寿司

都民の王子2泊3日旅行記 (1) 『青天を衝け』大河ドラマ館を見て、「すし遊 みかわ」で晩飯

東京都民の王子2泊3日旅行記です。

(1)(2)(3)の3つの記事から構成されます。

(1)では、王子旅行のきっかけ及び1日目の様子を紹介します。

王子2泊3日旅行のきっかけ

6月21日~23日で徳島県に行く予定だった。

徳島県鳴門市のポカリスエットスタジアムで行われる「徳島ヴォルティス vs FC東京」を見に行くため。

しかし、6月20日に緊急事態宣言が解除されてからも、東京都には蔓延防止等重点措置が取られたため、ビジターシートは販売されないことになった。

これを受けて、徳島旅行は断念。

同日程で、少し前から気になっていた王子に行くことにした。

今年の大河ドラマ『青天を衝け』の大河ドラマ館と、17,18年前に訪れて感動した「旧古河庭園」に行きたい。

王子駅前の飛鳥山公園内に渋沢栄一が晩年を過ごした「曖依村荘」(あいいそんそう)があった。

王子のホテルを予約

楽天トラベルで王子のホテルを調べてみたが、「東横イン 京浜東北線王子駅北口」しか見つからなかった。

ポイントサイト「ハピタス」経由で楽天トラベルにアクセスし、12平米の「禁煙シングルルーム」を予約。

2泊で12,900円(税込)。

2週間前の「JR東日本ホテルメッツ赤羽」のシングルルーム(16平米)2泊が9,500円(税込)だったことを考えると高いな。

なお、「ハピタス」はお得な紹介入会キャンペーンを実施中。

飛鳥山公園の『青天を衝け』大河ドラマ館

千代田線と南北線を乗り継いで王子駅へ。

14:50に「東横イン 京浜東北線王子駅北口」に到着。

東横イン 京浜東北線王子駅北口の外観

チェックインは16時からとのことで、部屋に入れてもらえなかった。

「東横インクラブ」の会員が東横インの公式サイトから予約した場合は、15時にチェックインできるとのこと。

事前調べで、このホテルの高層階の西側の部屋からは新幹線がよく見えると知っていた。

スタッフに新幹線ビューの部屋希望と伝える。

荷物を預け、徒歩で『青天を衝け』大河ドラマ館がある飛鳥山公園へ向かう。

これは石神井川の旧流路を整備して造られたという音無親水公園。でも、水はほぼ枯れていた。

音無親水公園

王子駅には都電荒川線も乗り入れている。

王子駅の都電荒川線

飛鳥山公園の北側の入口に到着。

「アスカルゴ」というモノレールに乗る。日本で最も短いモノレールらしい。往復で約4分。

飛鳥山公園のアスカルゴ1

飛鳥山公園のアスカルゴ2

高低差17.4メートル。

飛鳥山公園のアスカルゴ3

駅のすぐ近くにこれだけ大きい公園があるのはいいね。

子供の遊び場には「都電6080」と「デゴイチ」も。

飛鳥山公園の都電6080

飛鳥山公園のデゴイチ

北区飛鳥山博物館の『青天を衝け』大河ドラマ館へ。チケットは800円。北区民は640円。

飛鳥山公園の『青天を衝け』大河ドラマ館

尾高千代役の橋本愛。美しい。

尾高千代役の橋本愛

「追鳥狩」という大掛かりな軍事演習をしたときの烈公の甲冑。

烈公の衣装

千代の花嫁衣装。

千代の花嫁衣装

若き慶喜の直垂。

慶喜の直垂

高さ8mの大型スクリーンにはドラマの世界観を表現した映像作品が。これはエッフェル塔だね。

飛鳥山公園の『青天を衝け』大河ドラマ館の大型スクリーン

「なりきり1万円札」という、自分の顔を1万円札の肖像にできるコーナーがあった。ダウンロードも可能。

『青天を衝け』大河ドラマ館の「なりきり1万円札」

例によって、大河ドラマ館は値段ほど見るものがない、、、笑

それでも、大河ドラマを応援してる身としては毎回見に行っちゃうんだけどね。

北区飛鳥山博物館の1階の常設展もサラッと見学。

3階では「栄一、西ヶ原一里塚に奔走す」というミニ展示も行われていた。

渋沢栄一が、江戸時代につくられた「西ヶ原一里塚」の保存に奔走したという展示。

博物館を出たあと、公園内にある「青淵文庫(せいえんぶんこ)」「晩香廬(ばんこうろ)」を見ようと思ったが、16:30で既に閉園していた。

公園出口付近に「GOタクシーアプリ」で配車手配し、17時前にホテルに戻る。

初回限定クーポン!
GO タクシーが呼べるアプリ 旧MOV×JapanTaxi

GO タクシーが呼べるアプリ 旧MOV×JapanTaxi
開発元:Mobility Technologies Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

