ANA SFC修行 (8) 羽田⇔福岡(NH251/NH270)プレミアムクラス

[記事公開日]2015/06/23
[最終更新日]2017/11/25

ANA SFC修行8回目の行き先は福岡

佐賀県鳥栖市のベストアメニティスタジアム(通称ベアスタ)でJ1 第16節「サガン鳥栖 vs FC東京」の試合を見て、夜はTwitter仲間と天神で飲む予定。

今回予約した旅程とかかった費用、および、獲得したマイル、プレミアムポイントは以下の通り

55,680円で3,654プレミアムポイント獲得ですから、いわゆる「PP単価」は15,23円(55,680/3,654)。

利用日 便名 内容 クラス 運賃種別 費用 加算マイル ボーナス 合計 プレミアムポイント
6/20 NH 251 羽田-福岡 S プレミアム株主優待割引運賃 27,840円 708 354 1,062 1,817
6/21 NH270 福岡-羽田 S プレミアム株主優待割引運賃 27,840円 708 354 1,062 1,817

NH251のプレミアムクラス/Premium Gozen

11時半発の便だったため、今回はあまり睡眠不足にならずに出発。

出発1時間前に羽田空港に到着。ANAラウンジで休憩。

チケット確保に不安を覚えて、その場でeプラスで予約購入。宿泊予定のリッチモンドホテル博多駅前の近くにファミリーマートがあるみたいなので、ファミマ発券に。

NH251プレミアムクラスのPremium Gozen。ベアスタでスタグル(スタジアム・グルメ)を食べるつもりでいたので、完食はせず残した。

  • 厚焼き玉子
  • 鮭塩焼
  • さつま芋甘露煮
  • 焼蒲鉾
  • 鶏八幡巻き、ブロッコリー
  • とうもろこし入り薩摩揚げ
  • 酢蓮根、赤パプリカ、セロリ漬け
  • 野沢菜昆布
  • 煮物(里芋、蛸、南瓜、人参、隠元)
  • 枝豆ご飯

Premium Gozenには必ずおしながきがついてくるので、「へぇ、この食べ物、こういう名前なんだ」と勉強になる(笑)

NH251のPremium Gonzen画像

ANAプレミアムクラスのシートにはちゃんとパソコン用電源がある

朝からiPhone 6 Plusを使っていて電池残量が少量。いつものようにダンボーのモバイルバッテリーでiPhoneを充電していたら、隣のビジネスマンがおもむろに充電コードをシートに付いているパソコン用電源に挿した。

思わず「あ、(電源)あったんですね」と言うと、ビジネスマンがニッコリと。さっきから薄々とは気づいてはいたが、アルピニストの野口健さんだった。「野口健さんですよね?」と聞くと、笑顔で「はい」。「お仕事ですか?」と聞くと「講演で」とのこと。聞かれてないけど、「私はFC東京とサガン鳥栖の試合を見に(笑)」と。童顔で笑顔がさわやかな方だった。

鳥栖駅から見える、声援が聞こえるベアスタ

福岡空港到着後、タクシーを拾って、リッチモンドホテル博多駅前まで。

着替えてから外出。ファミリーマートで予約したチケットを発券。

博多駅から特急かもめ27号(長崎行き)に乗り込む。自由席は満席。座れない人がいるのに、隣の席にバッグを置いてるオヤジがいたので、「ここ空いてますか?」と言って空けてもらう。鳥栖までは1駅20分。

鳥栖駅に降りたらビックリ。

駅のホームからベアスタが見える。サポーターの応援合戦が聞こえる!

鳥栖駅からのベアスタ画像

跨線橋を渡って、スタジアムへ向かう。下の写真は跨線橋の階段から撮ったもの。テンション上がってきましたよ。

鳥栖駅跨線橋画像

サガン鳥栖とロマンシング佐賀2のコラボのミンチ天。200円。買ってみたが、表面がベチャッとしてて美味しくなかった(^_^;)

サガン鳥栖×ロマンシング佐賀2のミンチ天画像

J1 第16節「サガン鳥栖 vs FC東京」

アウェイ側2階席(立ち見席)はほぼ満席。

ベアスタアウェイゴール裏画像

空いてるところないかなぁと探してるうちにキックオフ。

サガン鳥栖対FC東京キックオフ画像

ゴール裏右端に空いてるスペースがあったので潜り込む。ベアスタ、ピッチまで近くて迫力あるね。

ピッチまで近いベアスタ

前半17分。相手の右コーナーキック。マークを外したキムミヌにヘディングで決められてしまう。以下の写真はちょうどその場面。この試合、セットプレーでは相手のエース豊田を森重・高橋秀人でガッチリマークしていた。

サガン鳥栖・金民友先制画像

ハーフタイムにビールを買いに走り、二杯目。だいぶいい気分になってきましたよ♪

ベアスタの生ビール画像

後半6分に三田啓貴に代わり、中島翔哉投入。翔哉の思い切りの良いプレーで流れが変わる。そして、後半24分、翔哉の振りの速いシュートで見事ゴール。同点。最高。

その後、ペナルティエリア内で前田が倒されて得たPKを森重が決め逆転。最高。

最後押し込まれる場面もあったが、このまま2-1で勝利。

翔哉が躍動し、(日本でのプレーが残り2試合の)武藤が必死のプレーを見せてくれる東京の左サイドを間近で見られて本当に楽しかった。ちょっと泣いた。

暑い中、ビールを飲みながら、チャントを聞きながらのサッカー観戦はホント楽しかったなぁ。

試合後は、博多まで戻り、ホテルで一休みした後、Twitter仲間と飲み会。20時から25時近くまで飲んだ。飲み過ぎた。

NH270のプレミアムクラス/Premium Gozen

二日目。11時過ぎにフロントからのコールで目覚める。「ご延長でよろしいでしょうか?」「19時までのデイユースをお願いします」「かしこまりました、4,800円になります」。

二度寝。

起きたのが14時半。

博多阪急をぷらぷらして、「ELLE CAFE」というおしゃれなカフェで胃に優しい感じのごはんを食べる。結構美味しかった。

エルカフェ (ELLE CAFE) – 博多/カフェ [食べログ]

博多阪急ELLE CAFE画像

帰りのNH270のPremium Gozen。お腹すいてたので完食。肉豆腐がとてもうまかった。

  • 蒸し鶏もやし胡瓜ナムル
  • 枝豆
  • 海老旨煮
  • トマト密煮
  • 海老ハトシ
  • 里芋から揚げ
  • 厚焼き玉子
  • 太刀魚酒塩焼き
  • 花蓮根
  • 煮物(南京、蒟蒻、椎茸、オクラ)
  • 肉豆腐(牛肉、厚揚げ豆腐、牛蒡、餡)
  • じゃが芋とベーコンのご飯

NH270のPremium Gozen1画像

NH270のPremium Gozen2画像

NH270のPremium Gozen2画像

今回の旅行でプレミアムポイントが、28,064ポイントになった。

来月の那覇旅行で来年度「ANAブロンズサービス」基準に到達する予定。

次の修行記は以下になります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