デルタ スカイマイル

デルタ航空「ニッポン500マイルキャンペーン」の申請方法を分かりやすく解説

ニッポン500マイルキャンペーン

こんにちは。

デルタ航空のスカイマイルは”そこそこ”貯めている、jun(@miler_jun)と申します。

デルタ航空「ニッポン500マイルキャンペーン」。

ANAでもJALでも、Peachでもジェットスターでも。

国内線の搭乗券(※)を写メってデルタ航空にメールで送ってください。

搭乗券1枚につき500マイル貰えますよ。往復なら2枚で1,000マイルです。

(※)国際線の搭乗券は対象外です。

特典航空券の搭乗券も対象です。

無料で乗ったのにマイルが貰えます。

以下では、「ニッポン500マイルキャンペーン」の内容の解説した後、具体的な申請方法を紹介します。

最後に、「ニッポン500マイルキャンペーン」で貯めたスカイマイルの使い方を紹介します。

「ニッポン500マイルキャンペーン」の内容

日本国内線の搭乗券をデルタ航空にメールで送ると、搭乗券1枚につき500マイルのスカイマイルを獲得できます。

旅行期間

2019年4月1日~2020年3月31日

上記期間中の搭乗券が対象となります。

期間限定のキャンペーンですが、このキャンペーン、毎年更新されています。

デルタ航空と合併する前のノースウエスト航空時代からずっと更新されています。

2008年10月29日、デルタ航空はノースウエスト航空と合併し、当時としては世界最大の航空会社となりました。

私は今後も続くだろうという希望的観測の元、利用しています。

対象となるフライト

日本国内線の定期路線全てが対象となります。

  • ANA
  • ANAウイングス
  • アイベックスエアラインズ
  • オリエンタルエアブリッジ
  • JAL
  • 北海道エアシステム
  • 日本トランスオーシャン航空
  • 日本エアコミューター
  • 琉球エアーコミューター
  • スカイマーク
  • スターフライヤー
  • ソラシドエア
  • エア・ドゥ
  • フジドリームエアラインズ
  • 天草エアライン
  • Peach
  • ヴァニラ・エア
  • ジェットスター
  • 新中央航空
  • 新日本航空
  • 東邦航空
  • 春秋航空

特典航空券も対象です。

ただし、国際線の一部として扱われる国内路線は対象外です。

例えば、JALカードnavi会員は、JAL・JTB・JAC・RACの運航の特典航空券で往復6,000マイルで取得できますね。

往復で得た2枚の搭乗券をデルタ航空にメールで送れば、合計1,000マイルのスカイマイルも獲得できます。

認められる「搭乗券」

「ニッポン500マイルキャンペーン」で認められる「搭乗券」は以下のものです。

「搭乗券」を発券した場合

チェックイン時に「搭乗券」を発券した場合は、「搭乗券」または「搭乗半券」になります。

「搭乗券」を発券した場合は、「ご利用案内書」、「引換証ご利用案内書」、「搭乗案内書」、「搭乗証明書」などは、ボーナスマイルの加算対象外となります。

「搭乗券」を発券しなかった場合

ANAの「スキップサービス」、JALの「タッチ&ゴーサービス」などを利用すると、空港で「搭乗券」を発券せず、そのまま保安検査場に向かうことができますね。

その場合、保安検査場で発行された「保安検査証(ANAの場合)」「ご搭乗案内(JALの場合)が、「ニッポン500マイルキャンペーン」で認められる「搭乗券」となります。

