA JCBプリペイドカード」「PayPay」のどれが一番使い勝手がいいでしょうか?

比べるまでもなく、Visaブランドの「Kyash」が一番でしょう。2%のキャッシュバックもあります。

次に、JCBブランドの「ANA JCBプリペイドカード」でしょう。

最後に「PayPay」ですね。PayPayは使えるところが限られています。

子供的にも、

  1. Kyash
  2. ANA JCBプリペイドカード
  3. PayPay

の順といえます。

まとめ

親子間送金でマイルを得る方法としては、今のところ、Kyashが最強ではないでしょうか。

前述の通り、Kyashの申込みは、以下のページから行うのがお得ですよ。

すぐたまのKyash(リアルカード)案件

「使わにゃ損」のKyash Cardのメリットについて記した、以下の記事もぜひご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。