「GO」新規登録で500円分の割引クーポンが貰える。

さらに、「GO」アプリをインストール後に、以下のクーポンコードを登録すると、合計2,000円分の割引クーポンが貰える。

暑い時期、寒い時期に活用してください。

クーポンコード mf-y9k9tc

※毎月先着30,000名。

「東横イン 京浜東北線王子駅北口」の西側の部屋は、新幹線ビュースポットとして最高

改めてホテルにチェックイン。

こういうビジネスホテルではタオルが足りなくなる時がある。

追加のタオルもらおうとしたら、「有料です」と言われた、、、

バスタオル1枚100円、ハンドタオル1枚50円。

1枚ずつ追加した。

ホテル1階のロビー兼朝食場所はこんな感じ。

「東横イン 京浜東北線王子駅北口」の朝食スペース

部屋は13階の1304号室。

12平米ということで相当狭いんだろうなと覚悟していたが、それほどは狭さを感じなかった。一応、スーツケースも広げられたし。

「東横イン 京浜東北線王子駅北口」の禁煙シングルルーム1

「東横イン 京浜東北線王子駅北口」のデスク1

「東横イン 京浜東北線王子駅北口」のデスク2

電源はデスク上に一つ、デスクの側面に一つあった。

ベッドサイドにも。

「東横イン 京浜東北線王子駅北口」のベッドサイドの電源

「東横イン 京浜東北線王子駅北口」のユニットバス

外を見ると、希望したとおりに新幹線ビュー。

これは子供や鉄分多めの人に喜ばれるだろう。

「東横イン 京浜東北線王子駅北口」から新幹線ビュー1

「東横イン 京浜東北線王子駅北口」から新幹線ビュー2

「東横イン 京浜東北線王子駅北口」から新幹線ビュー3

「すし遊 みかわ」で晩飯

17:45に晩飯を食べに出かける。

こちらは、フォロワーさんからおすすめされていた「山田屋」。

王子の山田屋の入り口

中を覗くと、2人客でかなり混んでいる。

今回はスルーした。

もう一つの「宝泉」は営業停止中だった。

休業中の王子の宝泉

こんなところに渋沢翁。

王子の山松屋酒店

おでん屋、大衆酒場。

入ってみたかったが、外から中の雰囲気が伺いしれないので怖い。

王子の静岡おでん

王子の大衆酒場一福

外から見て空いてるのが分かった「すし遊 みかわ」という店に。

王子の「すし遊 みかわ」の外観

参考:すし遊 みかわ – 王子駅前/寿司 [食べログ]

客は一人もいなかった。

カウンターとテーブル席。普段ならカウンターだが、今回はテーブル席で。

王子の「すし遊 みかわ」のテーブル席

王子の「すし遊 みかわ」のカウンター席

2日前に緊急事態宣言が解除されて、17時から19時に限り、お酒が飲めるようになった。

久しぶりに外でお酒飲んだよ。

王子の「すし遊 みかわ」の瓶ビール

コップも冷えててグイグイ行ってしまった。

需要が少ないせいだろうか、生ビールの提供はなかった。

お一人様向けのメニューになっていた。刺身3点盛りが400円って激安。

王子の「すし遊 みかわ」のメニュー

豪勢な方の刺盛り(2,300円)、焼きなすオリーブオイル、アスパラと舞茸の天ぷらを注文。

王子の「すし遊 みかわ」の刺し身

王子の「すし遊 みかわ」の焼きなすオリーブオイル

王子の「すし遊 みかわ」のアスパラと舞茸の天ぷら

炙ったなすが甘くてとても旨かった。天ぷらも衣サクサク。

「鶴齢」を頼んで、イクラ、シメ鯖、イカ、コハダ、アジ。

王子の「すし遊 みかわ」の握り1

王子の「すし遊 みかわ」の握り2

一応入店が18時だったので、19時の段階でラストオーダーを聞かれた。

滞在時間90分ルールなので19:30に会計。8,200円。カードが使えず、現金で。

なお、旅行記の最後に今回の旅行でかかった費用をまとめてある。

最後まで客は私一人だけだった。

こちらのお店は主に接待用途や家族での食事で訪れる方が多いらしく、接待が自粛され、また、2名以下での来店が求められる今は厳しいみたいだ。

夜の王子の繁華街

店のすぐ近くの装束稲荷神社の赤い灯りが暗闇に浮かび、怪しい雰囲気を醸し出していた。

王子の装束稲荷神社1

王子の装束稲荷神社2

店の対面の「山田屋」を覗くと、ルールを守って、店じまいをしていた。

「宝泉」の目の前にある柳田公園で一休み。繁華街にある公園っていいよね。

王子の柳田公園(夜)

このあと、繁華街を見て回った。

営業ルールを守る王子の飲食店1

営業ルールを守る王子の飲食店2

私が見た範囲では、皆ルールを守って営業されているみたい。赤羽とは違う。

2週間前の赤羽探訪記は以下を参考。

「まいばすけっと」で水と酒を買って、「キッチンオリジン」でおにぎりを買って、ホテルに戻る。

部屋ではニュース見たり、Twitterしたり。

25時過ぎに寝た。

続きは以下をご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。