セブンカード・プラス

セブンカード・プラスの「ポイントサイト」報酬額を比較する

セブンカード・プラスを使っていますか?

私はハードに使っています。

もっぱら「nanacoチャージ」のためです。

セブンカード・プラスは、「nanacoチャージ」でポイントが貯まる貴重なカードです。

しかも、貯まるポイントは「nanacoポイント」で、「nanacoポイント」は、ANAマイルやANA SKYコインにも交換できますので、私のようなANAマイラーには最適なカードです。

nanacoポイントをANAマイル・ANS SKYコインに交換

ご存知かもしれませんが、「nanacoチャージ」を取り巻く環境は厳しいです。

楽天カードの「nanacoチャージ」は改悪されてポイント付与対象外になりましたし、Yahoo! JAPANカードの「nanacoチャージ」も改悪されて、ポイント付与率が半分になりました。

リクルートカードの「nanacoチャージ」も改悪されて、月間上限3万円になりました。

ANA JCBプリペイドカードの「nanacoチャージ」もポイント付与対象外になりました。

その中にあって、セブンカード・プラスの「nanacoチャージ」は安定です。

同じセブン&アイグループのクレジットカードと電子マネーということが大きいのでしょう。

あまり「改悪」の可能性を考えず、これからも安心して、「nanacoチャージ」に使えるカードだと思います。

※セブンカード・プラスの「nanacoチャージ」が改悪されたら、もうおしまいです。

さて、本題です。

このセブンカード・プラスは、公式サイトから直接申込むのは得策ではありません。

セブンカード・プラスは、必ず、「ポイントサイト」を経由して申込むようにしましょう

「ポイントサイト」経由でセブンカード・プラスを発行すると、「ポイントサイト」から(現金化可能な)ポイントを貰えます。ANAマイルにも交換できます。

なぜ、「ポイントサイト」がこのような報酬をくれるかというと、広告主であるセブン&アイグループが「ポイントサイト」に広告宣伝費を支払っているからです。

われわれが「ポイントサイト」経由でセブンカード・プラスを発行すると、その広告宣伝費の一部を貰うことができるのです。

逆に、公式サイトから直接発行してしまうと、その広告宣伝費の一部を貰い損ねることになるのです。

以下では、どの「ポイントサイト」から入会すると最もお得になるか、紹介したいと思います。

「ポイントサイト」の報酬と「新規入会キャンペーン」の特典は「2重取り」できる

セブンカード・プラスは、常に新規入会キャンペーンを行っています。

キャンペーンは随時変わりますが、大体、nanacoポイントをプレゼントしてくれるキャンペーンを実施していることが多いです。

公式サイトから直接セブンカード・プラスを発行した場合でも、「ポイントサイト」経由でセブンカード・プラスを発行した場合でも、このキャンペーンの対象になります。

つまり、「ポイントサイト」経由でセブンカード・プラスを発行すると、

  • 「ポイントサイト」からの(現金化可能な)ポイント
  • 「新規入会キャンペーン」のnanacoポイント

の「2重取り」が可能なのです。

ぜひとも「2重取り」を実現させてください。

セブンカード・プラスの「ポイントサイト」報酬額を比較する

各「ポイントサイト」のセブンカード・プラスの報酬額を比較したのが下表です。

金額は、その「ポイントサイト」に登録をした上で、その「ポイントサイト」のセブンカード・プラスの広告リンクから発行した場合の報酬額です。

各「ポイントサイト」で報酬額に大きな開きがあることが分かるでしょう。

申込み時点で最も報酬額の高い「ポイントサイト」から申し込みをするといいでしょう

ポイントサイト名 現在の報酬額
セブンカード・プラス券面デザイン
モッピー
(※1)キャンペーン中
6,000円
げん玉 8,500円
ポイントインカム
(※3)入会ポイントUP
6,500円
ライフメディア 3,750円
ドットマネー 2,700円
ハピタス 5,500円
ちょびリッチ 6,000円
ECナビ 3,500円
ポイントタウン
(※2)タイアップキャンペーン中
2,350円
PONEY
ゲットマネー 1,100円
モバトク 3,000円
i2iポイント 3,000円
すぐたま 2,350円

当サイト限定の以下のタイアップキャンペーンもあわせてご利用ください。

タイアップキャンペーン実施中

(※1) モッピーと当サイトは「タイアップ」キャンペーンを実施中。2018年8月31日までに、当サイトのリンクから「モッピー」に登録して、条件を満たすと、合計1,300円相当のポイントが貰えます。

(※2) ポイントタウンと当サイトは「タイアップ」を実施中。登録するだけで300円相当のポイントが貰えます。他のサイトから登録すると何も貰えません。

(※3) ポイントインカムと当サイトは「タイアップ」を実施中。入会するだけで300円相当のポイントが貰えます。これは通常の入会ポイントの3倍です。

セブンカード・プラス以外のクレジットカードの「ポイントサイト」報酬額もチェックしてみる

容易に想像できる通り、セブンカード・プラス以外にも多くのクレジットカードが「ポイントサイト」に取り扱われています。

その中には、上で紹介したセブンカード・プラスの報酬額を大きく上回るカードもあります。

楽天カードの「ポイントサイト」報酬は、通常の時期は800円ほどなのですが、時期を選んで入会すると、10,000円以上になることがあります。その時期については、以下で詳しく紹介しています。

楽天カードの「ポイントサイト」報酬が【最大】になる時期を狙え!

年会費が高いダイナースクラブカード、dカードGOLDの2枚は、ポイントサイト報酬が安定して高いカードです。現在は、20,000円を超えています!

ダイナースクラブカードの「ポイントサイト報酬額」を比較

dカード、dカードGOLDの「ポイントサイト」報酬額を比較

日本を代表するカード会社のカードである、JCBカード、三井住友VISAカードも成果報酬額が高いです。

JCBカード(JCBオリジナルシリーズ)の「ポイントサイト」報酬額を比較

三井住友VISAカードの「ポイントサイト」報酬額を比較

セブンカード・プラスと同様に、「nanacoチャージ」用のカードとしても使えるYahoo! JAPANカード、リクルートカードも年会費無料のカードとしては成果報酬額が高いですよ。

Yahoo! JAPANカードの「ポイントサイト」報酬額を比較

リクルートカードの「ポイントサイト」報酬額を比較。

逆に、「ポイントサイト」報酬が低いのがアメリカン・エキスプレス・カードです。アメリカン・エキスプレス・カードは入会方法として自社実施の「紹介プログラム」を優遇しています。そのため、入会するなら以下で紹介する「紹介プログラム」から入会した方がお得度が断然に高いです。

13枚のアメックスは「紹介キャンペーン」入会が「ポイントサイト」経由よりお得。

クレジットカードの入会方法は、臨機応変に対応していきたいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。