プリンスステータスサービス(SEIBU PRINCE CLUB)

東京から「小江戸」川越1泊2日旅行(川越プリンスホテル宿泊)

前から気になっていた川越に1泊2日で行ってきました。

日程は、2021年3月29日(月)~30日(火)。

背中を押してくれたのは、プリンスホテルのキャンペーン。

東京から川越への泊まり旅行を考えている方は、以下の旅行記を参考にどうぞ。

プリンスホテルの「LOOK & TASTE Spring」キャンペーンに背中を押され、川越旅行計画を立てる

プリンスホテルが「LOOK & TASTE Spring」キャンペーンを実施中。

プリンスホテルの「LOOK & TASTE Spring」キャンペーン

対象の13ホテルに泊まると、館内のレストランの利用料金が20%割引、さらに5,000円分の館内チケットをプレゼントしてくれるというもの。

期間 2021年3月12日(金)〜4月23日(金)
対象 宿泊のお客さま
対象ホテル ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町/ザ・プリンス パークタワー東京/ザ・プリンス さくらタワー東京/
グランドプリンスホテル高輪/高輪 花香路/グランドプリンスホテル新高輪/
東京プリンスホテル/品川プリンスホテル/新宿プリンスホテル/サンシャインシティプリンスホテル/
東京ベイ潮見プリンスホテル/新横浜プリンスホテル/川越プリンスホテル

前々から気になっていた、「小江戸」川越に行くことにした。

川越プリンスホテルの公式サイトから、ダブルルームC(19平米)の部屋を予約。

室料のみ(朝食なし)、COEDOビール3種付きのプランで8,247円(税込)。

副都心線で川越駅へ

川越のことをよく知らないので、最寄り駅の本屋で『ブラタモリ 3 函館 川越 奈良 仙台』を購入。

Google Mapsによると、明治神宮前(原宿)駅から副都心線に乗ると、乗り換え無しで川越駅まで行くようだ。

副都心線で川越まで

明治神宮前(原宿)駅からFライナーという急行電車に乗車。

和光市の手前で地上に浮上。

乗車時間は45分くらいだったと思うが、読書に夢中になっていたのであっという間に川越駅着いた感じ。

川越プリンスホテルにチェックイン

川越プリンスホテルがあるのは川越駅ではなく本川越駅

川越駅から歩くと10分程度とのこと。スーツケースがあるので歩きたくない。

川越駅から本川越駅に行くバスが出ていたので利用。100円。

13:20くらいに川越プリンスホテルに到着。

チェックイン時に「LOOK & TASTE Spring」キャンペーンの説明を受ける。

私はプリンスステータスの「ゴールドメンバー」。

ゴールドメンバーの特典の一つ「3アワーズフリープログラム」の適用もお願いする。

「3アワーズフリープログラム」とは、宿泊の滞在時間をアーリーチェックイン、レイトチェックアウト合計で3時間延長できる特典のこと。

川越プリンスホテル「ダブルルームC」はこんな感じ

手配された部屋は6階。

ビジネスホテルのような部屋。

川越プリンスホテルのダブルルームC(窓側)1

川越プリンスホテルのダブルルームC(窓側)2

川越プリンスホテルのダブルルームC(ベッド側)1

川越プリンスホテルのダブルルームC(ベッド側)2

グラス類。

川越プリンスホテルのグラス類

久しぶりのユニットバスだ。

川越プリンスホテルのダブルルームCのユニットバス

洗面所とシャワーの水栓は、水とお湯を調整するタイプだった。失敗すると「熱っ!」ってなるやつ。

川越プリンスホテルのダブルルームCのユニットバス

バスタオルは2枚用意されていてよかった。

コエドビールは冷蔵庫の中で冷やされていた。

川越プリンスホテルのコエドビール

川越が「小江戸」と呼ばれることは知っていたが、コエドビールの本社が川越にあることは今回初めて知ったよ。

窓からの眺め。

丸広百貨店が見える。

川越プリンスホテルから丸広百貨店

「LOOK & TASTE Spring」キャンペーンで貰った5,000円分の館内チケットは今晩の晩飯に利用しよう。

和食レストランの「和食むさし野」を開店時間の17:30に予約。

蔵造りの町並み

早速観光に行ってこよう。

蔵造りの町並みがある場所まで多少歩くようなので、駅前から適当にバスに乗った。

「仲町」というバス停で降りる。

すぐにこの町並みが目に飛び込んでくる。

川越の黒漆喰の土蔵造りの家1

川越の黒漆喰の土蔵造りの観音開き

こちらは保岡勝也・設計という山吉デパート(現・保刈歯科醫院)。

川越の保岡勝也・設計という山吉デパート(現・保刈歯科醫院)

