ちょびリッチカードNEXTのメリット・デメリット

[記事公開日]2017/01/12
[最終更新日]2018/01/12

ちょびリッチカードNEXTの券面デザイン

ちょびリッチカードNEXTは、株式会社オリエントコーポレーションとポイントサイト「ちょびリッチ」との提携クレジットカードです。

株式会社オリエントコーポレーションは、オリコカードを発行する会社ですね。

カード会社とポイントサイトとの提携カードには、Pollet Visa PrepaidPOINT WALLET VISA PREPAIDなどのように「プリペイドカード」もありますが、ちょびリッチカードNEXTは「クレジットカード」です。

国際ブランドは、JCB限定です。

ちょびリッチカードNEXTのメリットは、年会費が実質的に無料で、海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険が付帯することです。

デメリットは、ポイント還元率が0.5%と低い(100円=1ちょびリッチポイント=0.5円相当)ことです。

年会費実質的に無料

ちょびリッチカードNEXTの年会費は初年度無料です。

2年目以降は、1,250円(税抜)かかりますが、前年の年間利用額が10万円以上で次年度無料になります。

ちょびリッチカードNEXTで年間10万円以上支払いをしていれば、ずっと年会費は無料ということですね。

ちょびリッチポイント還元率1%

ちょびリッチカードNEXTの月々の利用額に対して、100円につき1ポイントのちょびリッチポイントがたまります。

ちょびリッチポイント還元率は1%。

「ポイント還元率が1%あればまずまずではないか?」と思われるかもしれません。

しかし、以下で触れるように、ちょびリッチポイント1ポイントの実質的価値は0.5円しかありません

ちょびリッチポイント1ポイントは0.5円相当

ちょびリッチポイントは、現金、ギフト券、電子マネー、航空会社マイレージなど様々なポイントサービスに交換できます。

以下はちょびリッチポイントを現金に交換したときの交換レートです。

ちょびリッチポイント1ポイントは0.5円相当なんですね。

そのため、ちょびリッチポイントNEXTの還元率は0.5%となります。

交換先 交換レート 手数料 交換予定日
住信SBIネット銀行 1,000ポイント → 500円 0円 3営業日以内(土日祝除く)
楽天銀行 1,000ポイント → 500円 0円 3営業日以内(土日祝除く)
ジャパンネット銀行 1,000ポイント → 500円 0円 3営業日以内(土日祝除く)
ゆうちょ銀行 1,000ポイント → 500円 0円 3営業日以内(土日祝除く)

ちょびリッチ経由の買物でポイント最大3重取り

ポイントサイトである「ちょびリッチ」経由で、ショッピングを行い、ちょびリッチカードNEXTで支払いすれば、

  1. ポイントサイト「ちょびリッチ」の利用ポイント
  2. ちょびリッチカードNEXTのクレジットポイント
  3. ショッピングサイトのポイント

の3重取りができます。

と言っても、「ハピタス」経由で、ショッピングを行い、他のクレジットカードで決済しても同様に3重取りできます。

「ちょびリッチ」経由の「ちょびリッチカードNEXT」利用にこれと言ってメリットが有るわけではありません。

むしろ、ちょびリッチカードNEXTの還元率の低さはデメリットです。

海外旅行傷害保険

ちょびリッチカードNEXTには、オリエントコーポレーションが発行するオリコカード/UPty/Premium Gold iDなどと同様の海外旅行傷害保険が付帯しています。

海外旅行傷害保険は自動付帯です。

この保険の責任期間は、会員が海外旅行旅行に出発したときから、帰宅されるまでの間で、最長90日間です。

ちょびリッチカードNEXTの券面デザイン
死亡 2,000万円
後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
携行品損害 20万円(免責1事故3,000円)
賠償責任 2,000万円
救援者費用等 200万円

国内旅行傷害保険

ちょびリッチカードNEXTには、オリエントコーポレーションが発行するオリコカード/UPty/Premium Gold iDなどと同様の国内旅行傷害保険が付帯しています。

国内旅行傷害保険は利用付帯です。

旅行代金を事前にちょびリッチカードNEXTで決済した場合に適用され、責任期間は以下の間になります。

  • 公共交通乗用具に乗客として搭乗している間
    ※タクシー、ハイヤー、レンタカー、社用車等は公共交通乗用具に含まれません。
  • 宿泊費用を自身のちょびリッチカードNEXTで支払った旅館・ホテル等の宿泊施設に、宿泊客として滞在している間。
  • 宿泊を伴う募集型企画旅行(パックツアー)に参加している間。
ちょびリッチカードNEXTの券面デザイン
死亡 1,000万円
後遺障害 最高1,000万円

ちなみに、私は、ポイントサイトは「ハピタス」をメインで利用しています。

以下の記事も是非ご覧ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