寿司

ドバイ2泊4日旅行記 (5) アトランティス・ザ・パームの「NOBU」で晩飯

ドバイのアトランティス・ザ・パームにある「NOBU」で晩飯

ドバイ2泊4日旅行記の「(5) アトランティス・ザ・パームの「NOBU」で晩飯」です。

前後の旅行記もあわせてご覧ください。

アトランティス・ザ・パームの「NOBU」で晩飯

1時間くらいホテルで休憩。

晩飯は18時からアトランティス・ザ・パームの「NOBU」。

また、Uberを呼び、パーム・ジュメイラに向かう。

これは建設中なのか、解体中なのか?

ドバイの建設中か解体中の高層ビル

パーム・ジュメイラのメインストリート(幹の部分)に建つマンション群。賃料どれくらいなのだろう。

なお、葉の部分には一軒家が建っている。

18時10分すぎに、アトランティス・ザ・パーム内の「NOBU」に到着。

アトランティス・ザ・パームの「NOBU」の入口

店内に入ると、「い(!!)らっしゃいま(!)せー」という独特の掛け声が聞こえてきた(笑)

まだ全然お客さんいない。

店員に枝豆すすめられたので、貰った。

まずはアサヒビール。

NOBUでビール

この日いた唯一の日本人で、つきっきりで対応してくれたイワタさん。

NOBUのイワタさん

おまかせでお願いした。

最初に出てきたツマミはこれ。

NOBUの3品メニュー

ソウルのウェスティンホテルの「鮨朝(SUSHI CHO)」は江戸前だったが、ドバイまで来るとさすがに洋風になるようだ。

サーモンのウニ乗せにしょうゆかけて熱々オリーブオイルがけ。なお、やはり、サーモンが一番人気があるとのこと。

NOBUの3品メニュー

トロだったかサワラだったかの炙りのキャビア乗せ。

NOBUの3品メニュー

ハマチのハラペーニョ乗せ。

NOBUの3品メニュー

これはこれで美味しい。

ちっちゃな手羽先。

NOBUの3品メニュー

日本酒飲みたくなったのだが、メニュー見ると、めっちゃ高いので、しばらく保留。

ドバイで銀鱈の西京焼き。

NOBUの銀鱈の西京焼き

スズキは塩で。

NOBUのスズキの握り

保留したが、やっぱり日本酒頂くことに。

「北雪」っていう佐渡のお酒の純米大吟醸で、2合で530ディルハム(約15,900円)。

「NOBU」が「北雪」を入れるようになったのは、ロサンゼルスで矢沢永吉さんに勧められたのがきっかけと言っていた。

NOBUの北雪

とろけるサワラのヅケ。

NOBUのサワラのヅケ

サーモンのトリュフ乗せ。

NOBUのサーモンのトリュフ乗せ1

ホタテの下にウニが隠されている。

NOBUのホタテとウニの握り1

NOBUのエビ

メニューにないやつと言って出してくれた。

NOBUのウニ・キャビア・いくら

鹿児島の和牛のあぶり。香りよくて、柔らかくて、ここは焼肉屋か。

NOBUの鹿児島の和牛(A5)のあぶり

20時近くになると、人入ってきた。

NOBUの混雑状況

酒のつまみにと出してくれたうざく。

NOBUのウニ・キャビア・いくら

ホタテとサーモンをおかわり。

NOBUのホタテとウニの握り2

NOBUのサーモンのトリュフ乗せ1

デザートは、すり傷の目立つお重に入って出てきた(笑)

抹茶アイスもフォンダンショコラも美味しいんだけど。

NOBUのデザート

NOBUのコーヒー

ふぅ、だいぶ酔っ払った。

イワタさんには、ドバイのことやイワタさん自身のことなど色々教えてもらった。

またドバイ来ることがあったら、ぜひ伺いたい。

イワタさんにお礼を言って、21時前に店を出た。

支払いは、

「おまかせ」が350ディルハム、北雪が530ディルハム、ビールが57ディルハム、枝豆が40ディルハム、コーヒーが30ディルハム、SM Fijiという謎のチャージが18ディルハム、チップが100ディルハムで、合計1,125ディルハム(35,523円)。

なお、今回の旅行でかかったトータルの費用については最後の記事にまとめてある。

店を出た後、適当に歩いていたら、巨大な水族館があった。娘のためにサメを撮ってLINEで送る。

アトランティス・ザ・パームの巨大水族館

セクシーな水着の店が。目だけを除いて全身黒い衣装(「アバヤ」というらしい)で覆っている若い女の子が、こういう店の前を普通に歩いているから、なんか面白い。

アトランティス・ザ・パームの下着屋

この「バティール」という店で、ドバイ土産のデーツとチョコレートを買った。

アトランティス・ザ・パームのBateel

アトランティス・ザ・パームのBateelのデーツ

アトランティス・ザ・パームのBateelのチョコレート

アトランティス・ザ・パームを出て、タクシー乗り場へ。

行き先を告げたら「レクサス!ワンハンドレッド!」と言われた。お酒で気分が大きくなってて「オーケー、オーケー」と言ってしまい、レクサスでホテルへ帰ることに。

「100ディルハムは高かったかな?」と思ったけど、Uber呼んでもそれくらいかかるから、まいっか。

21時40分位にホテルに到着。

お酒を飲み足りない

旅先ではいつも深夜2時、3時まで飲み歩いているので、まだ飲み足りない。

ホテル最上階に「Vault」というバーがあったなと思い出し、行ってみたが、立ち客が出るほどの大繁盛。しかも、友達、恋人と楽しんでる人ばかり(笑)

とても一人で入っていける感じではないので退散。

ルームサービスもこんな値段だし、その後は飲むことなく寝た。

JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイのルームサービスのビール料金

続きは以下をご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。