全日空(NH)

「トクたびマイル」で鳴門2泊3日旅行 (2) 大塚国際美術館で名画イッキ見、「あらたえの湯」で整い、「すし一」へ

「トクたびマイル」で鳴門2泊3日旅行の「(2) 大塚国際美術館で名画イッキ見、「あらたえの湯」で整い、「すし一」へ」です。

前日の旅行記は以下をご覧ください。

バスで大塚国際美術館へ向かう

10:30に起床。

ここ、外はものすごく静かなんだが、廊下の話し声が筒抜け。

今日は17時に晩飯を予約しているので、それまでに大塚国際美術館に行って、帰りに温泉に入ってきたい。

12:30近くにホテルを出る。

これが「NEXELアルファ鳴門」の外観。

NEXELアルファ鳴門の外観

12:36の鳴門公園行きのバスに乗車。

参考:時刻表・路線図 | 路線バス | 徳島バス株式会社

小鳴門橋から。1枚目は鳴門ボートレース場。

小鳴門橋から鳴門ボートレース場

小鳴門橋から海

帰りに寄る予定の温泉はボートレース場の近くだ。

右手に紀伊水道と鳴門大橋を望む。7年前、うずしお観潮船に乗ったなあ。

バス車窓から紀伊水道と鳴門大橋1

バス車窓から紀伊水道と鳴門大橋2

13:03に大塚国際美術館に到着。

大塚国際美術館の入口

大塚国際美術館で西洋名画をイッキ見

入館料は3,300円!高い!

長いエレベーターで地下3階まで上がる。

システィーナ礼拝堂を原寸大で再現したシスティーナ・ホール。

大塚国際美術館のシスティーナホール1

天井には「創世記」のエピソードが、正面には「最後の審判」が描かれている。

大塚国際美術館のシスティーナホール1

大塚国際美術館のシスティーナホール2

10分くらいの解説があったので聞いた。理解が深まった。

パンフレットによると大塚国際美術館の展示点数は1,000点以上。

大塚オーミ陶業株式会社の特殊技術を使い、陶器の大きな板にオリジナルに忠実な色彩・大きさで再現しているという。

展示は地下3階から始まり地下1階まで。

地下1階 バロック・近代
地下2階 ルネサンス・バロック
地下3階 古代・中世

地下3階。

ポンペイ遺跡で発掘された「アレクサンダー・モザイク」。アレクサンドロス大王が「イッソスの戦い」でペルシャ軍と戦う様子が描かれている。ナポリ国立考古学博物館に所蔵。

大塚国際美術館の「アレクサンダー・モザイク」

これは「聖テオドール聖堂」。トルコのカッパドキアにあるらしい。環境空間ごとそのまま再現して、臨場感を味わえる展示となっている。

大塚国際美術館の「聖テオドール聖堂」

35分くらいで1階を見終えた。

エスカレーターで地下2階に上がると、レストランがあったので、ここで昼飯。

阿波尾鶏のチキンカツ定食。1,100円。

大塚国際美術館のレストランで阿波尾鶏のチキンカツ定食

食後に寿司屋に電話して、スタートを17:00→18:30に変えてもらう。

ひたすら受胎告知の絵画だけを集めた部屋があった。同じシーンでも作者によって描き方が違うから面白い。

カルロ・クリヴェッリ作。

大塚国際美術館のカルロ・クリヴェッリの受胎告知

サンドロ・ボッティチェリ作。

大塚国際美術館のサンドロ・ボッティチェリの受胎告知

レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」は修復前と修復後のものが同じ部屋の対面に飾られていた。この大きさなんだなあ。

大塚国際美術館の最後の晩餐「修復前」

大塚国際美術館の最後の晩餐「修復後」

地下2階からはシスティーナ・ホールを覗くこともできる。

大塚国際美術館のシスティーナ・ホールを地下2階から

ルーベンスの「キリスト昇架」。オリジナルはベルギーのアントウェルペンの聖母大聖堂所蔵。

大塚国際美術館のルーベンスの「キリスト昇架」

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」。オリジナルはオランダのデン・ハーグのマウリッツハイス美術館所蔵。

