旅行記

直島・高松旅行記 (2) 自転車で直島の美術館を巡って、直島温泉へ

直島サイクリング

直島・高松旅行記の「(2) 自転車で直島の美術館を巡って、直島温泉へ」です。

前後の旅行記もあわせてご覧ください。

「みやんだ」で海鮮丼

まずは、「みやんだ」に向かう。

路地が懐かしい感じ。

直島の路地

途中に、直島銭湯があった。店主がいたので開店時間を聞いたら14時とのこと。是非入りたいね。

直島銭湯の外観

「みやんだ」に到着。

島食DOみやんだ (ミヤンダ) – 直島町その他/魚介料理・海鮮料理 [食べログ]

みやんだの外観

客は一人もおらず。フェリーに乗ってたあの沢山の人達はどこへ行ったのか?

メニュー。

みやんだのメニュー

夜は寿司だが、海鮮丼(1,500円)を頼んだ。

外のテラス席で頂くことに。

はまち、たい、ちぬ、サーモン、たこ。鮮度抜群で美味い。

みやんだの海鮮丼1

みやんだの海鮮丼2

味噌汁も良い出汁が出ている。甲殻類の出汁入ってるなぁと思い飲み干したら、これが出てきた。

みやんだのカメノテ

店の人に聞いたら、カメノテという甲殻類らしい。これだそうだ。

カメノテ

おばちゃんが「カメノテは食べられる」と言って剥いてくれたのだが、食べたら砂利が入っていて、この後30分くらい口の中が困ったことになった(笑)

13時20分くらいに「みやんだ」を出る。

「おうぎや」で電動自転車をレンタル

宮浦港に戻り、スーツケースをコインロッカーに。

その後、「おうぎや」というレンタサイクル屋に。前日に電動自転車を予約していた。

直島のおうぎやレンタサイクル

レンタル料金は、1日1,000円。

予報を見ると、夕方から雨。300円でかっぱが売っていたので念のため買っておいた。

鍵をもらって、自転車倉庫へ。

直島のおうぎやレンタサイクルの倉庫

おうぎやレンタサイクルの電動自転車1

地中美術館へ

現在の時間は13時40分。まずは「地中美術館」に向かってみよう。

乗ってすぐ気付いたのだが、この自転車、ブレーキの効きが悪い(笑)

遠くに今晩訪れる高松の町並みが見えた。高いビルは四国一高い高松シンボルタワー。

直島から高松シンボルタワー1

直島から高松シンボルタワー2

このようにアップダウンがあるので、電動自転車の利用がおすすめ。

直島の坂

13:50に地中美術館に到着。

直島の地中美術館

アジアンのスタッフに聞いたら、館内は全て写真撮影禁止らしい。「李禹煥(リ・ウーファン)美術館」なら、無料で見られる屋外展示もあるらしいので、そちらに向かうことにした。

李禹煥(リ・ウーファン)美術館へ

ここから先は、宿泊者以外は、車・バイクでの進入は禁止とのこと。自転車はOK。

宿泊者以外車・バイクでの進入禁止

14時前に「李禹煥(リ・ウーファン)美術館」に到着。

李禹煥(リ・ウーファン)美術館

設計は安藤忠雄らしい。

李禹煥(リ・ウーファン)美術館の階段

李禹煥(リ・ウーファン)美術館の広場

入口のスタッフに、観覧の所要時間の目安を聞いてみたら15分位とのことだったので、入ってみることにした。入館料1,030円。こちらも内部は写真撮影禁止。

なんだか自分を見つめ直して、思索するのに良さそうな空間芸術が展開されていた。

5分位で見終わっちゃった(・∀・;)

ベネッセハウスミュージアムへ

「ベネッセハウスミュージアム」へ行ってみよう。

天気はいまいちだけど、多島海の瀬戸内海がきれいだよ。

多島海の瀬戸内海

14時25分に「ベネッセハウスミュージアム」に到着。この坂を登ると美術館。こちらも安藤忠雄設計。館内は写真撮影禁止。

ベネッセハウスミュージアム

現代アートが数多く展示されていて、「李禹煥(リ・ウーファン)美術館」より見ごたえがあった。

これはベネッセハウスミュージアムの屋外から。

ベネッセハウスミュージアムからの眺め

自分へのお土産としてペーパーナイフを買った。カード関係の封筒や自治体からの請求書が多く届くからね。

直島に来る前は、美術鑑賞に時間かかるだろうから、せいぜい「地中美術館」まで行って戻ってくるくらいしかできないだろうな、と思っていた。

でも、今のところ、美術鑑賞にあまり時間費やさなかったし、移動も順調。

この時点で、当初は考えてなかった「自転車で島内一周」がテーマになった

直島を電動自転車で一周

14時50分にまたサイクリング再開。

直島サイクリング再開

遠くの砂浜に草間彌生の「黄かぼちゃ」があるのが確認できた。

直島の砂浜の黄かぼちゃ1

直島の砂浜の黄かぼちゃ2

「黄かぼちゃ」がある近くの公園。ニキ・ド・サンファールの「会話」というアート。座っていいのかと思いきや、「作品に触ったり登ったりしないでください」と。

直島のニキ・ド・サンファールの椅子

有名な「黄かぼちゃ」。近くの外国人に記念撮影してもらった。

直島の砂浜の黄かぼちゃ3

サイクリング再開。

直島の砂浜のかぼちゃ3

15時20分頃、本村という集落に到着。「家プロジェクト」とか「安藤忠雄ミュージアム」とか面白そうなところがあったけれど、船の時間(17時発)があるからスルー。

ところで、財布の中に現金が3,000円しかなく、これ以上現金で支払いをすると、島から出られなくなるおそれがあるので、郵便局でお金をおろした。

直島の郵便局

直島の小学校。

直島の小学校

これは幼稚園らしい。

直島の幼稚園

15時30分に、宮浦港に戻ってきた。

宮浦港

2時間弱で島内一周したことになる。

いやぁ、電動自転車で爆走、楽しかった。

「一周」と言っても、島の南部だけどね。

直島を自転車で一周

自転車を倉庫に返す。フィードバックも付けて。

おうぎやレンタサイクルの電動自転車2

サイクリング途中で、へばってる人を見かけた。その人が借りてたのは普通の自転車。直島観光なら電動自転車がおすすめ。

直島銭湯

気温20度なく、風を受けて走ったのでお腹が冷えてしまった。

15時40分頃、直島銭湯へ。

宮浦港

大竹伸朗プロデュースの直島銭湯。

ポスターだけど、すごいよね、この奇抜さ。

直島銭湯のデザイン

入湯券とお風呂4点グッズで1,400円もした。お金おろしておいてよかった。普通の入湯券は510円。

直島銭湯の料金

お風呂4点グッズとはこれ。ラブグッズみたいな雰囲気ある。

直島銭湯のお風呂4点グッズ

脱衣所に入って驚いた。壁一面が白くて、おっしゃれ!

風呂場に入って、さらに驚く。

透明な椅子、ケロちゃんの可愛い桶、POPな押しボタン、油絵で描いたようなカラフルな天井、富士山ではなくタコ妖怪が描かれた壁画、湯船の底に描かれた浮世絵などのコラージュ、そして、男湯と女湯を隔てる壁の上の像!

楽しくなる銭湯だね。

銭湯としては湯船が一つあるだけで、銭湯としての機能は貧弱だけど。

なお、湯温は東京と比べてぬるい。

16時10分に銭湯を出る。

続きは以下をご覧ください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。現在はコロナで停止中。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。