「Zaif」でクレジットカードでビットコイン・モナコインを買う方法。そのメリット・デメリット。

[記事公開日]2018/01/06
[最終更新日]2018/01/14

Zaif(ザイフ)で「初めて」仮想通貨を購入するときは、Zaif(ザイフ)の口座に入金してから購入するのが一般的です。

口座への入金方法は、銀行振込とコンビニ振込です。

Zaif(ザイフ)では、クレジットカードを使って仮想通貨を購入することも可能です。

クレジットカードで購入できる仮想通貨は、ビットコイン(BTC)とモナコイン(MONA)です。

ビットコインとモナコインのイメージ

Zaif(ザイフ)でクレジットカードで仮想通貨を購入する方法を紹介した後、そのメリット・デメリットを紹介します。

クレジットカードでビットコイン・モナコインを買う方法

手順1

Zaif(ザイフ)で使えるクレジットカードは、Visaブランド/Mastercardブランドのクレジットカードです。

JCB、AMEX、Dinersのカードは使えません。

そして、「本人認証サービス」に登録済みのクレジットカードである必要があります

以下に、カードごとの「本人認証サービス」の登録方法を紹介していますので、未登録の方はご確認ください。

手順2

Zaif(ザイフ)にログインして、フッターにある「クレジットカードで購入」をクリックします。

Zaifのフッター

手順3

以下の画面になります。

Zaifでクレジットカードで仮想通貨を購入する1

  1. 通貨の選択
  2. 購入金額の決定
  3. 購入数量の確認

をしたら、「購入手続き」をクリックしてください。

選べる通貨はビットコインとモナコインのみ。購入金額は1,000円単位で最大50万円です。

手順4

「確認フォーム」が立ち上がりますので、「OK」を押してください。この「確認フォーム」の有効期限は20秒です。

Zaifでクレジットカードで仮想通貨を購入する2

手順5

すると、下図のクレジットカード情報の入力画面になりますので、カード番号と有効期限を入力して、「お支払い」をクリックします。

Zaifでクレジットカード情報入力画面

手順6

本人認証サービスの画面になりますので、本人認証パスワードを入力して、「送信」ボタンを押してください。

Zaifの本人認証サービス画面

手順7

購入手続き完了画面が表示されたら、無事終了です。

Zaifのクレジットカード購入手続き完了画面

再度、フッターにある「クレジットカードで購入」をクリックすると、購入履歴に今の取引が表示されます。

Zaifの購入履歴

クレジトカード購入のメリット

24時間365日、いつでも即時にビットコイン・モナコインを購入することができます。

クレジットカード購入のデメリット

デメリットは、手数料が高いことです。

銀行振込・コンビニ振込で口座に入金して、そのお金を利用してビットコイン・モナコインを購入する場合に比べて、約8%も割高になります。

まとめ

Zaif(ザイフ)では、クレジットカードを使って24時間365日いつでもビットコイン・モナコインを購入できるので便利ですが、手数料が8%と高いので、おすすめできません。

仮想通貨の雰囲気を味わいたいというときに、1,000円程度だけ購入するのでしたら、おすすめできるかもしれません。

仮想通貨の購入でもポイントが貯まりますので、還元率の高いクレジットカードがおすすめですよ。以下を是非ご覧ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