大塚国際美術館のフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」

環境展示としてモネの「大睡蓮」。

地下2階は40分位で見終わる。

地下1階へ。

ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」。所蔵はルーヴル美術館。

大塚国際美術館のドラクロワの「民衆を導く自由の女神」

クラムスコイの「見知らぬ女」は、モスクワに行ったときにトレチャコフ美術館で本物を見たね。

大塚国際美術館のクラムスコイの「見知らぬ女」

クリムトの「接吻」。所蔵はオーストリア美術館。

大塚国際美術館のクリムトの「接吻」

ムンクの「叫び」。所蔵はオスロ国立美術館。

大塚国際美術館のムンクの「叫び」

地下1階は1時間くらいで見終えた。

「鳴門天然温泉 あらたえの湯」のサウナでととのう

16:30に美術館を出て、徳島駅行きのバスに乗車。

パンフレットを見て、ピカソの『ゲルニカ』を見逃したことを知る・・・

ジョン・エヴァレット・ミレーの『オフィーリア』も。

最後の方はかなり疲れていたからな・・・

また来よう。

小鳴門橋のバス停で下車。

ボートレース場の隣の「鳴門天然温泉 あらたえの湯」へ。

鳴門ボートレース場

鳴門天然温泉 あらたえの湯

入館料は700円だが、後払い。リストバンドをもらう。これで自販機や食堂で買い物できる。

ハンドタオルとバスタオルは家から持ってきた。ハンドタオルは「白銀荘」で買ったものだ。

超強力のジェットバスがあった。これで腰を重点的にマッサージ。

※写真はすべて公式サイトから。

鳴門天然温泉 あらたえの湯のジェットバス

露天風呂に出てみると、ボートレース場に面していた。

鳴門天然温泉 あらたえの湯の露天風呂

露天風呂には信楽焼のつぼ風呂も3つ。

鳴門天然温泉 あらたえの湯のつぼ風呂

外気浴用の椅子も5,6置いてあった。

サウナに行ってみると、最大で30人くらいが入れる広いサウナだった。

鳴門天然温泉 あらたえの湯のサウナ

そのためサウナストーンも大量に置いてある。

サウナストーンに一番近い席に座る。5分で結構汗をかいた。

水風呂は20度くらいかな。「白銀荘」のキンキンの水風呂を体験したあとだと優しく感じる。

鳴門天然温泉 あらたえの湯の水風呂

水風呂の後、外気浴でまったり。

ボートレースの開催日の案内が貼られていた。次回鳴門を訪れたらボートレース初体験してみたいね。

3回目のサウナ入ったら、室内が暗くなり、サウナストーンのところだけライトが付いて、オートロウリュが始まった。

時間があったらマッサージも受けたかったが、晩飯の時間があるので、18:20くらいに浴室を出る。

タクシーを呼ぶ。

後払いだったことを忘れて出てしまうところだった。870円(入館料+自販機利用)をd払いで。

「すし一」で晩飯

18時半過ぎに「すし一」に到着。

鳴門市の「すし一」の外観(夜)

