Kyash

【Kyash+モバイルSuica】で4%超の還元率。モバイルSuicaチャージはKyashで決まり!

モバイルSuicaを使っている人に質問です。

モバイルSuicaチャージは、いつも何のクレジットカードでしていますか?

ビューカードでオートチャージでしょうか?

人気の高い楽天カード、Yahoo! JAPANカード、リクルートカードなどでチャージしている人も多いかもしれませんね。

当記事で伝えたいのは、モバイルSuicaへのチャージ用クレジットカードとしては、「Kyash」が最強ということです。

「Kyash」を活用すると、モバイルSuicaチャージの還元率を、今よりも2.0%~3.0%アップできますよ。

モバイルSuicaチャージに使えるクレジットカードは3種類に分けられる

「Kyash」を紹介する前に、モバイルSuicaチャージについて復習しておきましょう。

モバイルSuicaチャージに使えるクレジットカードは、大きく3種類に分けられます。

オートチャージが可能で、モバイルSuicaチャージ分もポイント付与対象となるカード

まず、オートチャージが可能で、モバイルSuicaチャージ分もポイント付与対象となるカードです。

この条件を満たすのは、JRE CARDを代表とするビューカードのみです。

Suicaオートチャージのイメージ

オートチャージは不可能なものの、モバイルSuicaチャージ分もポイント付与対象となるカード

次に、オートチャージは不可能なものの、モバイルSuicaチャージ分もポイント付与対象となるカード。

例えば、Yahoo! JAPANカード、リクルートカード、リーダーズカードなどが挙げられますね。

オートチャージは不可能で、なおかつ、モバイルSuicaチャージ分もポイント付与対象外となるカード

最後に、オートチャージが不可能で、なおかつ、モバイルSuicaチャージ分もポイント付与対象外になるカード。

踏んだり蹴ったりですね。

三井住友VISAカード、JCBカード、dカードなどです。

あなたが、どの分類のカードを使っていても、これから紹介する「Kyash」を活用すると、モバイルSuicaチャージの還元率を今より2.0%~3.0%アップさせることができますよ。

とくに「踏んだり蹴ったり」のカードを使っている人にこそおすすめです。

「Kyash」はキャッシュバック率2.0%のVISAプリペイドカード

「Kyash」とはなにか?

「Kyash」アプリで簡単に発行できるバーチャルVISAプリペイドカードです。

Kyash - ウォレットアプリ

Kyash – ウォレットアプリ
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ

アプリ上で操作をすると、2-3分で使用可能なVISAカード番号を手に入れることができます。

もし、実店舗でも使いたかったら、「Kyash(リアルカード)」を発行することもできます。

※当記事の最後に、その最もお得な発行方法をご案内します。

Kyash(リアルカード)券面デザイン

この「Kyash」が凄いのは、キャッシュバック還元率です。

「Kyash」をVISA加盟店で利用すると、決済金額の2.0%が後日、「Kyash」の残高としてキャッシュバックされるのです。

アマゾンギフト券も、PayPayへのチャージも、楽天Payへのチャージも、Origami Payへのチャージも全て2.0%のキャッシュバック対象ですよ。

「Kyash」には、VisaもしくはMastercardブランドのクレジットカード、デビットカードを登録できます。

※国際ブランドのJCBのカード、及び、プリペイドカードは登録できません。

そして、ここが大事なポイントです。

「Kyash」決済額が、「Kyash」の残高を上回った場合、登録カードからその不足分が自動的にチャージされます。

「Kyash」残高が不足した状態で、「Kyash」を使うと、2%のキャッシュバックが受けられる上に、登録カードから「Kyash」への不足分のチャージも行われるということです。

例を挙げますね。

Yahoo! JAPANカードは、年会費永年無料で、Tポイント還元率が1%のクレジットカードです。

Yahoo! JAPANカードの新規入会キャンペーン

このYahoo! JAPANカードを「Kyash」に登録して、「Kyash」残高がゼロの状態で、「Kyash」でアマゾンギフト券を10,000円分購入したとしましょう。

