未分類

「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」展を見に岡山1泊2日旅行

今回は岡山1泊2日旅行。

2019年5月14日~15日。

岡山行きのきっかけは、美術展。

昨年、モスクワでトレチャコフ美術館を訪れたこともあり、渋谷Bunkamuraで行われていた「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」展は気になっていた・・・が、結局行けなかった。

その後、静嘉堂文庫美術館の「日本刀の華 備前刀」展に行ったら、岡山の県立美術館にも巡回すると知り、岡山行きを決めた。

なお、2019年7月19日(金)~8月25日(日)には山形美術館、2019年9月7日(土)~11月4日(月・休)には愛媛県美術館にも巡回するそう。

旅行までの準備

5/5に、BAマイル9,000マイルを使って、羽田-岡山のJAL特典航空券を発券。

同じワンワールド加盟航空会社ということで、BAマイルを使って、JALの国内線特典航空券を発券できる。これが案外便利。

同日、楽天トラベルからホテルグランヴィア岡山のスタンダードシングル(17平米)を予約。11,400円。

ポイントタウン経由で楽天トラベルを利用すると、ポイントタウン側でも1%のポイントが付くということもお忘れなく。

また、前回行って楽しかった寿司屋「みや古」も予約。

1時間40分かけて羽田空港へ

旅行当日の朝。

最寄り駅までタクシーで行こうと思ったら、その直前に雨が降ってきて、全然タクシーが捕まらない。

仕方なく、徒歩で最寄り駅へ。

ダイヤ改正のお陰で小田急線はかなり混雑率が下がったが、そこから先の山手線は相変わらずひどい混雑。

一本電車を見送ったり、途中下車して一本見送ったりして、1時間40分かけて羽田空港に到着。

この時点で既に疲れた。

JAL223便で岡山空港へ

JGCカウンターで、スーツケースを預ける。

羽田空港のJGCカウンター

以下の記事で詳しく解説しているが、BAマイルを使ってのJAL国内線特典航空券発券時に、BAのマイレージ番号とJALのマイレージ番号を紐付けることが可能になった。

今回からは、JALカードでタッチ&ゴーが可能だ。

10:30くらいに搭乗。

雨の羽田空港

天気悪くて機窓風景も楽しめそうもないし、睡眠不足でめちゃくちゃ眠いので、最初っからおやすみモードへ。

着陸態勢に入ったあたりで目を覚ます。

12:05に岡山面太郎空港に到着。こちらは晴れている。

晴れの岡山桃太郎空港

リムジンバスで岡山駅へ

岡山駅西口までのリムジンバスに。760円。

この間に食べログとGoogle Mapsで昼飯場所を調べる。

岡山県立美術館近くの「Cafe moyau(カフェモヤウ)」という店に決めた。

川べりの眺めが良い店だそうだ。

この時点でもまだ眠く、美術鑑賞できそうもないから明日に延期しようかなとも考える。

12:55に岡山駅西口に到着。

Cafe moyau(カフェモヤウ)でランチ

前回、前々回と泊まったANAクラウンプラザホテル(旧・岡山全日空ホテル)。

ANAクラウンプラザホテルの外観

今回はここには泊まらず、東口の駅前にあるホテルグランヴィア岡山へ。

ホテルグランヴィア岡山

ロビーの感じが、広島のホテルグランヴィアと似ているな。

ホテルグランヴィア岡山のロビー

チェックインは15時からなのでスーツケースだけ預ける。

駅前からタクシーに乗って、「Cafe moyau(カフェモヤウ)」へ。

旭川に架かる鶴見橋。対岸は岡山後楽園だ。

旭川に架かる鶴見橋1

旭川に架かる鶴見橋2

鶴見橋のたもとにある「Cafe moyau(カフェモヤウ)」。

参考:cafe moyau (モヤウ【旧店名】cafe cochae) – 城下/カフェ [食べログ]

Cafe moyau(カフェモヤウ)の外観1

Cafe moyau(カフェモヤウ)の外観2

2階からの眺めがおすすめとレビューにあったので、2階席を希望したが、あいにく2階の奥の席しか空いていなかった。

この急階段を登って2階へ。

Cafe moyau(カフェモヤウ)の急階段

Cafe moyau(カフェモヤウ)の2階

メニュー。

Cafe moyau(カフェモヤウ)のメニュー

西山カレーというチキンカレー(950円)にした。追加で汁もの(250円)とアメリカーノ(200円)。

参考:cafe moyau » 西山カレーとは何か

梁の見える天井。

Cafe moyau(カフェモヤウ)の天井

店員さんによると、ここは以前は農機具の倉庫だったらしい。

そういえば、父親の実家(農家)にこんな天井の倉庫(バラックと言われていた)があった。そして、同じように凄い急階段が付いていたな。

Cafe moyau(カフェモヤウ)の西山カレー

いい具合にスパイスが効いていて、サラッとしている美味しいカレー。どんどんご飯がすすむ。

味噌汁も美味しい。

あれ、バラ柄の赤いテーブル板は、大昔、実家で使っていたのと同じものではないか?