私が初めての客だった。

エビスの生ビールと刺盛りを貰う。

鳴門市の「すし一」のエビスの生ビール

鳴門市の「すし一」の刺盛り

あとから老夫婦と私の同年代くらいの男性二人組が。

コノシロの酢の物。

鳴門市の「すし一」のコノシロの酢の物

タイラ貝の貝柱と紐を貰う。あと、熱燗を熱めで。広島の「酔心」だった。

鳴門市の「すし一」のタイラ貝

昨日食べて美味しかったアシアカエビ。ここは完全にボイルしていた。味が濃い。

鳴門市の「すし一」のアシアカエビ

いくら。

鳴門市の「すし一」のいくら

おすすめの握りを4貫貰う。穴子、タコ、ウニ、キハダマグロ。

鳴門市の「すし一」の握り1

鳴門市の「すし一」の握り2

隣の同年代の男性に徳島に来た経緯を聞かれたので、「今年、2回、サッカー観戦目的で徳島に行く予定だったが、いずれもコロナで断念したので、今そのリベンジでと」。

大将は阪神タイガースのファンではあるが、徳島ヴォルティスには特に関心がないようであった。

もう2貫貰う。

スズキとふぐ。

鳴門市の「すし一」の握り3

ビール2杯と熱燗3で締めて12,300円。

思ったより高くなっちゃったな・・・

ここは現金払いのみ。財布の中の現金が700円になってしまった・・・笑

また、帰りにスーパー「キョーエイ」に寄って、惣菜とビールを購入。

フロントで追加1,100円払って、チェックアウト時間を2時間延長してもらう。

26時に寝る。

旅行後に気付いたが、7年前に「すし一」を訪れていた。

「すし一」初訪問じゃなかったんだな・・・笑

「NEXELアルファ鳴門」をチェックアウトする

10:30に起床。

早起きできたら、四国八十八か所霊場巡りの第1番札所の「霊山寺」に「汽車」で行ってこようかと思ったが、もう無理だね。

そう、「汽車」。

徳島県内には電車は走ってないらしい。ディーゼルエンジンで動く「汽車」が走っているんだそうだ。

追加で1,100円払って、さらにチェックアウトを伸ばしてもらい、13:00にチェックアウト。

バスに乗り遅れて、タクシーで徳島空港へ

バス停に向かう途中、「汽車」をちょうど見ることができた。

鳴門駅を出る汽車

確かに電線もパンタグラフもない。

昨日利用したバス停に行ってバスを待っていたが、バス停を間違えていた。正しいバス停に向かったが、ああ無情、また目の前でバスに行かれてしまった・・・

バス嫌い・・・笑

駅まで行って、タクシーを利用。現金700円しかないんで、乗る前にクレカが利用できるか確認。

空港まで2,340円だった。もったいないことした。

徳島空港のレストランで「肉吸い」を食べる

スーツケースを預けたあと、レストランへ行って、肉吸いと卵かけご飯(小)を注文。

徳島空港で肉吸いと卵かけご飯

朝から何も食べてないからバクバク食べた。

肉吸いは肉うどんのうどん抜きバージョン。つゆが旨い。阿波牛がたっぷり入っている。

肉吸いは後で自分でも作ってみるか。

このあと、ラウンジ「ヴォルティス」へ。少し仕事。

ANA284便が今年のラストフライトに

帰りの機材も国際線仕様のA320で全席モニター付きだった。

隣いなくてラッキー。

隣空席のANA284便

これが今年ラストフライトだね。

2021年のラストフライト

飛行機は東に向かって離陸して、徳島市上空で左にUターン。

左にUターンするANA284便

きれいだ。

ANA284便から青空

サンセットフライトになった。

夕日が雲に隠れて、オレンジの道筋が。

ANA284便から夕日のオレンジロード

ANA284便から夕日

いつも安全運航ありがとう、ANA。

来年もよろしくね。

鳴門2泊3日旅行でかかった費用

最後に鳴門2泊3日旅行でかかった費用をまとめておく。

往復のANA便は「トクたびマイル」で取ったので使ったマイルはたった6,000マイル。

宿泊した「NEXELアルファ鳴門」は2泊で7,800円。

飯代は「すし勝」と「すし一」が主で合計30,313円。

交通費の合計は5,470円。

トータルで50,782円。

分類 細目 費用
飛行機 ANA283便/ANA284便 6,000マイル
宿泊 NEXELアルファ鳴門2泊 7,800円
延長料金(4時間) 2,200円
飲食 セブンイレブン 219円
宝ラーメン 350円
すし勝 12,100円
キョーエイ 2,217円
Cafe de Giverny 1,100円
自販機 160円
すし一 12,300円
キョーエイ 1,867円
交通 タクシー 980→0円
電車 785円
路線バス(徳島空港→鳴門駅) 280円
バス(鳴門郵便局前→大塚国際美術館) 290円
バス(大塚国際美術館→小鳴門橋) 250円
タクシー 740円
タクシー 2,340円
電車 785円
タクシー 900円→0円
その他 大塚国際美術館 3,300円
あらたえの湯 700円
お土産 3,199円
合計 50,782円
ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記などを紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。