全日空(NH)

「トクたびマイル」で鳴門2泊3日旅行記 (1) 「すし勝」のアシアカエビとヒラメが絶品!

こんにちは。

マイルを使ってあちこち飛行機旅するのが好きなjun(@odakyu_de_go)と申します。

2021年最後の旅行で、徳島県の鳴門市に行ってきました。

日程は、2021年12月20日(月)~22日(水)

なぜ鳴門かといえば、2021年に二度サッカー観戦目的で鳴門行きを計画したもののいずれもコロナで断念せざるを得なかったから、です。

ANAの「トクたびマイル」という制度を使ったので、往復6,000マイルで行けました。

まずは旅の準備

「トクたびマイル」でANA便を予約

12月18日に以下の特典航空券を予約。

時刻表
ANA283 HND 13:25 – 14:45 TKS
ANA284 TKS 15:25 – 16:40 HND

「トクたびマイル」で通常12,000マイルのところ、6,000マイルで予約できた。

お得な「トクたびマイル」の詳細は以下の記事で確認してください。

鳴門駅近くのホテルを予約

同日に、ポイントサイト「ハピタス」経由の楽天トラベルで「NEXELアルファ鳴門」を予約。2泊で7,800円。

鳴門サッカー遠征で予約したのもここだった。

ポイントサイト「ハピタス」から楽天トラベルを利用すると、(楽天ポイントとは別に)ハピタスポイントが貯まって、現金やマイルに交換できる。

入会ボーナスポイントが貰える紹介キャンペーン専用リンクは以下。

晩飯場所を予約

忘年会シーズンなので晩飯場所も予約しておいたほうが良さそう。

12/20の18:00から「すし勝」を、12/21の17:00から「すし一」を予約。

「すし勝」はコースのみで、6,000円、8,000円、10,000円から選べた。6,000円で予約した。

ANA283便で徳島空港へ

ANA283便の機材は、国際線仕様のA320で全席にモニターが付いていた。

国際線仕様のA320のモニター

隣2席空いていたのでこんなふうに隣の席でスマホを充電しながら、パソコン作業もできて便利だった。

国際線仕様のA320のモニターでスマホ充電

国際線でおなじみの3Dマップも見られる。映画やアニメも見られる。良い環境だ。

あっという間に徳島空港に到着。

鳴門方面行きのバスに乗り遅れて、空港で半ラーメンを食べる

鳴門方面行きの路線バスの出発時間は15:11。

参考:時刻表・路線図 | 路線バス | 徳島バス株式会社

スマホ見てたら遅れちゃって、15:12にバス停に到着。

もう行っちゃったのかどうか分からない。

インフォーメーションの人に聞いたら、バス会社に電話かけてくれた。

電話はなかなか繋がらない。

時計を見ると15:20。この時間になっても来ないということはもう行っちゃったってことだよね?