令和元年に昭和の懐かしさを感じる店である(笑)

さて、この後、県立美術館に行くつもりだったが、天気がとてもいいので岡山後楽園に行くことにした。

今日、そんなに泥酔しなければ、明日美術館に行けるだろう(多分)。

慎重に階段を降りる。

Cafe moyau(カフェモヤウ)の急階段

というか、店員さん、大変だな。

14:15に店を出る。

岡山後楽園

「Cafe moyau(カフェモヤウ)」がある出石町(いずしちょう)には、レトロな建物が連なり、良い風情を醸し出していた。

出石町(いずしちょう)のレトロな町並み1

出石町(いずしちょう)のレトロな町並み2

出石町(いずしちょう)のレトロな町並み3

近くに「ももちゃり」というレンタサイクルがあった。使ってみたかったんだけど、iPhoneでは利用できなくて残念。

ももちゃり

鶴見橋を渡って、岡山後楽園へ向かう。

鶴見橋

後楽園の入口。チケット売り場の後ろには大楠。

岡山後楽園の入口

入園料は大人400円。

岡山城、県立博物館との共通券もある。

参考:入園案内/後楽園

急にこんな広大な空間が広がる。その先には岡山城。

岡山後楽園と岡山城1

岡山後楽園と岡山城2

岡山後楽園と岡山城3

後楽園の西側にある操山という山を借景。

岡山後楽園と操山

4年前、岡山に来たときは岡山城しか見学しなかったけど、後楽園は一見の価値あるなぁと思った。

園内をぐるっと廻る。

大きな池。

岡山後楽園の池1

岡山後楽園の池2

茶畑。

岡山後楽園の茶畑

ツツジの花が咲いたらきれいなんだろうね。

岡山後楽園のツツジ

約6メートルの築山で、平面的な庭園が立体的な景観に。

岡山後楽園の築山1

築山からの眺め。

岡山後楽園の築山2

岡山後楽園の築山3

ここがお殿様の居間として使われたという「延養亭」。

岡山後楽園の延養亭1

岡山後楽園の延養亭2

日差しが強くて暑い。

売店では、ご当地ビールが売っていたが、我慢した・・・

25分位で後楽園を出る。

もうちょっとすると「茶つみまつり」「初夏の「延養亭」特別公開」があったんだね。

岡山後楽園の茶つみまつり

岡山県立博物館で「乕徹」を鑑賞

後楽園のすぐ隣に岡山県立博物館があって、「春季展(3)特別陳列」で「乕徹」が展示されているそうなので寄ってみる。

岡山県立博物館「春季展(3)特別陳列」で「乕徹」

岡山県立博物館の外観

最近は刀剣ブームで、色んな所で刀剣の展示やってるね。

しかし、こんなことなら単眼鏡持ってくればよかった。

重要文化財の「長曽祢興里入道乕徹」(個人蔵)を拝見した。

タクシーでホテルグランヴィア岡山へ

後楽園を後にして、鶴見橋の手前でタクシーを拾う。

入ったらタバコ臭くてかなわん(笑)

町並みを見てると、古美術商が他の都市と比べて如実に多くて、さすが備前焼の本場だと思った。

運転手に伝えたところ、それでも、以前に比べると、1/4くらいに減ってしまったという。

◯◯に行くと、備前焼の市場があると教えてくれた。

なお、このTaxiはクレジットカードは使えないけどPayPayは使えた。

PayPayの使えるタクシー

昨日で20%還元のキャンペーンが終わってしまったPayPay、ちょうど1,000円くらい残っていたので、このタクシーで使い切った。

ホテルグランヴィア岡山のスタンダードツイン

16:10に部屋に。

スタンダードシングル(17平米)で予約していたが、スタンダードツイン(32平米)にアップグレードしてくれた。

充分な広さで、ありがたい。

ホテルグランヴィア岡山のスタンダードツイン1

ホテルグランヴィア岡山のスタンダードツイン2

ホテルグランヴィア岡山のスタンダードツイン3

ホテルグランヴィア岡山のスタンダードツイン4

ホテルグランヴィア岡山のスタンダードツイン5

ホテルグランヴィア岡山のスタンダードツイン6

窓からは岡山駅ビュー、新幹線の往来も見られる。

ホテルグランヴィア岡山から岡山駅1

後付だけど、枕元にもコンセントがあった。

晩飯は20時、旅行記の下書き書いたり、シャワー浴びたり、連絡したりで、ゆっくり過ごす。

ホテルグランヴィア岡山から岡山駅2

ホテルグランヴィア岡山から岡山駅3

「みや古」で寿司

タクシーを拾って、20時前に「みや古」へ。

参考:みや古 – 新西大寺町筋/寿司 [食べログ]