ANA・JALの搭乗券

ANAの場合、搭乗口でも「ご搭乗案内」が発行されます。こちらも「ニッポン500マイルキャンペーン」で認められる「搭乗券」となります。

認められる「搭乗券」の有効期限

認められる「搭乗券」の有効期限は、搭乗日から2ヶ月以内となっています。

ボーナスマイル

国内線の搭乗券1枚につき500ボーナスマイルがプレゼントされます。

ただし、加算上限があります。

デルタ航空のメダリオンプログラムの一般会員は、最大10フライト分(合計5,000マイル)が上限となります。

メダリオンプログラムでシルバーメダリオン以上の会員は、最大40フライト分(合計20,000マイル)が上限となります。

一般会員最大10フライト分(合計5,000マイル)
シルバーメダリオン会員
ゴールドメダリオン会員
プラチナメダリオン会員
ダイヤモンドメダリオン会員
最大40フライト分(合計20,000マイル)

インターバル

以下では、デルタ航空のメダリオンプログラムについて簡単に説明しつつ、簡単にメダリオン会員になる方法を紹介します。

メダリオンプログラムとは、JALのFLY ONプログラム、ANAのプレミアムメンバーサービスにあたる上級会員プログラムです。

デルタ航空でシルバーメダリオン以上のステータスを得るためには、デルタ航空、デルタ・コネクション、デルタシャトル、および指定の提携航空会社に搭乗して、以下の条件をクリアする必要があります。

シルバーメダリオン25,000MQMまたは30MQS
ゴールドメダリオン50,000MQMまたは60MQS
プラチナメダリオン75,000MQMまたは100MQS
ダイヤモンドメダリオン125,000MQMまたは140MQS

MQM(Medallion Qualification Miles/メダリオン会員資格取得必要マイル)は、飛行距離および運賃クラスに応じて獲得できるものです。

MQS(Medallion Qualification Segments/メダリオン会員資格取得必要区間)は、フライトの利用回数に応じて獲得できるものです。

JALで言う、FOP修行か回数修行みたいなものと理解するといいのではないかと思います。

ちなみに、米国在住の会員の場合、MQD(メダリオン会員資格取得必要ドル/Medallion Qualification Dollars)でもステータスを獲得できます。

デルタ航空、デルタ・コネクション、デルタシャトル、および指定の提携航空会社の搭乗で、シルバーメダリオン以上のステータスを得るのはなかなか難しいと思います。

しかし、簡単にメダリオン会員になる方法があります。

デルタ スカイマイル提携のアメリカン・エキスプレス・カードの発行です。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの券面デザインデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの券面デザイン
ステータスシルバーメダリオンゴールドメダリオン

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードに入会すると、即時に、シルバーメダリオン資格が付与されます。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに入会すると、即時に、ゴールドメダリオン資格が付与されます。

この2つのカードに入会すれば、即メダリオン会員になることができ、「ニッポン500マイルキャンペーン」で最大40フライト分のボーナスマイルを獲得できるようになります。

