寿司

札幌・仙台2泊3日旅行記 (2) 「鮨 西光」でマイラーホステスさんと再会

札幌の「鮨 西光」のマスノスケ

札幌・仙台2泊3日旅行記の「(2) 「鮨 西光」でマイラーホステスさんと再会」です。

前後の旅行記もあわせてご覧ください。

「鮨 西光」でマイラーホステスさんと再会

19時にすすきのの寿司屋へ。

このビルの地下1階。

札幌Ngrandビル

店の前でホステスのAさんと2年半ぶりに再会。

「鮨 西光」。

【移転】鮨西光 – すすきの/寿司 [食べログ]

鮨西光 – すすきの/寿司 [食べログ]

札幌の鮨 西光の入口

感じの良い大将が迎えてくれる。

カウンター8席で、先客はおじいちゃんが1人だったが、その後7席が埋まった。

私はビールで、Aさんは最初から日本酒。ビールは飲めないらしい。

旨そうなものが並ぶネタケース。

札幌の鮨 西光のネタケース1

札幌の鮨 西光のネタケース2

Aさんに北海道胆振東部地震の停電で大変だった話を聞いた。

その後はずっとマイル・ホテルポイント話に・・・

SFC修行。

私は1年かけて50,000PP稼いだが、彼女は短期間にとんでもないPPを稼いでいた。恐るべし(笑)

昔っから男っぽい性格で収集癖があるとのこと。

ツマミはシマエビ、アワビ、かぼちゃから。Aさんは「お皿が美しい」と。なるほど、目の付け所がシャープ。

札幌の鮨 西光のアワビ、かぼちゃ、シマエビ

次に、マグロ、甘エビ、クジラと濃厚なの3種。

札幌の鮨 西光のマグロ、甘エビ、クジラ

白身魚が取れない印象のある北海道だが、この石鯛は北海道産とのこと。石鯛美味しかったので後で握りで追加することになる。

札幌の鮨 西光の石鯛とつぶ貝

マス、タコ、山わさびで漬けたというタラコ。二世古の特別純米を頼む。

札幌の鮨 西光のマス、タコ、山わさびで漬けたというタラコ

しょっつるとキノコ出汁で煮たというハタハタ。めちゃ旨い。

札幌の鮨 西光のはたはた

確か、この辺で「もう握ります?」と聞かれたんだっけか。もう少しつまみをお願いする。

アオリイカ。ガリも旨いよ。

札幌の鮨 西光のアオリイカ

毛蟹。

札幌の鮨 西光の毛蟹

プルプル秋刀魚。

札幌の鮨 西光の秋刀魚

マスノスケ(国内産キングサーモン)。シットリとしてて脂の甘味、濃厚さが凄い。

札幌の鮨 西光のマスノスケ

ここから握り。

平目の昆布締め。

札幌の鮨 西光の平目の昆布締め

マグロ。

札幌の鮨 西光のマグロ

Aさんはここで早めに退出。地震で店が営業できない期間があったため、出勤時間が足りないとのこと。

ボタンエビは手渡しで。

札幌の鮨 西光のボタンエビ

2合目は「刈穂 純米吟醸「吟風」」というやつを。

原木椎茸、花咲カニ、ユリ根、インカのめざめが入った茶碗蒸し。こんな旨い茶碗蒸し食べてことがなかったので、それを素直に大将にお伝えした。

札幌の鮨 西光の茶碗蒸し

「鮨 西光」の由来が気になった。平清盛の時代の西光じゃないよなぁ。大将の姓名から一時ずつ取ったものだった。

キンキも手渡し。手が乾燥している(笑)

札幌の鮨 西光のキンキ

塩で食べるシャキシャキのホタテが超旨い。

札幌の鮨 西光のホタテ

右隣の男性二人が帰った後、香港人のカップルが来訪。

「どうやってこの店を知ったのか?」聞いたところ、友達がこの店をアピールするCMに出てるそうだ。

大将は、魚辞典を使ったりして、魚の説明をしていた。

このカップルに日本酒をご馳走してもらう(笑)

いくら細巻き。

札幌の鮨 西光のいくら細巻き

ウニも手渡し。

札幌の鮨 西光のウニ

タマゴで一通り。

札幌の鮨 西光の卵

別の男性二人が帰った後には、香港人の女性二人が来店。広東語が飛び交う不思議な空間に。時代は変わったもんだ。

追加で石鯛、ホタテ、コハダ。

札幌の鮨 西光の石鯛

札幌の鮨 西光のホタテ

札幌の鮨 西光のコハダ

「鮨 西光」は近々近所に引っ越されるらしい。それでも、席が2つ増えるだけとのこと。お客さん一人ひとりとの距離感を大事にしたいとのことだった。

めっちゃ美味しい寿司がいただけて大満足。

新店にもぜひ行ってみたいね。

すすきののニュークラブ

21時半に店を出て、Aさんのお店に。

訪れたのは2年半前なのだが、店のレイアウトとか全く覚えてなかった。

2年半前も随分と酔って訪れたのだろうね(笑)

でも、タッチパネル式のメニュー注文は覚えている。2年半前も「革新的だ」と思った。女の子はグラス1個頼むのにもタッチパネルなのだよ。

北海道らしいチャームを頂く。

北海道らしいチャーム

ここでもずっとマイルとホテルポイント話。

Aさんのお客さんの中に、私のブログを見てくれてる人がいるという衝撃的な事実を知る(笑)

その方は、YouTuberのおのださんのファンでもあるらしい(笑)

Aさんは指名がかぶっているらしく、2回別の席に。

24時頃、お開きに。

この手の話は普段なかなか話せる人がいないので楽しかった。

※当記事はAさんの許可を得て書いている。念の為。

タクシーを拾って、ホテルへ。

サッポロクラシックを少し飲んだ後、ゴロンとしたらそのまま寝てしまった。

翌日の旅行記は以下をご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。