未分類

Beats by Dr.Dre Studio Wirelessのメリット・デメリット(20代音楽好き長髪女子の意見)

Beats by Dr.Dre Studio Wireless着用イメージ

私はBOSEのノイズキャンセリングイヤホンを持っていますが、ペンネーム「ラムちゃん」さんはBeatsのノイズキャンセリングでワイヤレスのヘッドホンを持っているということで、レポートしてもらいました。


今回は私のお気に入りのBeats by Dr.Dre Studio Wireless(密封型ヘッドホン ノイズキャンセラー付Bluetooth対応)についてレポートします。

メリットと、デメリットと言うほどではないけど気になる点をレポートします。

Beats by Dr.Dre Studio Wireless着用イメージ

メリット

音質がいい

メリットとしては
まずはやっぱり。音質がすごくいい。

大げさに例えるならば
まるで映画館にいるような感覚(笑)

重低音がすごい。

密封型のヘッドホンなので感じる音域が
広いような気がします。

夜中にどうしても大音量で音楽を聴きたいとき、
お隣さんのお家を気にしちゃうと
小さめで音楽を流しますが。

ヘッドホンがあれば、遠慮なく大音量で
且つ良い音質で音楽を楽しめてしまいます。

Wireless(Bluetooth)の良さ

私はよく夜中に作り置きオカズを作るのですが
Wireless(Bluetooth)ということで
コードがない分作業の邪魔にならずに
ノリノリで料理しています(笑)

あとは通勤ラッシュ時などの満員電車で
降りる人に巻き込まれてコードをひっぱられる
心配もありません*\(^o^)/*

(イヤホンのときはコードが巻き込まれて
ピアスまでもが巻き添えをくらっていました)

スイッチひとつでつながる

スイッチ一つで簡単に繋がるのも嬉しい
ポイントなのではないかと思います。

(初期状態で繋げるときは時間がかかる場合もあると思います)

電池残量もひと目で分かる

私はほぼiPhoneと繋げるのですが
残りの充電がiPhone自体の
バッテリー残量の横に表示されるので
気づいたらなくなってる!という心配はありません。

Beats by Dr.Dre Studio Wirelessの電池残量

デメリットと言うほどではないけど気になる点

次に私が感じた気になる部分を挙げますが
デメリットまではいかないと思っています。

ですので個人差はあると思います。

夏場に蒸れる

まずは。

密封型ヘッドホンというだけあって
音の質はかなり良いのですが、
夏場だと耳元が蒸れてしまいます。

夏場だけではなく、長い時間つけていると
蒸れを感じる方もいるかもしれません。

運動時にずれやすい

ランニングなどの運動時は、
割とずれやすいのでオススメはできません。

私はウォーキング派なのですが
ずれることよりも蒸れることが気になります。

少し重い

日々改善しつつありますが。

猫背の私は首が痛くなることがあります。

少し重いかなとも感じますが、
音質が良いので別にいいかな〜と(笑)

充電の減りが早い

音楽好きな私はずっとヘッドホンをして使っているので
初めて使うWirelessのヘッドホンですが
充電の減りが早いかなと感じてしまいました。

髪の毛が挟まることが多い

これはロングヘアーの人は気をつけて欲しいのですが。

髪の毛が挟まることが多いです。

使用している分には痛くもありませんが
外すときに髪の毛がこの赤いラインの場所に挟まってしまい
スムーズにヘッドホンを取り外せません。

Beats by Dr.Dre Studio Wirelessの髪が挟まりやすい場所

(気にしない方も多いかと思いますが
私の場合スーパーロングヘアなので)

総評

捉え方によっては デメリットじゃない?!
と思う方もいると思います(笑)

感じ方は人それぞれなので、
私は「気になる点」という形で
記事にあげました。

なので基本的にこのヘッドホンには大満足です。

こんなに音質がいいからもう少しこうなれば!

というただのワガママ、希望、というような
単なる欲張りな思いです(笑)

今までイヤホンしか経験してない方は
ヘッドホンも試してみてほしいです。

電器屋に行けばたくさんあるので
試聴して自分好みのヘッドホンを選んでみて下さい。

ちなみに私は今、
BOSEの新作のBluetoothイヤホンが
気になっています(笑)

感じ取りにくい記事ではあると思いますが、読んでくださってありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。