空港ラウンジ

香港国際空港「アメックスセンチュリオンラウンジ」はこんなところ

香港空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジ

セントレジス香港に泊まるために、2泊3日の香港旅行をしてきました。

参考:セントレジス香港 メトロポリタンスイート宿泊記

その帰りに、前から気になっていた、香港国際空港のアメリカン・エキスプレスの「センチュリオン・ラウンジ(THE CENTURION LOUNGE)」に寄ってきました。

センチュリオンラウンジを使うための条件、ラウンジまでの詳しいアクセス方法、ラウンジがどんなところか紹介しますね。

香港国際空港のアメックスセンチュリオンラウンジの利用条件

以下の対象カードをお持ちの方は、アメックスセンチュリオンラウンジを無料で利用できます。

対象カード
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・コーポレート・カード
  • アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

家族カード会員も対象です。

さらに、本会員・家族カード会員の同伴者もそれぞれ2名まで無料で利用できます。

例えば、配偶者にアメックスプラチナカードの家族カードを発行していれば、夫婦と同伴者4名で合計6人まで利用できるということですね。

同伴者が3名以上の場合は、1名につき50ドルの利用料がかかります。ただし、2歳未満は無料です。

対象カードのホルダーが一人もいない場合は、センチュリオンラウンジを利用することはできません。

センチュリオン(CENTURION)は、ローマ軍団の「百人隊長(ケントゥリオ)」に由来する言葉です。

香港国際空港のアメックスセンチュリオンラウンジの場所

アメックスセンチュリオンラウンジは、香港国際空港の「ターミナル1」にあります。

以下のマップの60番搭乗口付近のエスカレーターを登った先にあります。

香港空港のアメックスセンチュリオンラウンジの場所

香港空港の60番搭乗口付近のエスカレーター

香港国際空港のアメックスセンチュリオンラウンジの営業時間

毎日、朝の5時から夜9時までです。

香港国際空港のアメックスセンチュリオンラウンジへのアクセス

センチュリオンラウンジまでのアクセスについて説明します。

第1ターミナルから

ANA、JAL、キャセイパシフィック航空、シンガポール航空、タイ国際航空などの航空会社のチェックインカウンターは、第1ターミナルにあります。

以下は、JALのチェックインカウンター(Gカウンター)で貰った搭乗口案内図です。

香港国際空港の搭乗口案内図

北側のイミグレ(上図では右側のイミグレ)を抜けると、すぐ右側にJAL指定ラウンジであるカンタスラウンジがあります。

香港国際空港のカンタスラウンジ1

香港国際空港のカンタスラウンジ2

カンタスラウンジには寄らずに、エスカレーターで6階に降りると、5番搭乗口付近になります。

5番搭乗口付近には、スターアライアンスゴールドで利用できるシンガポール航空のシルバークリスラウンジがあります。

さて、アメックスのセンチュリオンラウンジがあるのは60番搭乗口付近です。

5番搭乗口付近から60番搭乗口まで歩いてもいいのですが、早足で歩いても10分位かかります。

疲れます。

ですので、エスカレーターで3階まで降りて、無人シャトル(APM/Automated People Mover)を利用して、「Gate40-80」まで移動しましょう。

60番搭乗口付近まで一気に連れて行ってくれます。

なお、シャトル乗り場まで移動する時間、シャトルを待つ時間もあるので、時間はそんなに節約できません。

ただし、体力はかなりセーブできます!

シャトルを降りたら、エスカレーターで6階まで上がってください。

アメックスのロゴが目に入ると思います。

香港国際空港のアメックスセンチュリオンラウンジの位置1

以下のエスカレーターで7階へ上がってください。

香港国際空港の60番搭乗口付近のエスカレーター

センチュリオンラウンジ(美国運通貴賓室)の案内が見えます。

香港国際空港のセンチュリオンラウンジ(美国運通貴賓室)の案内

入口です。

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジの入口1

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジの入口2

なお、すぐ近くには、スターアライアンスゴールドで利用できるユナイテッド航空のユナイテッドクラブ、Shower & Massage REFRESHHH by AEROTELもあります。