こんな感じの家屋が連なっているので迫力あるよ。

川越の観光客

しかし、観光客が数がすごい。

平日だからと油断していたが、春休みだから、学生が多いのか。

歩道にたくさん観光客が歩いていて、車も普通に通るから危ない。

市指定有形文化財の原家住宅。

川越の市指定有形文化財の原家住宅1

川越の市指定有形文化財の原家住宅2

川越のシンボル「時の鐘」ね。

川越のシンボル「時の鐘」

これは川越の町並みに溶け込んだスターバックス。

川越の時の鐘の近くのスターバックス

新河岸川沿いの満開の桜を見る

新河岸川の桜を見に行く。

人の流れもそちらに向かっている。

途中に、復元された川越城の中ノ門堀。

川越城の中ノ門堀1

有名な河越夜戦はこのあたりで行われたのか。

中ノ門堀の前の通りがすごく広いぞ。

川越城の中ノ門堀2

川越氷川神社はお祭りかってくらい混み合っていた。

川越氷川神社

縁結びの神様として有名らしく、若い男の子が末社にまで次々とお願いしていて可笑しかった・・・笑

川越氷川神社の中を通って、新河岸川へ。

桜が見事。

川越の新河岸川の桜1

花びらの絨毯になっていた。

川越の新河岸川の桜2

川越の新河岸川の桜3

西へ歩いていく。

川越の新河岸川の桜3

川越の新河岸川の桜4

田谷堰というところで折り返す。

川越の新河岸川の桜5

歩き疲れたので、ここで「Goタクシーアプリ」でタクシーを呼んだ。

GO タクシーが呼べるアプリ 旧MOV×JapanTaxi

GO タクシーが呼べるアプリ 旧MOV×JapanTaxi
開発元:Mobility Technologies Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

