ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードのコンパニオンカードって?メリット・デメリットを紹介

ダイナースクラブカードのコンパニオンカード

ダイナースクラブカードのコンパニオンカードって何?

ダイナースクラブ コンパニオンカード=Mastercardブランドのセカンドカード

ダイナースクラブ コンパニオンカードとは何か?

特定のダイナースクラブカードの会員が、追加カードとして発行できるMastercardブランドのセカンドカードです。

対象となるダイナースクラブ会員は、

の会員です。

※以下のカード券種は、コンパニオンカードを付帯できません。
ここをタップで開閉できます
  • 銀座ダイナースクラブカード
  • ダイナースクラブ ビジネスカード
  • ダイナースクラブ ビジネス・アカウントカード
  • ダイナースクラブ リボルビングカード
  • 企業との提携カード
    • ANAダイナースカード
    • ANAダイナース スーパーフライヤーズカード
    • ANAダイナース プレミアムカード
    • ANAダイナース スーパーフライヤーズカード プレミアムカード
    • JALダイナースカード
    • デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード
    • MileagePlus ダイナースクラブカード
    • MileagePlus ダイナースクラブファースト
    • BMW ダイナースカード
    • BMW ダイナース プレミアムカード
    • 三井住友信託ダイナースクラブカード
    • 三井住友信託ダイナースクラブ プレミアムカード
    • ニューオータニクラブ ダイナースカード
    • 京銀ダイナースカード
    • 京都中央信金ダイナースカード
    • ライオンズクラブ ダイナースクラブカード
    • ライオンズクラブ ダイナースクラブ プレミアムカード
    • ロータリー ダイナースクラブカード
    • JTBダイナースカード
    • SMBC信託銀行との提携で発行されたカード

ダイナースクラブカード会員は、ダイナースクラブ コンパニオンカードを発行できます。

本会員はもちろん、家族カード会員も発行できます。

ダイナースクラブ コンパニオンカードは、三井住友トラストクラブがTRUST CLUB プラチナマスターカードとして発行しているカードと(表面は)全く同一の券面です。

ダイナースクラブ コンパニオンカード

ダイナースクラブ プレミアムカード会員は、ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカードを発行できます。

本会員はもちろん、家族カード会員も発行できます。

ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカードは、三井住友トラストクラブがTRUST CLUB ワールドエリートカードとして発行しているクレジットカードと(表面は)全く同一の券面です。

ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード

ダイナースクラブ コンパニオンカード(TRUST CLUB プラチナマスカード)のスペック

ダイナースクラブ コンパニオンカード
年会費無料
付帯されるカードTRUST CLUB プラチナマスターカード
ポイント付与率200円=1ポイント
付帯保険ダイナースクラブカードの保険が適用。
Mastercard優待プログラムMastercard Taste of Premiumの8特典
Wi-FiサービスBoingo Wi-Fi
空港ラウンジサービス「ラウンジ・キー(LoungeKey)」

ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード(TRUST CLUB ワールドエリートカード)のスペック

ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード
年会費無料
付帯されるカードTRUST CLUB ワールドエリートカード
ポイント付与率100円=1ポイント
付帯保険ダイナースクラブ プレミアム カードの保険が適用。
Mastercard優待プログラムMastercard Taste of Premiumの18特典
Wi-FiサービスBoingo Wi-Fi
空港ラウンジサービス「ラウンジ・キー(LoungeKey)」

ダイナースクラブ コンパニオンカードのメリット

追加の年会費不要でマスターカードを持つことができる

TRUST CLUB プラチナマスターカード、TRUST CLUB ワールドエリートカードともに単体でも申し込むとができます。

その場合、以下の年会費がかかります。

TRUST CLUB プラチナマスターカード3,000円(税抜)
TRUST CLUB ワールドエリートカード130,000円(税抜)

TRUST CLUB ワールドエリートカードの年会費は130,000円(税別)です。

そんな高価なカードを、ダイナースクラブ プレミアムカード会員は無料で追加で発行できるのです。

使える店舗が一気に広がる

The Nilson Reportによれば、Mastercardの加盟店数は、世界200以上の国・地域で4,400万店以上となっています。

一方のダイナースクラブの加盟店数は、約2,600万店。

Mastercardブランドのコンパニオンカードがあることによって、使える店舗数が格段に多くなります。

ポイントも獲得できて、ダイナースクラブ リワードポイントと合算できる

ダイナースクラブ コンパニオンカードを使うと、ダイナースクラブ リワードポイントが貯まります。

TRUST CLUBリワードポイントが貯まるのではありません。

そして、ダイナースクラブカードで貯めているダイナースクラブ リワードポイントと自動的に合算されます。

ただ、デメリットの項目でも述べますが、コンパニオンカードのポイント還元率は低く設定されています。

請求金額も支払口座も一つ

コンパニオンカード利用分もダイナースクラブカードの利用分と合算されて、請求金額に計上されます。

そして、支払口座も一つで済みます。

Mastercard Taste of Premiumの特典が受けられる

ゴールドMastercard以上のマスターカードは、「Mastercard Taste of Premium」というマスターカードが独自に実施している特典プログラムの対象となります。