すると、

Yahoo! JAPANカード⇒Kyash⇒アマゾンギフト券

という流れで瞬時に決済が完了します。

この結果、

  • Yahoo! JAPANカードで10,000円分、「Kyash」にチャージ
    ⇒Tポイント「100ポイント」獲得
  • 「Kyash」で10,000円分のアマゾンギフト券を購入
    ⇒「Kyash」の残高として「200円相当」がキャッシュバック

という事態が発生します。

Yahoo! JAPANカードで直接、アマゾンギフト券を買ったら、Tポイントを「100ポイント」獲得できるに留まります。

しかし、Yahoo! JAPANカードを登録した「Kyash」でアマゾンギフト券を購入すると、Tポイント「100ポイント」と同時に「200円相当」のキャッシュバックが得られるのです。

これが「Kyash」の凄さです。

「Kyash」でモバイルSuicaチャージを行うと、還元率3.0%以上になる

ここまで来たら、もうお分かりでしょう。

そう、この「Kyash」をモバイルSuicaに登録するのです。

「Kyash」で一度に6,000円以上、モバイルSuicaチャージするときは、2%のキャッシュバック対象となります。

また、例を挙げましょう。

リクルートカードは、年会費永年無料で、リクルートポイント還元率が1.2%のクレジットカードです。

リクルートカードの新規入会キャンペーン

このリクルートカードを「Kyash」に登録して、「Kyash」残高がゼロの状態で、「Kyash」でモバイルSuicaチャージを10,000円分行ったとしましょう。

すると、

リクルートカード⇒Kyash⇒モバイルSuicaチャージ

という流れで瞬時に決済が完了します。

この結果、

  • リクルートカードで10,000円分、「Kyash」にチャージ
    ⇒リクルートポイント「120ポイント」獲得
  • 「Kyash」で10,000円分のモバイルSuicaチャージ
    ⇒「Kyash」の残高として「200円相当」がキャッシュバック

と事態が発生します。

リクルートカードで直接、モバイルSuicaチャージを行ったら、リクルートポイントを「120ポイント」獲得できるに留まります。

しかし、リクルートカードを登録した「Kyash」でモバイルSuicaチャージを行うと、リクルートポイント「120ポイント」と同時に「200円相当」のキャッシュバックが得られるのです。

「Kyash+リクルートカード」でモバイルSuicaチャージしたときの合計の還元率は、3.2%にもなります。

「Kyash」を媒介とすると、モバイルSuicaチャージでポイントがつかないカードも救済される

先程、モバイルSuicaチャージに使えるクレジットカードを3種類に分けました。

  1. オートチャージが可能で、モバイルSuicaチャージ分もポイント付与対象となるカード
  2. オートチャージは不可能なものの、モバイルSuicaチャージ分もポイント付与対象となるカード
  3. オートチャージは不可能で、なおかつ、モバイルSuicaチャージ分もポイント付与対象外となるカード

でしたね。

一番損なのは、3番目の「オートチャージは不可能で、なおかつ、モバイルSuicaチャージ分もポイント付与対象外となるカード」です。

今までこれらのカードでモバイルSuicaチャージしていた人はいませんか?

そういう方にこそ「Kyash」を使っていただきたいです。

なぜなら、「モバイルSuicaチャージ分はポイント付与対象外となるカード」も「Kyash」チャージではポイントが貯まるからです。

※P-oneカードは「Kyash」チャージでポイントが貯まりません。

例えば、三井住友VISAカードでモバイルSuicaチャージしても、ワールドプレゼントのポイントは貯まりません。

しかし、三井住友VISAカードで「Kyash」にチャージすると、通常通りのワールドプレゼントポイントが貰えます。

三井住友VISAカードを登録した「Kyash」でモバイルSuicaチャージを行えば、

  • 三井住友VISAカードで10,000円分、「Kyash」にチャージ
    ⇒ワールドプレゼントポイント「10ポイント」獲得
  • 「Kyash」で10,000円分のモバイルSuicaチャージ
    ⇒「Kyash」の残高として「200円相当」がキャッシュバック