丸広百貨店でお酒とつまみを購入

ホテルに直行せず、丸広百貨店に行ってもらう。

川越の丸広百貨店

アメックスギフトカードの残額が結構残っているので、それを利用したい。

アメックスギフトカードの購入は、アメックスの入会キャンペーンの条件(○ヶ月以内に○万円利用)をクリアするのに使える。

例えば、アメックスプラチナの入会キャンペーンで満額のボーナスポイントを貰うためには、入会3ヶ月以内に100万円のカード利用が必要。

その条件をクリアするのに、アメックスギフトカードの購入が使える。もちろん、アマゾンギフト券でもいいけど。

地下食品売り場で川越のお酒「鏡山」とツマミを買った。

丸広百貨店の西側に面した通りは賑わっていた。「クレアモール」と言って、川越駅から1.2kmも続くショッピングストリートとのこと。

16時に部屋に戻り、休憩。

これが丸広百貨店でアメックスギフトカードで購入したもの。

川越の丸広百貨店で購入したもの

川越プリンスホテル「和食むさし野」で晩飯

17:30に2階の和食レストランの「和食むさし野」へ。

川越プリンスホテル「和食むさし野」の外観

テーブル席とカウンター席どちらも選べたが、カウンター席へ。

「撫子会席」というやつ(4,800円)を注文する。

ふぅ、今日はよく歩いた。

川越プリンスホテル「和食むさし野」のビール

前菜はすぐ出てきた。本当にちょっとずつの前菜。

エビ団子とイカ団子の入ったお椀は熱々の状態で出てきた。いいね。

川越プリンスホテル「和食むさし野」のお椀

お造り。タイとサワラがいいね。

川越プリンスホテル「和食むさし野」のお造り

煮物も温かい状態で出てきた。

川越プリンスホテル「和食むさし野」の煮物

ここまではぽんぽんぽんと出てきた。

川越の日本酒「鏡山」の純米吟醸。スルッと飲める優しい感じのお酒だ。

川越プリンスホテル「和食むさし野」の「鏡山」の純米吟醸

和牛、美味かったよ。おじさんはこれくらいでいいんだよ。

川越プリンスホテル「和食むさし野」の和牛

天ぷらも熱々で。

川越プリンスホテル「和食むさし野」の天ぷら

最後は握り。握りはベチャッとしたお米で握りっぽくはなかったかな。

川越プリンスホテル「和食むさし野」の握り

1時間位でサクッと食べた。

本来なら7,315円だが、20%割引の上に5,000円割引で852円。

部屋付で会計しようとしたが、何かトラブっている。

停電したとかで部屋付にできないらしい。

クレジットカードで決済。

部屋でU-24日本代表のアルゼンチン戦を見る

今日のU-24日本代表の対アルゼンチン戦はBSでの放送。ホテルのテレビ、BS映ってよかったよ。

川越プリンスホテルの部屋でU-24日本代表線を鑑賞

今日の会場は北九州のミクニワールドスタジアム(通称ミクスタ)。いいところだな。

コエドビール飲みながら観戦。

川越プリンスホテルの部屋でコエドビール

前回に続いてスタメン起用の久保に期待。

要所要所でいいプレーをしていた。2点目、3点目のお膳立ても。

コエドビール3本飲み干す。

パジャマあったけど、セパレートではない、腹がスースーするタイプ。なので使わなかった。

川越プリンスホテルのパジャマ

フロントに朝刊を頼んでから寝る。

ブッフェレストラン「エトワール」で和朝食

7:00に起床して、7:30に9階のブッフェレストラン「エトワール」へ。

ガラガラだが、それでも人と離れた席へ。

川越プリンスホテルのブッフェレストラン「エトワール」1

和食を注文。2,200円(税込)。

川越プリンスホテルのブッフェレストラン「エトワール」の和朝食

各テーブルには透明の衝立が置かれている。

川越プリンスホテルのブッフェレストラン「エトワール」の衝立

かなり安心した状態で食べられた。

朝食も20%割引してくれた。

仙波東照宮

部屋に戻って朝刊を読む。2戦連続スタメンを任された久保、板倉で2点取ったわけだな。

川越プリンスホテルの朝刊

昨日午後に観光エリアを回ったら春休みの中高生で滅茶苦茶混んでいた。

今日は早めに行ってこよう。

9時にホテルを出て、徒歩で喜多院に向かう。

このあたりは碁盤目状に道路が整備されていて、見通しがいい。

川越市内の碁盤目状の街区

喜多院の隣に仙波東照宮があったのでまずはそちらへ。

川越市内の仙波東照宮

日光東照宮と久能山東照宮とここが日本三大東照宮だそうだ。

由緒は以下を参照。

元和2年(1616)駿府城で徳川家康が亡くなると一旦久能山に葬りましたが、元和3年(1617)日光山に改葬の途中、3月23日から26日までの4日間、遺骸を喜多院に留めて天海僧正が導師となり大法要を営みました。そのことから境内に東照宮が祀られ、寛永10年(1633)には立派な社殿が造営されました。ところが寛永15年(1638)の川越大火により類焼したため、徳川家光公の命により川越藩主堀田正盛が奉行となって直ちに再建に着手しました。寛永17年(1640)に完成したものが現在の社殿です。

参考:https://www.kawagoe.com/kitain/history-culturalasset/cultural-asset/spot10.html(リンク切れ

随神門。

川越市内の仙波東照宮の随神門

石鳥居。

川越市内の仙波東照宮の石鳥居

拝殿は非公開。

川越市内の仙波東照宮の拝殿

喜多院で江戸城から移築された家光誕生の間と春日局の間を拝観する

東照宮の境内から喜多院へ。

桜いっぱいの境内。屋台も出ている。いい雰囲気。

喜多院の境内1

喜多院の境内2

江戸城紅葉山(皇居)の別殿を移築したという、客殿(徳川家光誕生の間)と書院(春日局化粧の間)を拝観する。

※撮影禁止

川越で東京には残っていない江戸城の遺構を見るというのも不思議なもんだね。

江戸城の遺構は、お堀、石垣、城門、櫓、番所は残っているけど、御殿は残っていないからね。

多宝塔と桜。

喜多院の多宝塔

本殿。

喜多院の本殿

桜満開の境内、そして、混んでない境内、良いな。

喜多院の境内3

昨日の川越氷川神社とは大違いだ。

売店横の入口位から五百羅漢像も見学。色んな表情している。

順番が違うが、最後に山門を撮影。

喜多院の山門

山門は、

棟札を見ると寛永9年(1632)に天海僧正により建立されたことが分かり、寛永15年(1639)の川越大火で焼失を免れ、喜多院では現存する最古の建物です。

参考:https://www.kawagoe.com/kitain/history-culturalasset/cultural-asset/spot06.html

