楽天カードの審査時間はわずか10時間半。即日発行も可能かも。

[記事公開日]2016/10/06
[最終更新日]2017/10/27

楽天カード(Visa)を解約して、楽天カード(JCB)の審査にトライしました。

わずか10時間半後に審査結果が判明しました。申込み時間次第では即日発行も可能かも?しれません。

「楽天カード(Visa)を解約してから、楽天カード(JCB)に申込んだ理由」を紹介してから、具体的な審査の流れを紹介したいと思います。

楽天カード(Visa)を解約して、楽天カード(JCB)の審査を受けた理由

楽天カードを最初に作ったのは今からもう10年以上前、2004年の8月です。大学を卒業してから初めて作ったカードがVisaブランドの楽天カードでした。

月日は流れ、2011年11月以降は、nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードが注目されるようになりました

nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカード一覧は以下のサイトで確認できます。

なぜ注目されるようになったのか?

セブンイレブンはnanacoによる代金収納(=「バーコード付きの税金や公共料金の納付書を払うこと」と考えてください)を受け付けています。

セブンイレブンの公式ページを見ると、「nanacoで支払いができないもの」にインターネット代金収納が含まれていません。

nanacoで支払いができないもの

nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードがあると、税金の支払いでもクレジットポイントを貯められるんですね。個人事業主には大変ありがたい。

さて、楽天カードの国際ブランドはVisa、MasterCard、JCBの3種類から選ぶことができます。が、この内、nanacoチャージでポイントが貯まるのはJCBブランドの楽天カードだけです。

というわけで、2011年11月以降は、楽天カードの中でもJCBブランドの楽天カードが人気になりました。

私が持っているのは、Visaブランドの楽天カードと言いましたね。

国際ブランドを変更したいところですが、以下の記事にあるように、楽天カードは国際ブランドの変更を認めておらず、一度解約して、再申込する必要があります。

楽天カードの審査時間は10時間半

というわけで、nanacoチャージポイントを得るために、Visaブランドの楽天カードを解約して、12年ぶりにJCBブランドの楽天カードを申し込んでみました。

結果。

楽天カードの申込みをして、「お申し込み受付のお知らせ」メールが来たのが、10月4日22時31分。

審査通過を意味する「カード発行手続き完了のお知らせ」メールが来たのは、10月5日9時8分。

審査にかかった時間は、10時間37分でした。

楽天カードの審査時間

私が申し込んだのは夜遅い時間でしたが、朝早く申し込めばその日のうちに審査結果が出たかもしれませんね。即日審査も可能だったかもしれません

申込みから1週間で楽天カードが自宅に届く

なお、カードが自宅に届けられたのは、10月11日です。申込みから到着までの所要時間は1週間ですね。

新しく手に入れた楽天カード(JCB)には、楽天ポイントカード機能も搭載されていますので(下図右側)、今までよりも楽天ポイント獲得の機会が増えそうです。

楽天ポイントカード機能搭載の楽天カードのデザイン

楽天カードの審査申込み

楽天カードの審査状況を確認する方法

私のケースでは、申込み後10時間半で審査結果が判明し、1週間でカードが手元に届きました。

しかし、人によっては審査結果が出るまで時間がかかるということもあるようです。

今審査がどの程度進んでいるの確認する方法があるので紹介します。

http://www.rakuten-card.co.jp/にアクセスします。

右の方に「カード発行状況の確認」ボタンがあるのでクリックします。

楽天カード発行状況の確認ボタン

「カード申し込み受付IDの入力」画面になりますので、「お申し込み受付のお知らせ」メールに記されている受付ID、生年月日、電話番号(下4桁)を入力して、「発行状況の確認」ボタンをクリックします。

楽天カード発行状況の確認ボタン

楽天カード発行状況が確認できます。

楽天カード発行状況

楽天カード以外で「審査時間」が短いカード、「即日発行」が可能なカード

楽天カードは相当「審査時間」が短く、「カード受け取りまでの期間」も短いカードです。

しかし、上には上があります

以下のページでは、「審査時間」の短さで群を抜く「Yahoo! JAPANカード」(最短1分審査)や、「申込み当日に受け取り可能」な「アコムACマスターカード」などを紹介しています。

是非ご覧ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