TRUST CLUB プラチナマスターカードは、ゴールドより上のプラチナMastercard、TRUST CLUB ワールドエリートカードは最上級のワールドエリートMastercardなのでいずれもMastercard Taste of Premium特典プログラムの対象です。

例1)国際線手荷物無料宅配

例えば、TRUST CLUB ワールドエリートカードは、「Mastercard Taste of Premium」により、国際線手荷物無料宅配というサービスが利用できます。

国際線の出発時・国際線の帰国時に、荷物をそれぞれ3個まで無料で宅配できます。往復で合計6個まで無料で宅配できます。

ダイナースクラブ プレミアムカードにも同様のサービスがありますが、出発時・帰国時に、荷物をそれぞれ1個まで無料となっています。

TRUST CLUB ワールドエリートカードがあれば往復それぞれ3個無料です。

例2)ダイニング by 招待日和

また、TRUST CLUB ワールドエリートカードにもTRUST CLUB プラチナマスターカードにも、「ダイニング by 招待日和」という、所定のレストランの所定のコースメニューを2名以上で利用すると1名分タダになるサービスが受けられます。

ダイナースクラブカード会員は、

  • エグゼクティブ ダイニング(ダイナースクラブ提供)
  • ダイニング by 招待日和(Mastercard Taste of Premium提供)

の双方が利用できるようになるのですね。

Lounge Key(ラウンジ・キー)が使える

ダイナースクラブ プレミアムカードのコンパニオンカード(TRUST CLUB ワールドエリートカード)には、Lounge Key(ラウンジ・キー)という空港ラウンジプログラムが付いています。

Lounge Key(ラウンジ・キー)は、Priority Pass(プライオリティ・パス)に類似した空港ラウンジプログラムです。

TRUST CLUB ワールドエリートカード会員は、本会員・家族会員ともに、Lounge Key(ラウンジ・キー)対象の空港ラウンジを無料で何回も利用できます。

しかも、同伴者1名も無料になります。

本会員・家族会員がそれぞれ同伴者を1名ずつ引率しても、全員が無料になります。

家族旅行のときに役立つでしょう。

ちなみに、アメックスプラチナの「プライオリティ・パス」も同伴者1名が無料になりますので、家族4人で旅行しても全員のラウンジ入室料が無料になります。

また、カード番号を登録するとコンパニオンカード(TRUST CLUB ワールドエリートカード)が入室証になるというメリットがあります。

プライオリティ・パスの場合、プライオリティ・パスの会員証、または、スマートフォンのデジタル会員証を持参する必要がありますね。

BoingoのWi-Fi接続サービスを無料で利用できる

Boingo WiFi

BoingoのWi-Fi接続サービスを無料で利用できます。

公式サイト:Boingo

日本を含む全世界100ヵ国100万ヵ所以上のホットスポットで、無料にWi-Fiに接続できます。

ダイナースクラブ コンパニオンカードのデメリット

ダイナースクラブ コンパニオンカードのデメリットというか惜しい点を挙げます。

ポイント還元率が低いこと

コンパニオンカードがあることによって、より多くの加盟店でカードを利用できるようになり、今までポイントを獲得できなかった場所でもダイナースクラブ リワードポイントを獲得できるようになります。

これは大きなメリットなのですが、コンパニオンカードは、ダイナースクラブカードに比べてポイント付与率が低く設定されています。

ダイナースクラブカードダイナースクラブ コンパニオンカード
100円=1ポイント200円=1ポイント
ダイナースクラブ プレミアムカードカードダイナースクラブ プレミアムカード コンパニオンカード
100円=1.5ポイント100円=1ポイント

プライオリティ・パスが使えなくなる

ダイナースクラブ プレミアムカードには、元々、プライオリティ・パスのサービスが付いています。

しかし、ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカードを発行すると、Lounge Key(ラウンジ・キー)が使えるようになる代わりに、プライオリティ・パスのサービスは使えなくなってしまいます。

メリットの部分で述べたように、ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカードのLounge Key(ラウンジ・キー)は、同伴者1名含めて無料という大変素晴らしいサービスです。

しかし、利用可能な空港ラウンジ数では、プライオリティ・パスに引けをとっています。

その点は少し残念です。

ダイナースクラブカードは新規入会キャンペーン実施中

ダイナースクラブカードは新規入会キャンペーンを実施中。

入会後3ヶ月間の利用に対して「ポイント10倍」になるという大変お得なものです。

ダイナースクラブカードの入会で最も得する方法を以下で紹介していますので、是非ご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは旅行記、搭乗記、ポイント・マイルの獲得方法を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。