となります。

三井住友VISAカードで直接モバイルSuicaチャージすると、何の還元もありませんでしたが、「Kyash」を媒介とするだけでこれだけお得になります。

高還元率クレジットカード+Kyash+モバイルSuicaで、還元率3.0%以上に

当然、「Kyash」に登録すべきなのは、高還元率のカードということになります。

  • リーダーズカード
  • REX CARD
  • リクルートカード
  • Yahoo! JAPANカード
  • 楽天カード

などを「Kyash」に登録して、その「Kyash」でモバイルSuicaチャージするといいでしょう。

以下の記事も参考にしてください。

JREポイントも貯めると、還元率4.0%以上に

さらに、以下の黄色いJRE POINTマークのあるお店で、Suicaで支払いをすると、「200円=1ポイント」または「100円=1ポイント」のJRE POINTも獲得できます。

Suicaポイントクラブのマーク

以下の緑のJRE POINTマークのあるお店で、JRE POINTカードを提示した上で、支払いをすると、「100円=1ポイント」のJRE POINTも獲得できます。

JRE POINTのマーク

リーダーズカードは、キャッシュバック還元率1.257%のクレジットカードです。

リーダーズカードの新規入会キャンペーン

例えば、リーダーズカードを登録した「Kyash」でモバイルSuicaチャージをして、そのSuicaでJRE POINT加盟店で支払いをした場合、以下のような決済の流れとなり、合計の還元率は4.257%となります。

リーダーズカード⇒Kyash⇒モバイルSuicaチャージ⇒JRE POINTマークのお店で買物

【Kyash+モバイルSuica】を利用する上での注意点

【Kyash+モバイルSuica】を利用する上での注意点を述べておきましょう。

必ず、6,000円以上のモバイルSuicaチャージする

「Kyash」でモバイルSuicaチャージしたときにキャッシュバック対象となるのは、一度のチャージ金額が6,000円以上の場合です。

6,000円未満のチャージをいくらしてもキャッシュバックは発生しません。

必ず、一度に6,000円以上の金額をチャージするようにしましょう。

ビューカードのモバイルSuicaオートチャージは使えなくなる

モバイルSuicaに、JRE CARDなどのビューカードを登録して、Suicaオートチャージを利用していた人もいるでしょう。

ビューカードを「Kyash」に登録して、その「Kyash」でモバイルSuicaチャージを行うと、還元率はアップしますが、便利なオートチャージは利用できなくなります。

Suicaオートチャージを便利に使っていた人には、この辺、痛し痒しですね。

便利さを優先するか、ポイント還元率をアップさせるか、判断してください。

Kyashの利用限度額に注意

めちゃくちゃ便利な「Kyash」ですが、利用限度額があります。

アプリ内の「Kyash(バーチャルカード)」の場合、

  • 24時間あたりの利用限度額は3万円以下
  • 1回あたりの利用限度額は3万円以下
  • 1ヶ月間での利用限度額は12万円まで

となっています。

「Kyash(リアルカード)」を発行し、有効化すると、

  • 24時間あたりの利用限度額は5万円以下
  • 1回あたりの利用限度額は5万円以下
  • 1ヶ月間での利用限度額は12万円まで

にアップします。

Kyash(リアルカード)は「ポイントサイト」経由での発行がお得

上でも紹介しましたが、「Kyash(リアルカード)」を有効化すると、「Kyash」の利用限度額がアップします。

「Kyash(リアルカード)」は公式サイトから直接発行してもいいのですが、「ポイントサイト」を経由して発行すると、250円分のポイントを獲得できてお得です。

※バーチャルカードは対象外です。

現在、「Kyash(リアルカード)」の取扱いがあるポイントサイトは、株式会社ネットマイルの運営するすぐたまのみです。

すぐたまに登録後、すぐたま内の検索窓で「Kyash」と検索すると、以下の広告が表示されます。

すぐたまのKyash(リアルカード)案件

ポイント獲得条件は「新規カード発行完了」です。

iOS12以上のiPhoneユーザーの方は、「すぐたま」からKyashに申し込みをする前に、

「設定>Safari」から「サイト越えトラッキングを防ぐをオフに設定」をしてください。

この設定をしないと、条件を満たしていても、非承認となってしまう可能性があります。

当サイトは、「すぐたま公認ブログ」となっており、当サイト経由ですぐたまに登録をすると、上記の250円とは別に300円相当のポイントを獲得できます。

さらに、登録後の広告利用で追加で2,200円相当のポイントも獲得できますよ。よろしければ、以下の「すぐたま公認ブログ」限定バナーからご登録ください。

すぐたま公認ブログ限定バナー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。