と思っていたら、バスが来た。

スーツケース引いて、手を振りながらバス停へ走っていったが、ああ無情。バスは行ってしまった・・・

次のバスは15:55とのこと。

昼飯食べそこねていたので、2階のレストランフロアに行って、「宝ラーメン」というところで「あっさり」の半ラーメン(350円)を食べた。

徳島空港の「宝ラーメン」のあっさり

「あっさり」でも充分「こってり」していたが、美味かった。

18:00から晩飯予約してるから、半ラーメンで量も丁度いい。

全面ガラス張りで開放感あふれるレストラン。

徳島空港のレストランのガラス張り

「NEXELアルファ鳴門」のシングルルームはこんな感じ

バスに乗って、16:10分くらいに鳴門駅に到着。

このマスコットキャラクター、7年前も撮った気がするな、と思ったが、やっぱりそうだった。

鳴門市のマスコットキャラクター

駅の反対側の「NEXELアルファ鳴門」にチェックイン。

17:00~23:00まで1階の大浴場・サウナが使えるとのこと。

このホテルは朝食を提供していない。

「皆さんどうしてるんですか?」と聞いたら、近くのスーパーやコンビニで前の晩の内に買っているみたい。

部屋は2階。

激安だったので普請を心配したが、思ったよりちゃんとしていた。

NEXELアルファ鳴門のシングルルームの内観1

NEXELアルファ鳴門のシングルルームの内観2

NEXELアルファ鳴門のシングルルームの内観3

NEXELアルファ鳴門のシングルルームの浴室

トイレにウォシュレット付いてるし、水栓もサーモスタット混合水栓だったし。2つのハンドルで温度を調節するアレじゃなくて。

NEXELアルファ鳴門のシングルルームのサーモスタット混合水栓

窓が全開になった。火事でもあったらここから飛び降りるわ。2階だから余裕で飛び降りられる。

NEXELアルファ鳴門のシングルルームの全開窓

ハンガーはあるが、かけるところがないのが困った。これは手すりだしね。

NEXELアルファ鳴門のシングルルームの手城

アシアカエビとヒラメが絶品だった「すし勝」

18:00に歩いて3分ほどのところにある「すし勝」へ。人通りはなくたまに車が通るくらい。今月上旬に訪れたの美瑛町と一緒だ。

入店。カウンターに席が用意されていた。大将はせっせとネタを仕込んでいて、こちらを見ない。

寒いので熱燗をお願いする。

5日連続禁酒した後の待望のお酒だ。

熱燗と突き出しをほぼ同じタイミングで提供してくれた。

鳴門の「すし勝」の突き出し

突き出しはアワビとなにかの葉っぱの酢の物。うん、美味しい。

食べ終わった頃、大将が「握っていきますよー、紫用意してください」と。

あまーい大トロ。「美味しいです」と言ったら無視されたので、もう一回言ったら反応してくれた。聞こえてたみたい。

鳴門の「すし勝」の大トロ

アオリイカ。もうちょっと塩少なめでもいいかも。

鳴門の「すし勝」のアオリイカ

いい感じのヒラメに薬味が乗って、ジュワーと旨味が広がる。絶品。

鳴門の「すし勝」のヒラメ

ムラサキウニもかなりの量入れてくれた。東京ステーションホテルの「青柳」よりも多いな。

鳴門の「すし勝」のムラサキウニ

これが美味かった、アシアカエビ。みずみずしさと弾力と味の濃さと。

鳴門の「すし勝」のアシアカエビ

穴子。

鳴門の「すし勝」の穴子

漬けはでかくてねっとり感が大。

鳴門の「すし勝」の漬け

鯛は醤油とポン酢を選べたのでポン酢で。結果、ヒラメと似た味になっちゃったな。醤油にすればよかったかな。

鳴門の「すし勝」の鯛

芽ネギ?と思ったら、浅葱(あさつき)とのこと。芽ネギならもっと細いと。

鳴門の「すし勝」のあさつき

浅葱は適度な苦味があってしゃきっとリセットしてくれる感じ。

タマゴ、しそ巻で一通り。

鳴門の「すし勝」のタマゴ

コースのみの店だが追加もできるということなので、絶品だったヒラメ、アシアカエビ、あとアオリイカも追加。

アシアカエビはさっきよりでかいのをくれた。

鳴門の「すし勝」のアシアカエビお代わり

最後にシャーベット。

会計前にトイレに行ったら、生簀にヒラメとアシアカエビが泳いでいた。そりゃ旨いはずだ!

料金は12,070円。アメックスも使えた。

アメックスプラチナで決済。

鳴門駅前のスーパー「キョーエイ」で買い物

今日は満月だ。

鳴門市の満月

上の写真に写っている「キョーエイ」というスーパーに。

広いんだけど、全然人がいなくて驚いた。19:30過ぎに訪れたからだろうか。

惣菜が大量に余っているけど、これどうするんだろう・・・

鳴門市のキョーエイの惣菜

「K」の電飾が消えて、「YOEI」になっていて、それがまた寂しい感じを増幅させた。

鳴門市のキョーエイの電飾

外には歩いてる人もいないし、車も通らないのでホテル環境はめちゃくちゃ静か。

26時に寝た。

翌日は大塚国際美術館で西洋名画をイッキ見して、ボートレース場に面した温泉に入り、「すし一」で晩飯を食べる。

続きは以下をご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記などを紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。