岡山市の「みや古」の外観

カウンターは8席で、4人グループと女性2人の先客。その間に。

突き出し3品。

岡山市の「みや古」の突き出し

今日ある魚を全部見せてくれて、「どうしましょう?」と。

「おまかせ」でお願いしたが、後で気づいたが、皆さんアラカルトで頼まれていた。次回はそうしよう。

白身魚の刺盛り。

岡山市の「みや古」の刺盛り

ジューシーな生トリ貝、旨し。

岡山市の「みや古」のトリ貝

お酒は地元のものにしてもらった。

岡山市の「みや古」の森田大吟醸

自分からは「2回目です」と言わなかったのだが、大将、覚えてくれていたみたいで、私が書いたブログも読んでくれていたみたい。嬉しいね。

ちなみに、こちらの記事ね。

岡山市の「みや古」のサヨリ

岡山市の「みや古」のタチウオ

岡山市の「みや古」の伊七

後から私の隣に来られた方は、現役のお坊さんで、とてもひょうきんな方であった。

大将との掛け合いなどを聞きながら楽しく過ごさせてもらった。

岡山市の「みや古」のアワビとタコ

岡山市の「みや古」のabunotsuru

岡山市の「みや古」のスミイカ

岡山市の「みや古」の白身魚1

岡山市の「みや古」の白身魚2

岡山市の「みや古」の白身魚3

岡山市の「みや古」の白身魚4

岡山市の「みや古」の車海老

岡山市の「みや古」のヅケ1

岡山市の「みや古」のヅケ2

岡山市の「みや古」のうに3種

岡山市の「みや古」のろまん

岡山市の「みや古」の干瓢巻

23時前に店を出る。

当初、この後、前回同様、ラウンジの「eclat」に行こうと思っていたのだが、食事中に妻からうちの父親が今度受ける手術のことで電話があって、夜遊びする気にはなれなくなったのでホテルに直帰した。

深夜のロビー。

深夜のホテルグランヴィア岡山のロビー

ダラダラと部屋飲みして、多分、27時前に寝た。

ホテルグランヴィア岡山で部屋飲み

ホテルグランヴィア岡山からの岡山駅前(深夜)

ホテルグランヴィア岡山をチェックアウト

10時半に起きたが二度寝。

次はフロントからのコールで起こされた。もう12:15だった。

2時間の延長をお願いしたが、今日は満室で対応できないとのこと。

大急ぎで準備して12:30にチェックアウト。

しばらくロビーで今後のことを考える。まだボーっとしている。

空港行きのバスの時間を確認。

17:10に岡山駅西口を出るバスに乗れば間に合うようだ。

今日は昨日行かなかった岡山県立美術館に行かねばね。

岡山県立美術館の「ちゃい夢」でランチ

駅前からタクシーで岡山県立美術館へ。

13:25に到着。

この奇抜なデザインの美術館を設計したのは、最高裁判所や群馬県民会館(ベイシア文化ホール)などを設計した岡田新一とのこと。

岡山県立美術館の外観1

岡山県立美術館の外観2

「ロマンティック・ロシア」展を見る前に、併設の「ちゃい夢」というカフェへ。

ちゃい夢 県立美術館店 – 城下/喫茶店 [食べログ]

ワッフルが売りの店らしい。

フルーツワッフルとアイスカフェオレで昼飯。

昨晩深酒したので、これくらいでちょうどいい。

岡山県立美術館の「ちゃい夢」のフルーツワッフル

岡山県立美術館の「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」展

14:05頃から「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」展を鑑賞。

岡山県立美術館の「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」展

せっかくなので、音声ガイド端末(520円)も利用してみた。

諏訪部順一さんという声優さんによる美声の音声ガイドだ。

75点展示されているが、以下の21点に音声ガイドが付いている。一部は絵にマッチするBGMも。

アレクセイ・サヴラーソフ田園風景
アブラム・アルヒーポフ帰り道
イサーク・レヴィタン春、大水
イワン・アイヴァゾフスキー海岸、別れ
アルカージー・ルイローフ静かな湖
イワン・シーシキン松林の朝
イワン・シーシキン雨の樫林
イワン・シーシキン正午、モスクワ郊外
グリゴーリー・ミャソエードフ秋の朝
ワシーリー・バクシェーエフ樹氷
ニコライ・サモーキシュトロイカ
イリヤ・レーピンピアニスト・指揮者・作曲家アントン・ルビンシュテインの肖像
イワン・クラムスコイ忘れえぬ女
イワン・クラムスコイ月明かりの夜
アレクセイ・ステパーノフ鶴が飛んでいく
セルゲイ・ヴィノグラードフ家で
ワシーリー・コマロフワーリャ・ホダセーヴィチの肖像
ニコライ・グリツェンコイワン大帝の鐘楼からのモスクワの眺望
アレクセイ・ボゴリューボフボリシャヤ・オフタからのスモーリヌイ修道院の眺望
コンスタンチン・コローヴィン小舟にて
ウラジーミル・マコフスキージャム作り