香港国際空港のユナイテッドクラブのラウンジ

香港国際空港のShower & Massage REFRESHHH by AEROTEL

第2ターミナルから

香港エクスプレス、ジェットスター、春秋航空などを利用する場合は、第2ターミナルでのチェックインになります。

ただし、搭乗口は第1ターミナルになります。

チェックインが済んだら、第2ターミナルから第1ターミナルに無人シャトルで移動してください。

その後は、上で紹介したアクセスでセンチュリオンラウンジまで向かってください。

香港国際空港のアメックスセンチュリオンラウンジはこんなところ

受付

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジの入口3

受付で対象のアメックスカードとパスポート、航空券を提示してください。

WiFiのパスワードが記載されたカードが貰えます。

ちなみに、センチュリオンラウンジの入口を横から撮るとこのようになっています。

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジを横から撮影

ビジネスエリア

受付を抜けて、細い通路を進みます。

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジの通路

通路の右側には、パソコンとプリンターがある部屋、ミーティングルーム、電話をかけられる小部屋もあります。

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジのビジネスルーム1

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジのビジネスルーム2

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジのミーティングルーム

内観

ラウンジエリアを手前から撮ったところです。

右手にバーカウンター、奥にフードコーナーがあります。

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジのラウンジエリア(手前から)

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジのバーカウンター1

ラウンジエリアを奥から撮ったところです。

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジの内観1

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジの内観2

カウンター席もあります。

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジのカウンター席1

飛行機もよく見えます。

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジのカウンター席2

重厚なソファなどはなく、カジュアルな印象です。

ドリンク類

バーカウンターのワインメニューです。シャンパンはマムです。

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジのワインのメニュー

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジのバーカウンター2

ジュース類は勝手に取れます。

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジのジュース類

フード類

この日のフードを簡単に紹介します。

蟹の肉詰めと、海老のすり身のサトウキビ巻き揚げ。

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジのフード1

白身魚のフライと、豚軟骨と人参の煮込み。

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジのフード2

その他諸々です。

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジのフード3

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジのフード4

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジのフード5

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジのフード6

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジのフード7

この日は、機内食も控えていたので、こんな感じで食べました。

普通に旨かったですよ。

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジのフード8

限定エリアの受付にファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)のパンフレットが置いてあったので、借りて見ていました。カバーのサントリーニ島のホテルはいいですね。

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジのフード8

限定エリア

なお、フードカウンターの横にもう一つ入口があります。こちらはセンチュリオンカードを保有している人のみが入れるエリアのようです。

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジのセンチュリオンエリア

シャワー

トイレの前にはシャワーもあります。

香港国際空港のアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジのシャワールーム

搭乗口までの移動時間に注意

もう一度、今いるアメックスセンチュリオンラウンジの位置をご確認ください。60番搭乗口付近です。

香港国際空港の搭乗口案内図

ここから10番搭乗口、11番搭乗口に行くには、早足でも10分くらいかかります。

※無人シャトルを使えば体力をセーブできます。

香港国際空港のアメックスセンチュリオンラウンジから搭乗口まで

4番搭乗口、8番搭乗口なら早足でも15分くらいかかります。

時間には余裕を見て、ラウンジを退出されたほうがいいでしょう。

搭乗口は遥か遠くです・・・

アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクションを使いこなそう

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードには、今回紹介した「センチュリオン・ラウンジ(THE CENTURION LOUNGE)」を含めて、合計9つの空港ラウンジプログラムが付帯します。

具体的には、以下の9つです。

  • アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・ラウンジ
  • デルタスカイクラブ
  • プライオリティ・パス
  • プラザ・プレミアム・ラウンジ
  • ルフトハンザ ラウンジ
  • エスケープ・ラウンジ
  • エアスペース・ラウンジ
  • アメリカン・エキスプレス日本国内空港ラウンジサービス
  • アメリカン・エキスプレス海外空港ラウンジサービス

「センチュリオン・ラウンジ(THE CENTURION LOUNGE)」以外にも、プライオリティ・パスなど使える空港ラウンジプログラムがあります。

せっかくアメックスプラチナを手に入れたのなら、是非使ってみてください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは旅行記、搭乗記、ポイント・マイルの獲得方法を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。