極寒ソウルの防寒対策

[記事公開日]2016/02/02
[最終更新日]2017/10/30

ソウル行きを決めてから、ソウルが想像以上に寒いことに気づきました。

先月24日といえば、この冬一番の寒気が日本列島を覆い、沖縄で雪が観測された日ですが。

この日のソウルの気温は、午前10時の時点でマイナス15度でした。日本最北端の稚内より全然寒いですよ!?

2016年1月24日のソウルの気温

ソウル(下図中の「서울」)の緯度は日本の福島と同じくらいなんですがね。

ソウルにはシベリアからの寒気がダイレクトに伝わる。日本には、日本海で暖められてから伝わる。この違いが気温の差を生むようです。

ソウルの緯度

それはともかく、マイナス15度に耐えられる服がない!ということで、極寒ソウルの防寒対策として防寒着を用意しました。

モンベル スーパーメリノウール EXP. ラウンドネックシャツ

妻がよく「モンベルは温かい」と言っていたので真似てみました。

本当にとても温かいし、肌触りもいい。自宅ではこれ1枚とパジャマで過ごしてます。

(モンベル)mont-bell スーパーメリノウール EXP.ラウンドネックシャツ Men’s
B00M3KFM9Y

モンベル ジオライン EXP. タイツ

上の「モンベル スーパーメリノウール EXP. ラウンドネックシャツ」が良かったので、タイツもモンベルのものにしました。

モンベルには「スーパーメリノウール」というラインと「ジオライン」というラインがあります。タイツはジオラインにしました。アマゾンのレビューが多く、且つ、高評価だったので。

寒い日も、ジーンズの下にこれを履いているだけでだいぶ違います。

(モンベル)mont-bell ジオラインEXP.タイツ Men’s
B00FMNTGGE

モンベル ジオラインEXP. ウエストウォーマー

ウェストウォーマー(腹巻き)もモンベルで。

これ1枚巻くだけで大分温かいです。脇下からお腹くらいまでをカバーしてくれます。薄いので着膨れしないのもいいところです。

(モンベル)mont-bell ジオラインEXP.ウエストウォーマー
B00FMNTGS2

HERNO(ヘルノ) ダウンジャケット

「ダウンジャケット欲しいが、モコモコしてて着膨れするやつイヤなんだよなぁ」と思っていたときに、羽田空港のISETAN HANEDA STOREで出会ったのがHERNO(ヘルノ)のダウンジャケットです。

参考:イセタン羽田ストアでJALマイルを貯める

着膨れしないスッキリしたデザインに一目惚れ。だけど、着ると信じられないくらい暖かい。

下の写真は、このHERNOのダウンジャケットを着用して、小樽運河の前で撮った写真です。

ヘルノの赤いダウンジャケット

アサヒトップドライ ブーツ TDY38-36

昨年2月に家族でさっぽろ雪まつりに行きましたが、その時に用意したのがこの防水のブーツです。氷上での耐滑性もあります。普段使いできそうな点も気に入りました。

[アサヒトップドライ] ASAHI TOPDRY ブーツ
B002NX05JS

ユニクロのヒートテック&防風&スマホ対応の手袋

さて、極寒ソウルの前哨戦として、ではないのですが、先月札幌と小樽を訪れました。その日の気温がそう低くなかったせいもありますが、上で紹介したモンベルのシャツ、タイツ、ウェストウォーマー、HERNO(ヘルノ)のダウンジャケットで全く寒さを感じませんでした。

しかし、手袋は当日、新千歳空港駅のKIOSKで買ったスマホ非対応の手袋だったので、スマホを操作するたびに手袋をはずさなければならず、手がかじかんでしまいました。

スマホ対応の保温性の高い手袋が必須と感じました。

たまたま、ユニクロに寄った時に、ヒートテック&防風&スマホ対応の手袋があったので買ってみました。極寒のソウルで試してみます。

モンベル メリノウール ウォーキング ソックス

先日、モンベルのシャツ、タイツ着用して自転車乗っていたら、つま先が冷えました。靴下もモンベルのメリノウールのソックスにしました。

(モンベル)mont-bell メリノウール ウォーキング ソックス
B0065SJUES

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