ビューカードの審査期間を短くして、審査結果を早く知る方法

[記事公開日]2017/09/03

ビューカードの「審査期間を短く」して、「審査結果を早く知る」方法を紹介します。

審査期間を短くする方法

ビューカードの申込方法は「3通り」あります。

※なお、ここでは「仮カード」の即日発行については取り上げません。詳しくはリンク先をご覧ください。

  • インターネット(Web完結
  • インターネット(書類返送
  • 郵送

この中で一番審査期間が短くなるのは、1の「インターネット(Web完結)」です。

ビューカードを「インターネット(Web完結)」で申込むためには、「オンライン口座振替設定」が必要となります。

「オンライン口座振替設定」とは、インターネットからのビューカード申込みと同時に支払い口座(クレジットカード利用代金の引き落し口座)の登録手続きを済ませることです。

「インターネット(書類返送)」ですと、「口座振替依頼書を郵送してもらい、返送する」という手間が発生し、審査に時間がかかります。

「インターネット(Web完結)」は、その手間を省くために、審査期間を大幅に短くできるのですね。

  • インターネット(Web完結)の審査期間 ⇒ 1週間
  • インターネット(書類返送)の審査期間 ⇒ 2週間

となります。

「オンライン口座振替設定」の提携金融機関は以下の通りです。

オンライン口座振替サービス提携金融機関
三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行 三井住友銀行
地方銀行 ゆうちょ銀行 住信SBIネット銀行
信用金庫 埼玉りそな銀行 りそな銀行
新生銀行

審査結果を早く知る方法

上の「インターネット(Web完結)」でビューカードに申込んだ場合、審査結果が分かるのは、通常、申込みから1週間後です。

  • 「本人限定受取郵便物到着のお知らせ 特定事項伝達型(特伝型)」の封筒が届く。
    ⇒審査通過
  • ペラペラの封筒が届く。
    ⇒審査落ち

となります。

しかし、もっと早く審査結果を知る方法があります。

ビューカードを「インターネット(Web完結)」で申込みをしたら、翌日以降にビューカードデスクに電話してください。

そして、

  • 名前
  • 住所
  • 生年月日
  • 電話番号

を伝えて、カードの発行状況を尋ねてみてください。

その時点ではカードが発行されていれば「審査通過」。
発行されていなければ、「審査落ち」または「審査中」ということになります。

ビューゴールドプラスカードを申込んだ場合の実例

実際にビューゴールドプラスカードを申し込んでみたので、

  • カード到着までの時間
  • 審査判定までの期間

を紹介します。

カード到着までの時間

8月24日の19時に、インターネットから「インターネット(Web完結)」で、ビューゴールドプラスカードの申込みをしました。

8月31日に、「本人限定受取郵便物到着のお知らせ 特定事項伝達型(特伝型)」の封筒が届きましたので、郵便局に電話して、19時にカードを受け取りました。

カードの受取りには、申込時に本人確認書類として指定したパスポートの提示が必要でした。

ビューゴールドプラスカードの申込みから到着までの期間はジャスト「1週間」でした。

審査判定までの期間

審査は審査機関で行われますので、正確にいつ審査が終わったかは分かりません。

しかし、おおよその時期はつかむことができます。

カードが添付されていた台紙には、「ご入会日」が記載されています。

その日付は「8月25日」。

つまり、申込み翌日には、ビューゴールドプラスカードに入会できていたということですね。

申込みから入会までの期間は「1日」ということになります。

申込みから審査判定までの期間は「1日未満」ということができますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