絵に添えられている説明をテキストで読むより、音声ガイドのほうが絵に対する理解が深まるね。

なお、モスクワのトレチャコフ美術館は、フラッシュを使わなければ写真撮影OKだったが、日本は借りている立場なので撮影はNGであった。

リュックを背負っていたのでかなり腰に来る。

適宜、椅子に座って休みながら、2時間くらいかけてじっくり鑑賞した。

ショップでロシアのジャムやチケットを入れるクリアファイルなどを購入。

岡山城を再訪

時刻は16時。

バスの時間まで1時間位ある。

天気が抜群に良かったので、一度訪れたことがあるが、岡山城を再訪することにした。

県立美術館前までJapanTaxiを手配して、16:10に岡山城前に到着。

岡山城

瀬戸内海の犬島などから運び込まれたという大石。

岡山城の大石

クランク。

岡山城のクランク

岡山城の大石

岡山城の大石

昨日、岡山後楽園から見えた天守閣。

岡山城の天守閣1

岡山城の天守閣2

岡山城の天守閣3

エレベーターで4階まで上った後、6階へ。

岡山城は上から下に降りながら見る形式

天守閣から昨日歩いた岡山後楽園。

岡山城の天守閣から後楽園1

岡山城の天守閣から後楽園2

岡山城の天守閣から後楽園3

あれは岡山後楽園が借景として使っていた操山かな?

岡山城の天守閣から操山

『コブラ』で知られる寺沢武一に師事したという、歴史・武将イラスト作家の正子公也さんによる「EMAKI秀家伝」。

岡山城のEMAKI秀家伝1

宇喜多秀家と豪姫。

岡山城のEMAKI秀家伝2

岡山城のEMAKI秀家伝3

岡山城のEMAKI秀家伝4

関ヶ原の戦いに破れた秀家は西国に逃げ延びるが、最後には八丈島に配流されている。

2ヶ月前、日帰りで八丈島に行った際に、宇喜多秀家の墓を見に行ったよ。

岡山城前にJapanTaxiを呼んで、ホテルグランヴィア岡山に戻る。

運転手に「JapanTaxiアプリで配車手配する人どれくらいいるのか?」と聞いてみたら、今日は1/4がスマホ手配だという。思った以上に使われているんだね。

岡山空港のサクララウンジ

スーツケースを受け取った後、急いで駅西口のバス乗り場へ。

ぎりぎりで空港行きのバスに間に合った。

17:40に岡山空港に到着。

荷物を預けた後、保安検査後のエリアにあるサクララウンジへ。

岡山空港のサクララウンジの入口

パソコンの充電がやばかったので、こちらで充電。

JALの普通席でも充電できるようにしてくれるといいのだけど。

ゆずはちみつジュースで水分補給した。

JALのサクララウンジの利用条件や内部の詳しいレポートなどは以下の記事を参照。

JAL242便に搭乗

JAL242便に搭乗。満席。

JAL242便から岡山空港

岡山さようなら。

JAL242便から岡山市街地

機内では撮った写真を見ながら下書きを書いていた。

JAL242便からの風景

羽田空港到着後、バスと電車を乗り継いで帰宅。

岡山1泊2日旅行でかかった費用

最後に、今回の岡山1泊2日旅行でかかった費用をまとめておく。

往復のJAL航空券はBritish Airwaysのマイルで手配したので、かかった費用は諸税の580円のみ。

国内線手配の一手段として、BAマイル⇒JAL国内線特典航空券はとても便利。

宿泊先のホテルグランヴィア岡山が11,400円。

「cafe moyau(カフェモヤウ)」「みや古」「ちゃい夢」などでの飲食代が、合計22,538円。

現地での交通費が合計8,020円。

観光のための費用が2,540円。

合計45,078円。

分類細目費用
飛行機JAL223便290円
JAL242便290円
宿泊ホテルグランヴィア岡山11,400円
 飲食 cafe moyau1,400円
みや古17,800円
ローソン216円
ローソン1,922円
ちゃい夢1,200円 
交通空港連絡バス760円
タクシー980円
タクシー900円
タクシー590円
タクシー740円
タクシー1,140円
タクシー580円
タクシー750円
タクシー820円
空港連絡バス760円
観光岡山後楽園&県立博物館420円
「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」展1,300円
音声ガイド520円
岡山城300円
お土産岡山県立美術館アートショップ4,320円
合計45,078円
ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは旅行記、搭乗記、ポイント・マイルの獲得方法を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。