イオンカード

イオンシネマで映画を安く見る方法(1,000円/1,100円/1300円)

イオンシネマで映画を安く見る方法

こんにちは。

神奈川県川崎市にある「イオンシネマ新百合ヶ丘」でよく映画を見るjun(@odakyu_de_go)と申します。

イオンシネマの通常の料金表が以下です。何も考えずに大人二人で映画を見ようとすると、合計3,600円もかかります。

一般 1,800円
大学生 1,500円
高校生 1,000円
中学生 1,000円
小学生 1,000円
幼児(3歳~) 900円
障がい者 1,000円

高すぎですね。

イオンシネマで映画を安く見る方法を紹介します。

を案内します。

イオンシネマで「1,000円」で映画を見る方法

特定のイオンカードで決済する

イオンカードでイオンシネマの料金が1,000円になる

をお持ちの方は、イオンシネマのチケットを年間30枚まで「1,000円」で購入できます。

同伴者のチケットも対象です。

※会員がイオンシネマ「ご優待販売専用サイト」へ初回登録を行った日を起算日として1年間に最大30枚まで購入できます。

「暮らしのマネーサイト」ログイン後、イオンシネマ「ご優待販売 専用サイト」から購入できます。

※劇場窓口での購入は対象外となります。

※イオンシネマ以外の映画館(沖縄・九州南部など)では使用できません。

※沖縄県、九州南部、奈良県、富山県、山梨県など『イオンシネマ』が無い地域もあります。事前にお近くの『イオンシネマ』の所在地をご確認ください。

「映画の日」に映画を見る

毎年12月1日は「映画の日」で「1,000円」で映画を見ることができます。

毎年12月1日の「映画の日」は、1896年に神戸市で日本で初めて映画が一般公開されたのを記念して、1956年に日本映画連合会(現・日本映画製作者連盟)が制定。

イオンオーナーズカードを利用する

私も利用している楽天証券などのネット証券会社でイオンの株式を購入して、「株主権利確定日」(8月末日および2月末日)の時点で100株以上保有していると、

  • イオンオーナーズカード(株主本人用)
  • イオンオーナーズカード(家族用)

の2枚を入手することができます。

イオンオーナーズカードの券面デザイン

劇場窓口にてイオンオーナーズカードを提示すると、同伴者も含めて以下の優待価格で映画を鑑賞できます。

大人/大学生 1,000円
高校生以下 800円
※イオンオーナーズカードによる割引きは、「劇場窓口および券売機での利用」となり、e席リザーブでは利用できません。

さらに、オーナーズカード1枚に対し、売店で利用できるポップコーン引換券またはドリンク引換券のどちらか1枚がプレゼントされます。

※ポップコーン引換券は、ポップコーンS(塩味またはバター醤油味)と交換できます。

※ドリンク引換券は、ソフトドリンクS、プレミアムソフトドリンクS、ホットドリンクS、緑茶の中から選ぶことができます。

ポイントサイト経由で!

ポイントサイト「ハピタス」に会員登録をした上で、「ハピタス」経由で楽天証券の口座を開設すると、10,000円相当のポイントを獲得できることがあります。

※ポイント数は随時変動します。

ハピタスの楽天証券案件

楽天証券公式サイトで口座開設する前に、「ハピタス」で楽天証券の広告が扱われていないか確認してみて下さい。

イオンシネマで「1,100円」で映画を見る方法

「ハッピーファースト」を利用する

毎月1日は「ハッピーファースト」で「1,100円」で映画を見られます。

「ハッピーファースト」でトップガンを見る

「ハッピーマンデー」を利用する

毎週月曜日は「ハッピーマンデー」で「1,100円」で映画を見られます。

「ハッピーマンデー」にドクターストレンジを見る

※「ハッピーマンデー」は、新潟西・常滑・津・大日・高松東・宇多津では未実施です。

「サンクスデー」を利用する

毎週水曜日は「サンクスデー」で「1,100円」で映画を見られます。

※「サンクスデー」は、新潟西・常滑・津・大日・高松東・宇多津でのみの実施です。

「ハッピー55(G.G)」を利用する

55歳以上の方は「1,100円」で映画を見られます。

※年齢の確認ができるものが必要です。

「夫婦50割引」を利用する

どちらかの年齢が50歳以上の夫婦は鑑賞料金「2,200円」(一人あたり1,100円)で映画を見られます。

※「夫婦50割引」は、同作品・同時間の映画鑑賞に限られます。

例えば、夫が51歳、妻が49歳の場合でも「2,200円」(一人あたり1,100円)になります。

※「夫婦50割引」の利用には年齢の確認ができるものが必要です。

「お客さま感謝デー」に利用する

毎月20日、30日は「お客さま感謝デー」で、イオンカードの提示もしくは利用でカード会員本人の鑑賞料金が「1,100円」になります。

劇場窓口はもちろん、券売機、e席リザーブでも割引対象です。

※2月は30日の代わりに末日が「お客さま感謝デー」になります。

1,100円になるのはカード会員本人のみで、家族は割引対象外です。

イオンシネマで「1,300円」で映画を見る方法

「ハッピーモーニング」を利用する

「平日」の朝10時台までに上映を開始する作品は、鑑賞料金「1,300円」で見ることができます。

「ハッピーナイト」を利用する

毎日20時以降に上映を開始する作品は、鑑賞料金「1,300円」で見ることができます。

イオンシネマで「1,500円」で映画を見る方法

イオンカードでイオンシネマの料金を支払うと、いつでも一般鑑賞料金(通常1,800円もしくは1,700円)から300円引きになります。

全てのイオンカードで割引が可能です。

会員本人に加えて、同伴の大人1名も割引対象になります。

劇場窓口はもちろん、券売機、e席リザーブでも300円割引になります。

以下は、e席リザーブでイオンシネマ新百合ヶ丘の『シンウルトラマン』を予約したときの画面です。

イオンシネマでシンウルトラマンを見たときの割引料金

※イオンシネマ弘前のみ1,500円から200円の割引となります。

まとめ

以上、イオンシネマで映画を安く見る方法を紹介してきました。

イオンカードは年会費無料ですので、1枚持っておいて損はないと思います。

特に年間30枚までチケットを1,000円で購入できる以下の3カードはおすすめです。

また、東宝シネマズで映画を安く見る方法も紹介しています。こちらもぜひご覧ください。

ABOUT ME
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは、マイル獲得術、旅を快適にする知識・アイテム、実際の旅行記、搭乗記などを紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。