とのこと。

去年の大河ドラマが『麒麟がくる』で明智光秀が主人公だったが、「天海=明智光秀説」なんてのもあるんだよな、、、笑

時刻は10:30。

もう一度蔵造りの通りを見に行こう。

再び、「Goタクシーアプリ」でタクシーを呼んで、札の辻まで。

初回限定クーポン!
GO タクシーが呼べるアプリ 旧MOV×JapanTaxi

GO タクシーが呼べるアプリ 旧MOV×JapanTaxi
開発元:Mobility Technologies Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

「GO」新規登録で500円分の割引クーポンが貰える。

さらに、「GO」アプリをインストール後に、以下のクーポンコードを登録すると、合計2,000円分の割引クーポンが貰える。

暑い時期、寒い時期に活用してください。

クーポンコード mf-y9k9tc

※毎月先着30,000名。

再び蔵造りの町並みを見学

重要文化財の大沢家住宅。現存する関東地方最古の蔵造りで、国の重要文化財。

川越の大沢家住宅1

川越の大沢家住宅2

『ブラタモリ3』によれば、防火対策を施したこの大沢家住宅が、川越大火(1893年)で例外的に焼失を免れたことから、川越商人が東京から大工や左官などの江戸職人を呼んで、蔵造りの町家を次々に建設するきっかけとなったとのこと。

その結果、東京には残っていない江戸の町並みが川越に残ることに。

川越は空襲を受けなかったということも大きいのだろう。

参考:総務省|一般戦災死没者の追悼|川越市における戦災の状況(埼玉県)

時の鐘周辺も昨日ほどは混んでないね。

川越の時の鐘周辺1

川越の時の鐘周辺2

再び原家住宅。この重厚感、いいね。

川越の原家住宅4

川越の原家住宅5

川越の原家住宅6

旧埼玉りそな銀行川越支店蔵の街出張所。保岡勝也設計で、2020年まで現役の店舗として使われていたらしい。

旧埼玉りそな銀行川越支店蔵の街出張所1

旧埼玉りそな銀行川越支店蔵の街出張所2

桜を誘われ、蓮馨寺にも立ち寄る。

川越の蓮馨寺

11:30に部屋に戻る。

川越プリンスホテルの「中国料理 古稀殿」で昼飯

朝食食べたの7:30だからもうお腹空いてきた。

12:30に2階の「中国料理 古稀殿」へ。

川越プリンスホテルの「中国料理 古稀殿」の入り口

五目つゆそばを注文。

五目あんかけラーメンね。

川越プリンスホテルの「中国料理 古稀殿」の五目つゆそば

エビ、以下、チャーシュー、たけのこ、白菜など熱々の具材がたくさん。

美味しく頂いた。こちらも20%割引。

晩、朝、昼、3食全てホテルで食べたことになる。

川越プリンスホテルをチェックアウト

部屋に戻って、シャワー浴びて、帰り支度。

帰りは特急レッドアロー号に乗ろうかなと思ったけど、到着駅が西武新宿駅なのでやめた。小田急線改札までスーツケース引いて歩くのがだるいわ。

行きと同様、川越駅から副都心線直通東武東上線に乗ろう。

14時にチェックアウト。

支払いは以下で、合計12,066円。

宿泊プラン 8,247円
むさし野 852円
エトワール 1,760円
古稀殿 1,207円
合計 12,066円

お得に川越1泊旅行を楽しめた。

14:35のFライナーに乗車。行きと同様、明治神宮前(原宿)乗り換えで帰宅した。

川越駅からFライナーに乗車

旅行記ご覧頂き、ありがとうございます。

次のプリンスホテル泊は、6ヶ月後の大磯プリンスホテルです。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記などを紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。