紹介がお得

現在、デルタ スカイマイル提携のアメリカン・エキスプレス・カードは、公式サイトから入会するよりも、既存会員からの「紹介」で入会した方がお得になっています。

より多くの入会ボーナスマイルが貰えます。

アメックス社が、口コミマーケティングを重視しているためです。

デルタ スカイマイル提携のアメリカン・エキスプレス・カードの「紹介プログラム専用URL」は、以下の記事で案内していますので、御覧ください。

15枚のアメックスは「紹介キャンペーン」入会が「ポイントサイト」経由よりお得。

「ニッポン500マイルキャンペーン」の申請方法

「ニッポン500マイルキャンペーン」の具体的な申請方法を紹介します。

  • STEP01
    ボーナスマイル加算申請フォームをダウンロード
  • STEP02
    Acrobat Reader DCで加算申請フォームに入力

    Adobe Acrobat Reader DCで、ボーナスマイル加算申請フォーム(PDF)を開いてください。

    サイドパネルの「入力と署名」⇒上部メニューの「テキストを追加」で、必要事項を「ローマ字/英数字」で入力してください。

    サイドパネルの「入力と署名」⇒上部メニューの「チェックマークを追加」で、性別にチェックマークを入れてください。

    もちろん、ボーナスマイル加算申請フォーム(PDF)をプリントアウトして、手入力した後、スマホで撮影してもOKです。
  • STEP03
    搭乗券を撮影

    次に、搭乗券をスマホで撮影してください。

  • STEP04
    画像を添付してメール送信

    Japan500@delta.com 宛に、以下の2点の画像(JPG、PNG、もしくはPDF形式:最大2MB)を添付して、送信してください。

    ■ボーナスマイル加算申請フォーム
    ■搭乗券

    メールの件名は「ニッポン500マイルキャンペーン加算申請」としてください。

  • STEP05
    ボーナスマイル加算

    ボーナスマイル加算申請フォームを送信後、2週間以内には、スカイマイル会員口座にボーナスマイルが加算されます。

「ニッポン500マイルキャンペーン」で貯めたマイルの使い方

「ニッポン500マイルキャンペーン」でコツコツ貯めたスカイマイルは有効に使ってこそ価値がありますね。

以下では、デルタ航空スカイマイルの特徴を簡単に紹介した後に、デルタ航空のスカイマイル使いみちをいくつか紹介します。

デルタ航空スカイマイルの特徴

デルタ航空のスカイマイルの特徴は以下の4点です。

  • マイルの有効期限がない。
  • 特典航空券を第三者にも発券できる。
  • 特典航空券の片道発券が可能。
  • 特典航空券の必要マイル数が多い。

デルタ航空スカイマイルの使いみち

アジア諸国への特典航空券に交換する

デルタ航空スカイマイルの特徴として、「特典航空券の必要マイル数が多い」ことを挙げましたが、アジア諸国への特典航空券ではそれほどではありません。

未遂に終わりましたが、スカイマイル35,000マイルでチャイナエアライン(成田-高雄)のビジネスクラス特典航空券に交換したことがあります。

スカイマークの特典航空券に交換する

デルタ航空のスカイマイルを使って、スカイマークの特典航空券に交換することができます。

ただし、上の記事でも述べていますが、特典交換できるのは、以下いずれかの会員です。

  • 日本在住のデルタスカイマイル提携クレジットカード本会員(※)
  • 日本在住のシルバーメダリオン会員・ゴールドメダリオン会員・プラチナメダリオン会員・ダイヤモンドメダリオン会員・

※デルタスカイマイル提携クレジットカード入会後2ヶ月経過している必要があります。

ちなみに、年会費の最も安いデルタスカイマイル提携クレジットカードは、デルタスカイマイルJCBテイクオフカードです。

年会費1,500円[税別](初年度無料)で、100円で1マイル貯まります。

スカイマーク特典航空券の利用可能区間と必要マイル数(往復)は以下のようになっています。

区間必要マイル(往復)
羽田-神戸
神戸-茨城
神戸-鹿児島
神戸-長崎
神戸-那覇
福岡-那覇
15,000マイル
羽田-福岡
羽田-鹿児島
羽田-長崎
羽田-那覇
羽田-新千歳
茨城-新千歳
神戸-新千歳
中部-那覇
中部-新千歳
20,000マイル

神戸空港ベースの人には意外とスカイマイル使えるかもしれません。

私は羽田-神戸線で使ったことがあります。

JTB国内旅行券に交換する

スカイマイルを「10,000マイル=10,000円分」でJTB国内旅行券に交換できます。

国内旅行を10回すると、搭乗券が20枚貯まり、10,000円分のJTB国内旅行券がもらえる計算ですね。

年間上限は30,000マイルです。

有効期限は発行日から6ヶ月間です。

貯まったスカイマイルをJTB国内旅行券に交換して、新幹線旅をするのもいいでしょうね。

まとめ

ひと手間かかりますが、国内旅行の度にデルタ航空のスカイマイルが1,000マイル手に入る「ニッポン500マイルキャンペーン」。

面倒くさがらずに是非利用してみてください。

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは旅行記、搭乗記、ポイント・マイルの獲得方法を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。