ANA SFC修行 (19) 中編 那覇-松山(ANA1884)普通席

[記事公開日]2015/12/29
[最終更新日]2017/11/29

ANA SFC修行19回目の行き先は沖縄・那覇愛媛・松山

那覇1泊、松山1泊の2泊3日の旅行。

今回はその2日目の旅行記。初日の旅行記は、前編 羽田-那覇(ANA467)プレミアムクラスを御覧ください。

リッチモンドホテル那覇久茂地をチェックアウト

2日目。

目を覚ます。見慣れない天井。あれ、俺、今、どこにいるんだっけ?あ、沖縄のホテルか。やばっ、飛行機の時間大丈夫かな!? 時計を見ると、まだ10:30だった。よかったー。しっかし、眠い。

二度寝して、11:15頃、目を覚ます。

那覇と松山を結ぶANA1884便は13:30出発

準備して、12時過ぎにリッチモンドホテル那覇久茂地をチェックアウト。

タクシーで那覇空港へ。

普通席でもプレミアムチェックインカウンター・優先レーン・優先搭乗

12:30くらいに那覇空港に到着。

まずはスーツケースを預ける。

那覇-松山便(ANA1884便)は「普通席」で予約している。というか、那覇-松山便(ANA1884便)には「プレミアムクラス」設定がない。

今年のANA SFC修行のお陰で、ANAプラチナメンバー且つANAスーパーフライヤーズ会員になることができた。

そのため、普通席利用であっても、プレミアムチェックインカウンターを利用できる。一般のチェックインカウンターに行列ができていても、プレミアムチェックインカウンターはほぼ待ち時間がないのでありがたい。

那覇空港のANAプレミアムチェックインカウンター

松山の友人と家族におみやげを買う。

保安検査場へ。ここでも、ANAプラチナメンバー、ANAスーパーフライヤーズ会員は専用の保安検査場(優先レーン)を利用できる。が、一般の保安検査場も混んでなかったので今回はあまり意味がなかった。

那覇空港のANAプレミアムチェックインカウンター

国内線と国際線をつなぐ工事かしらね?

那覇空港の工事

ANA1884便はバスラウンジからの出発。

妊娠中の方や2歳以下の子供を連れた方などを対象とした「事前改札サービス」の後に「優先搭乗」となる。

通常は、ダイヤモンドメンバーが優先され、次にプラチナメンバー、スーパーフライヤーズ会員、スターアライアンスゴールドメンバーの優先搭乗が始まるが、この便では、ダイヤモンドメンバーとプラチナメンバー、スーパーフライヤーズ会員、スターアライアンスゴールドメンバーとの区別のない優先搭乗だった。

この便の優先搭乗はバス車内への優先搭乗となる。

ANA1884

ANA1884便の機窓から

座席は右の窓側の3F。

ANA1884便を予約する際、選択可能な座席がほとんど無くて、激混みなのかなと思っていたが、搭乗率は1/3程度だった。

しかし、普通席は狭いな・・・

離陸直後の那覇空港上空。航空自衛隊のF15戦闘機が見える。

ANA1884便から見た那覇空港の海上自衛隊の戦闘機

ANA1884便から見た那覇市

これは鹿児島湾なのかな?

ANA1884便から見た鹿児島湾

GPS情報から推測すると霧島山っぽい。

ANA1884便から見た霧島山

九州を斜めに縦断し、豊後水道を超えて、愛媛県の佐田岬(さだみさき)半島上空へ。

ANA1884便から見た佐田岬

左下に見えるのが、最近、愛媛県知事が再稼働に同意した四国電力の伊方原発かな?

ANA1884便から見た伊方原発

伊予灘の小島。『坊っちゃん』に出てきた「ターナー島」はどこかね?

ANA1884便から見た伊予灘の小島

松山空港に到着。

松山おもてなし大使が2人から1人に減っていた。菊地あやかと名取稚菜が務めていたが、菊地あやかが降板したようだ。

松山おもてなし大使の名取稚菜

空港出た瞬間凍える寒さ。那覇に比べると10度位低い上に、北風がぴーぷー。

タクシーで松山全日空ホテルへ向かう。

松山全日空ホテル別館シングルから本館シングルへ変更

16時位に松山全日空ホテルに到着し、チェックイン。

今回は寝坊できるように2日分の予約をしてある。

別館のシングルを取っていたが、ちょっとだけ広い本館シングルに変更されていた。

例によって朝食なしのプランで予約しているが、ANAプレミアムカードを持っているので、2日分の朝食券とウェルカムドリンク券が1枚貰えた

参考:ANAゴールドカード会員・ANAプレミアムカード会員がIHG ANA共同ブランドホテル・ANAホテルで利用できる特典

若くてかわいいベルガールがスーツケースを持って、部屋の中まで持ってきてくれたのでドキドキした(汗) 危なくないのかな(汗)

松山全日空ホテル本館シングルベッド側

松山全日空ホテル本館シングル窓側

松山全日空ホテル本館シングルバスルーム

晩飯は19時から。今日も結構飲むことになると思うので、1時間弱仮眠をとった。

ステーキハウス但馬

時間になったのでタクシーでステーキハウス但馬に向かう。

くみさん、少し遅れるとの事だったので、二番町を散策。

夜の松山二番町

ステーキハウス但馬へ。コート姿のくみさんかわゆす。

ステーキハウス但馬 – 大街道/ステーキ [食べログ]

くみさんは海老が食べたいみたいなので、車海老とサーロイン120gのコースを注文。

ビールで乾杯。くみさんはごはんを食べるときはお酒を飲まない主義らしくウーロン茶。

松山のステーキハウス但馬のビール

まず最初に野菜を焼いてくれた。

松山のステーキハウス但馬の焼き野菜

くみさんは今勤めている店を辞めるかもと話していたので、その相談でも受けようかなと思っていたのだが、もう既に辞めていた(笑)

車海老。

松山のステーキハウス但馬の車海老

サーロインステーキ。柔かくってうまうま。焼いてくれた人に「店名からして但馬牛なんですか?」と聞いたら、違うとのこと(笑) 但馬牛だとこの値段では出せないとの事だった(苦笑)

松山のステーキハウス但馬の牛ステーキ

ガーリックライス。お腹いっぱいになる。

松山のステーキハウス但馬のガーリックライス

デザート。

松山のステーキハウス但馬のデザート

しかし、鉄板焼きって、さっさと料理出てきちゃうから、滞在時間案外短かったりするんだよね・・・

松山夜遊び

ステーキハウス但馬を出た後、くみさんが以前勤めていた店の同僚が新しく出したラウンジへ。開店直後の21時に行ったらまだお着替え中だった(笑)

その後、くみさんの友人が勤めているキャバクラに。BGMがない代わりに、ピアノの生演奏があった。くみさん、めっちゃ楽しんでいた。

最後に、くみさんの弟が昔働いていたというバーへ。

松山のバー

ここのバーのマスターと若い兄ちゃんが話し上手のいいやつで楽しかった。

21の若い兄ちゃんの知ってる話題が、ほぼほぼ俺にも通じるので、「男の人でこんなに話が通じるのめったになくて嬉しい」と言われた。考えてみれば、21の兄ちゃんは、うちの息子と6歳しか違わないわけで、確かに話が通じやすいのかもしれない。

26時頃、ホテルに戻った。途中で買ったビールを少し飲んで28時前に就寝。今回は、2日分ホテルを予約してあるので、明日はチェックアウトコールに邪魔されることなくゆっくり眠れる。

この旅行記の続きは、後編 松山-羽田(ANA598)プレミアムクラスを御覧ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