ポイントサイト

陸マイラーのためのポイントサイトの選び方~おすすめポイントサイトはこれだ!

陸マイラーのためのポイントサイトの選び方

ちゃんとした企業が運営していて、サービスも安定しているポイントサイトと言えば、以下になります。

  • ポイントタウン
  • ライフメディア
  • モッピー
  • ちょびリッチ
  • ゲットマネー
  • マイボンバー
  • げん玉
  • ハピタス
  • ポイントインカム
  • ECナビ

以下では、ANA陸マイラーと、JAL陸マイラーのためのポイントサイトの選び方について紹介します。

ANA陸マイラーのためのポイントサイトの選び方

まずは、ANA陸マイラーのためのポイントサイトの選び方です。

ANAマイルを貯めたいのであれば、以下の条件に合うポイントサイトを選んで下さい。

  • ソラチカルートが利用できるポイントサイトを選ぶ
  • ANAマイルに交換するまでの交換回数と手数料が少ないポイントサイトを選ぶ
  • 友達紹介報酬の少ないポイントサイトを選ぶ

そして、その条件に合うポイントサイトを中心にポイントを貯めて下さい。

ソラチカルートが利用できるポイントサイトを選ぶ

第1の条件は、「ソラチカルートが利用できるポイントサイト」を選ぶことです。

陸マイラーの間で、「ソラチカルート」と呼ばれている一連の交換ルートがあります。

ポイントサイトのポイントをLINEポイントに集約した後に、「LINEポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイル」と交換していくルートです。

「LINEポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイル」の交換には、ソラチカカードが不可欠なため、ソラチカルートと呼ばれています。

ソラチカカード未取得の方は、以下のポイントサイト経由で入手しておいて下さい。

ポイントタウン登録ページ案件ページ
モッピー登録ページ案件ページ
ライフメディア登録ページ案件ページ
ちょびリッチ登録ページ案件ページ
ゲットマネー登録ページ案件ページ
げん玉登録ページ案件ページ
ハピタス登録ページ案件ページ
ポイントインカム登録ページ案件ページ
ECナビ登録ページ案件ページ

ソラチカルートの話に戻ります。

ソラチカカードがあると、「LINEポイント⇒メトロポイント」を「10:9」の割合で、「メトロポイント⇒ANAマイル」を「10:9」の割合で交換することができます。

LINEポイント

↓(90%)

メトロポイント

↓(90%)

ANAマイル

以上のような交換が可能になり、LINEポイントを「換算率81%(0.9×0.9×100)」でANAマイルに交換できます。

LINEポイントを貯めると、換算率81%でANAマイルに交換できること。

ここがポイントです。

ANA陸マイラーは、LINEポイントを貯めて、「LINEポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイル」の交換を目指して下さい。

冒頭で紹介したポイントサイトの中で、LINEポイントに直接交換できるのは、ポイントタウンのみです。

また、ポイント交換サイト「Gポイント」と、同じくポイント交換サイトの「RealPay(リアルペイ)」のポイントはLINEポイントに移行できますので、

  • Gポイントに交換できるルートが存在するポイントサイト
  • RealPay(リアルペイ)に交換できるルートが存在するポイントサイト

もソラチカルートが利用できます。

この観点から、各ポイントサイトを採点すると以下のようになります。

ポイントサイト名ソラチカルート利用の可否
ポイントタウン
モッピー
ライフメディア
ちょびリッチ
ゲットマネー
げん玉
ハピタス
ポイントインカム
ECナビ

ANAマイルに交換するまでの交換回数と手数料が少ないポイントサイトを選ぶ

以下の記事は、各ポイントサイトのポイントをANAマイルに交換するまでの手続きを具体的に紹介した記事です。

ポイントサイト別に紹介しています。

ご覧いただくと分かりますが、ポイントサイトによって、ANAマイルに到達するまでの「交換回数」と手数料が違います。

交換回数が最小の「3回」で済むのは、ポイントタウンです。

ポイントタウンのポイントは、LINEポイントに直接交換できますので、交換回数が少なくなるのです。交換手数料も全て無料です。

次に交換回数が少ないのが、ライフメディア、モッピー、ちょびリッチ、ゲットマネー、マイボンバー、げん玉です。

「4回」の交換でANAマイルに到達します。

例えば、ライフメディア、モッピー、ちょびリッチ、ゲットマネー、マイボンバーからは、Gポイントを媒介として、以下のように交換が可能です。

モッピーを例として説明しています。

モッピー

↓(100%)

Gポイント

↓(100%)

LINEポイント

↓(90%)

メトロポイント

↓(90%)

ANAマイル

留意すべきは、GポイントからLINEポイントへの交換は5%の手数料がかかるということです。

げん玉からは、RealPay(リアルペイ)を媒介として、以下のように交換できます。

げん玉

↓(100%)

RealPay(リアルペイ)

↓(100%)

LINEポイント

↓(90%)

メトロポイント

↓(90%)

ANAマイル

RealPay(リアルペイ)からLINEポイントの交換には8%の手数料がかかります。

一方、ANAマイルに到達するまで「6回」もポイント交換が必要となるのが、ハピタス、ポイントインカム、ECナビです。

ハピタスを例として説明すると、以下のようなルートを辿らないと、ANAマイルまでたどり着けません。

ハピタス

↓(100%)

