未分類

SFJ運航便はANA or スターフライヤーどちらで予約するのが得か?

ANAサイトで飛行機を予約しようとして、「SFJ運航便」という表記を見たことはありませんか?

これはSFJ(スターフライヤー)運航便という意味です。

スターフライヤーは北九州空港を拠点とする航空会社で、国内線6路線、国際線2路線を運航しています。

スターフライヤーの路線図

スターフライヤー運航の国内線は、そのほぼ全ての便がANAとの共同運航便(コードシェア便)となっています。

それが意味するところは、スターフライヤーのトレードマークであるあの黒いエアバス320で飛ぶ便を、

の両方で予約できるということです。

スターフライヤーのサイトで予約した場合は便名は「SFJ◯◯◯」となります。ANAのサイトで予約した場合は便名は「ANA◯◯◯◯」となります。

スターフライヤーの黒いAIRBUS A320型機

引用:航空会社スターフライヤー(SFJ)公式サイト/機材・シートマップのご案内

では、どちらから予約した方がいいのでしょうか?

SFJ運航便をスターフライヤーのサイトで予約した場合のメリット・デメリット、ANAのサイトで予約した場合のメリット・デメリットについて紹介したいと思います。

SFJ運航便をスターフライヤーのサイトで予約した場合のメリット・デメリット

メリット(1)料金が安い

まずメリットですが、スターフライヤーのサイトで予約した方が料金が安いです。

2017年11月3日に、11月15日9:10羽田発のANA3875便(スターフライヤー運航便)を予約しようとしたのですが、ANAのサイトでは最低価格が「特割」で、28,990円でした。

ANA3875便の予約料金

2017年11月3日に、同一の便をスターフライヤーのサイトで予約しようとすると(便名はSFJ075)、「STAR7」で、21,990円でした。

スターフライヤーのサイトで予約した方が、7,000円も安いです!

SFJ075便の予約料金

メリット(2)特典航空券必要マイル数が少なくて済む

スターフライヤーのサイトで予約すると、当然ですが、スターフライヤーのマイレージプログラム「STAR LINK」のマイルが貯まります。

「STAR LINK」のマイルを一定数貯めると、特典航空券に交換できますが、その必要マイル数はANAマイレージクラブに比べて少なくて済みます。

1区間 2区間
羽田-北九州、福岡、山口宇部 R 7,500
L 5,500
R 12,000
L 9,500
中部-福岡 R 7,500
L 5,500
R 12,000
L 9,500
北九州-那覇 R 7,500
L 5,500
R 12,000
L 9,500
羽田-関西 R 5,600
L 4,500
R 9,000
L 7,000
中部-台北(桃園) 9,500 17,000
北九州-台北(桃園) 8,500 15,000

一方、デメリット。

デメリット(1)特典航空券で利用できる路線数が少ない

スターフライヤーのサイトで予約すると、当然ですが、スターフライヤーのマイレージプログラム「STAR LINK」のマイルが貯まります。

「STAR LINK」のマイルを一定数貯めると、特典航空券に交換できますが、国内線6路線、国際線2路線に限られます。

ANAの持つ膨大な路線数に比べると圧倒的に選択肢が少ないのです。

これがデメリットになります。

既に述べたように、その国内線6路線、国際線2路線については、必要マイル数がANAマイレージクラブの必要マイル数より少ないというメリットは有るのですが。

SFJ運航便をANAのサイトで予約した場合のメリット・デメリット

次に、SFJ運航便をANAのサイトで予約した場合のメリット・デメリットについて紹介します。

メリット(1)ANAマイルが貯まる

メリット1つ目は、ANAマイルが貯まることです。

既に述べたように、ANAは膨大な数の国内線路線、国際線路線を持っています。

ANAマイルを貯めれば、この膨大な数の国内線路線、国際線路線の特典航空券に交換できます。

ANAは「スターアライアンス」という世界最大の航空連合にも加盟しています。

スターアライアンスには、ユナイテッド航空やルフトハンザドイツ航空、シンガポール航空、タイ国際航空なども加盟していて、ANAマイルを使って、これらの航空会社が運航する瓶の特典航空券にも換えられます。

選択肢がとても多いのです。

メリット(2)ANAカードを持っているだけで、区間基本マイレージに対してボーナスマイルが貰える

メリット2つ目は、ANAカードを持っているだけで、区間基本マイレージに対してボーナスマイルが貰えることです。

※例えば、羽田-北九州の区間基本マイレージは534マイル。

ANAカード(一般カード)の会員は、区間基本マイレージに対して「10%」の搭乗ボーナスマイルが貰えます。

ANAカード(ワイドカード)、ANAカード(ワイドゴールドカード)の会員は、区間基本マイレージに対して「25%」の搭乗ボーナスマイルが貰えます。

ANAカード(プレミアムカード)の会員は、区間基本マイレージに対して「50%」の搭乗ボーナスマイルが貰えます。

私はANAアメックスゴールドカードを持っているので、搭乗するたびに25%余分にマイルを獲得できます。

ANAカードを持っていない人は、ANAカード最強の入会方法も参考にしてください。

メリット(3)ANAの上級会員としての特典が利用できる

ANAの上級会員、スーパーフライヤーズ会員、スターアライアンスの上級会員はANA便名の航空便に搭乗する際に、数々の特典が受けられます。

  • (平会員は使えないので空いている)専用の優先チェックインカウンターを利用できる
  • ANAラウンジを利用できる
  • 優先搭乗できる
  • 寄託手荷物が早めに出てくる

といった特典です。

私もスーパーフライヤーズ会員(SFC会員)ですので、ANAで予約した飛行機に乗る際に毎回この特典を受けられます。

しかし、スターフライヤーのサイトで同じ便を予約した場合、このような特典は受けられません。

デメリット(1)料金が高い

デメリットは、「スターフライヤーのサイトで予約する場合のメリット」の裏返しになります。

スターフライヤーのサイトで予約するときに比べて料金が高くになります。

その価格は直近の飛行機を予約するか、かなり先の時期を予約するかで変わります。

結論

「SFJ運航便は「ANA」or「スターフライヤー」どちらで予約するのが得か?」の結論です。

料金重視なら、スターフライヤーのサイトで予約するのがいいでしょう。

しかし、その場合、「STAR LINK」のマイルが貯まります。

ANAのサイトで予約する場合、料金が高くなりますが、ANAマイルが貯まり、ANAカード特典、上級会員特典が利用できます。

スターフライヤーのサイトとANAのサイトの「価格差」が数千円以上の場合は、迷うことなくスターフライヤーのサイトでSFJ運航便を予約したほうがいいでしょう。

価格が数百円の場合、敢えて料金の高いANAサイトで予約した方が快適かもしれません。

ポイントサイトで大量のスターフライヤーのマイルを貯めてみよう

ポイントサイトを使うと、大量に「STAR LINK」のマイルを貯められますので紹介します。

ポイントサイト「ハピタス」に登録して、「ハピタス」経由でANAカードを作ったり、ネットショッピングをしたりすると、ハピタスポイントが貯まります。

ハピタスポイントは、PeXポイントの等価で交換でき、PeXポイントは以下の比率でマイルに交換できます。

PeXポイントをマイルに交換する

ポイントサイト「ハピタス」で活動(いわゆる「ポイ活」)すればするほど、スターフライヤーのマイルを獲得できるのですね。

もちろん、マイルに交換せず、現金に換えてもよいのですが。

覚えておくといいでしょう。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。