PeX

↓(100%)

ワールドプレゼント

↓(100%)

Gポイント

↓(100%)

LINEポイント

↓(90%)

メトロポイント

↓(90%)

ANAマイル

ポイント交換疲れしちゃいますよね。

しかも、

PeX

↓(100%)

ワールドプレゼント

↓(100%)

Gポイント

の一連の交換には、三井住友VISAカードも必要となります。

ソラチカルートを利用するために、ソラチカカードに加えて、三井住友VISAカードも必要になるのです。

手間も時間もかかるルートですので、おすすめできません。

以上の観点から、各ポイントサイトを採点すると以下のようになります。

ポイントサイト名ANAマイルに到達するまでの交換回数と手数料
ポイントタウン
モッピー
ライフメディア
ちょびリッチ
ゲットマネー
げん玉
ハピタス
ポイントインカム
ECナビ

友達紹介報酬の少ないポイントサイトを選ぶ

最後の条件は、ポイントサイトの報酬額に係る条件です。

「友達紹介報酬の少ないポイントサイト」を選びましょう。

ポイントサイトを特徴づける要素として「友達紹介制度」がありますね。

例えば、Aさんの友達紹介リンクからBさん、Cさんがポイントサイトに入会した場合、Bさん、Cさんの広告利用ポイントの一部がAさんに「友達紹介報酬」として還元されます。

この「友達紹介報酬」の割合が大きいポイントサイトほど、案件を利用した時の報酬額は少ない傾向にあります。

なぜかと言えば、広告主から各ポイントサイトに配られる広告費は基本的に同じだからです。

「友達紹介報酬」に多く回せば、その分だけ、案件をこなした時の報酬額は目減りしてしまいます。

「友達」がたくさんいる人が勧めてくるポイントサイトは、あなたには不利なポイントサイトかもしれませんので注意が必要です。

この観点から、各ポイントサイトを採点すると以下のようになります。

ポイントサイト名友達紹介報酬の少なさ
ポイントタウン
モッピー
ライフメディア
ちょびリッチ
ゲットマネー
げん玉
ハピタス
ポイントインカム
ECナビ

ちょびりっちは友達紹介報酬が極端に少ないポイントサイトです。

ちょびリッチにおいては友達が多数いても紹介報酬を全然獲得できません。

その分、案件の報酬額がアップしやすくなります。

一方、ハピタスは友達紹介報酬の割合が極端に高いポイントサイトです。

友達の数によって最大40%までアップします。

その分、案件の報酬額は低く抑えられがちです。

まとめ

以上をまとめると、以下のようになります。

ポイントサイト名ソラチカルート交換回数と交換手数料友達紹介報酬
ポイントタウン
モッピー
ライフメディア
ちょびリッチ
ゲットマネー
げん玉
ハピタス
ポイントインカム
ECナビ

ANA陸マイラーにとっては、ポイントタウン、モッピー、ライフメディア、ちょびリッチ、ゲットマネー、げん玉がおすすめです。

JAL陸マイラーのためのポイントサイトの選び方

次は、JAL陸マイラーのためのポイントサイトの選び方です。

こちらはANAと比べて簡単です。

モッピー一択でいいです。

なぜなら、モッピーはJALマイルへの換算率が大幅にアップする「JALマイル交換ドリームキャンペーン」というキャンペーンを行っており、その換算率は他のポイントサイトの追随を許さないからです。

モッピーの「JALマイル交換ドリームキャンペーン」

モッピーのJALマイル交換ドリームキャンペーン

モッピーの「JALマイル交換ドリームキャンペーン」について説明します。

モッピーのポイントは、通常、「1,000ポイント=500マイル」の換算率でJALマイルに交換できます。

換算率は50%ですね。

しかし、モッピーの「JALマイル交換ドリームキャンペーン」を利用すると、換算率が80%になります。

どういうことか?

  • モッピーのポイントをチャージできるVISAプリペイドカード「POINT WALLET VISA PREPAID」を持っている
  • 当月に広告利用で獲得したポイント数が15,000ポイント以上

という2条件を満たすと、

「12,000ポイント=6,000マイル」という交換を行った後に、モッピーのポイントが4,500ポイント返ってくるのです。

モッピーからJALマイルへの交換

実質的に、

「7,500ポイント=6,000マイル」

という交換が可能になり、JALマイルへの換算率は「80%」になります。

JALマイルへの換算率においてはモッピーのみ飛び抜けて高く、他のポイントサイトが追随する気配は(今の所)全くありません。

よって、JAL陸マイラーのためのポイントサイト選びは、モッピー一択で決まりなのです。

陸マイラーのためのポイントサイトの選び方

以上、ANA陸マイラーとJAL陸マイラーに分けて、最適なポイントサイトの選び方について紹介してきました。

結論を述べると、

ANA陸マイラーにとっておすすめのポイントサイトは、

ポイントタウン
モッピー
ライフメディア
ちょびリッチ
ゲットマネー
げん玉

JAL陸マイラーにとっておすすめのポイントサイトは、

モッピー

ということになります。

ABOUT ME
jun
jun
本日(2月12日)23:59まで「PayPay残高5,000円分、もしくは、アマゾンギフト券5,000円分」が抽選で4名様に当たるTwitter企画を実施中です。 Twitterアカウントの固定ツイートをご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。