電車で巡る「彦根→福井→東尋坊→金沢」2泊3日旅行記

[記事公開日]2016/11/02
[最終更新日]2017/06/07

今回は彦根-福井-東尋坊-金沢と巡る2泊3日の電車旅。旅程は10月13日~15日。

1日目は、彦根観光した後、福井に移動。
2日目は、東尋坊を観光した後、金沢に移動。
3日目は、予定なし。

彦根城をゆっくり見学するには6時には起きて、8時には家を出ないと駄目だなぁと思っていたが、当日起きたら8時。

9時半頃、家を出る。

目次

1日目

2日目

3日目

ひかり509号で東京駅から米原駅へ

彦根までのルートは、東京駅から米原駅まで新幹線、その後は電車かタクシーと考えていた。

券売機で10:33発のひかり509号のきっぷを購入。

隣がいない席が落ち着くのでグリーン車にした。

ひかり509号のグリーン券

ガラガラ。

ひかり509号のグリーン車

車内では、琵琶湖畔の眺望の良いスポットを調べていた。

彦根ビューホテルからの眺望がいいらしい。電話して、高層階にレストランがあるかどうか聞いてみたのだが、ないとのこと。レイクビューが可能なのは客室からのみのようだ。

彦根のカインズホームに併設してるスタバのロケーションが良いとの情報があった。

琵琶湖を望めるスタバなんて、「富山環水公園のスタバに匹敵する好ロケーションじゃない?」と勝手に期待。この期待は後で裏切られることになるのだが・・・

あと、寝坊したせいで彦根城見学は難しいかもしれないと思った。もちろん、佐和山城ハイキングも。

東京は曇っていたが、西に進むにつれて晴れてくる。これは名古屋駅前。

晴天の名古屋駅前

岐阜から滋賀へ。電車は山間を進んでいく。

岐阜県から滋賀県への地図

岐阜県から滋賀県への山脈

12時44分に米原駅に到着。

またここに戻ってきてから福井に向かうので、改札横のコインロッカーにスーツケースを預けて身軽に。

米原駅のコインロッカー

駅の構内に「ビワイチ」というびわこ一周レンタサイクルストアがあった。

米原駅のびわこ一周レンタサイクルストア

ビワイチ | びわこ一周レンタサイクルストア produced by 五環生活

米原駅前の風景。

米原駅前の風景

目指す「スターバックス カインズモール彦根店」は彦根駅からもタクシーで行く距離だったので、米原駅からタクシーで向かうことに。

スターバックス カインズモール彦根店

米原駅から南下する東海道本線は、かつて石田三成の居城があった佐和山のすぐ脇を走っている。

東海道本線と佐和山

13時10分頃、スターバックス カインズモール彦根店に到着。ドライブスルーにも対応した店舗。

スターバックス カインズモール彦根店(ドライブスルー)

スターバックス カインズモール彦根店の外観

けど、「あれ?」って思った。琵琶湖が見えなさそうなのだ。

とりあえず注文。店員の兄ちゃんに「ここから琵琶湖がよく見えると思って東京から来た」と伝えたらビックリしていた(笑)

はい。湖岸道路と植栽に阻まれて、テラス席から琵琶湖がまともに見えない(苦笑)

スターバックス カインズモール彦根店から琵琶湖1

立ち上がるとなんとか見えるレベル。

スターバックス カインズモール彦根店から琵琶湖2

地図で言うとここで、目の前に琵琶湖があるのに。。。

スターバックス カインズモール彦根店の位置情報

長居する気もなくなったので、さっさと食べて、すぐにタクシー手配。「全国タクシー」アプリで配車依頼をかけたが、捕まらなかった。京都では配車できたのだが。

彦根市で全国タクシーアプリ

米原駅から乗ってきたタクシーのレシートを見て、電話で配車依頼した。

来てくれた女性運転手に「この近所で高いところから琵琶湖を望めるところはないか?」と聞いたがないとのこと。「海の近くまで行けるところはないか?」と聞いたら、港と水泳場がいいだろうとのこと。向かってもらった。

琵琶湖遊覧船のりば(彦根港)

13時50分頃、竹生島・多景島行きの琵琶湖遊覧船が出る彦根港に到着。

琵琶湖遊覧船のりば(竹生島・多景島)

運転手によると、琵琶湖に浮かぶ沖島という島には人が住んでいるそうだ。びっくり。あとで調べたら、日本で唯一の「淡水湖に浮かぶ有人島」とのこと。

琵琶湖に浮かぶ沖島の地図

海辺へ。

スターバックス カインズモール彦根店では海までのディスタンスを感じたが、今度は近すぎて、波しぶきが飛んでくるレベル(笑)

彦根港からの眺め

彦根港の波しぶき

遊覧船が出港するところ。

彦根港から遊覧船の出港

遊覧船乗り場の内部を見学。

彦根港の内部

彦根港定期航路運賃・料金表

今度、彦根に来たときは、竹生島経由でマキノに行って、そこから京都に行くルートも冒険感があって面白そうだと思った。

タクシーに戻り、もう少し北にある水泳場に向かう。

この辺りは「松原水泳場」と呼ばれる所で、毎年夏に琵琶湖で行われる「鳥人間コンテスト選手権大会」の会場らしい。へぇ。やっぱり地元の人に聞いて見るものだね。今はウィンドサーフィンやってる人がいた。

松原水泳場

海風が強く寒く感じる。タクシーに戻り、彦根城に向かってもらう。

開国記念館の「MEET三成展」

14時半頃、彦根城の表門前に到着。

米原駅を16時56分に出る特急に乗る予定なので、ゆっくり彦根城を見学する時間はない。今回は諦めた。

すぐ近くの開国記念館で「MEET三成展」というのをやっているようなので見に行くことに。三成、人気者だな(笑)

開国記念館というのは、井伊直弼の没後100年を記念する事業として、彦根城の佐和口多聞櫓を再現したものとのこと。

MEET三成展ののぼり

彦根市の開国記念館の入口

入口に「本日のひこにゃん情報」が掲載されていた。ひこにゃんっていつでもどこでも会えるわけじゃないんだね(笑)

彦根城の本日のひこにゃん情報

入ったら、石田三成CMの音が聞こえてきて笑った。

MEET三成展のスタンプラリー。大一大万大吉は思わず押してしまうよね(笑)

MEET三成展のスタンプラリー

「三成タクシー」なんてものもあるらしい(笑)

三成タクシーー

その概要によれば、「長浜市、米原市および彦根市に点在する三成公ゆかりの地を、タクシードライバーによる案内付きで巡ることができる観光タクシー」だそうだ。

近江タクシーについては、テレビゲーム「戦国無双4」に登場する、三成のキャラクターをあしらった特別車両(ラッピングカー)もあるらしい。三成人気すごい。

三成から真田信幸に宛てた書状の複製が展示してあった。三成と昌幸は互いの正室が姉妹同士であったらしい。これは『真田丸』では描かれていなかったが意外だ。

石田三成から真田信幸に宛てた書状の複製

真田丸にみる石田三成1

真田丸にみる石田三成2

ここから先は写真撮影禁止。

『真田丸』で石田三成役の山本耕史さんが着用した甲冑・着物、大河ドラマを撮影中のパネル写真、大谷刑部が語り石田三成が口述筆記した書状、石田三成が春に贈った筆などの小物が展示されていた。

その後、企画展示室に行って、「NAOSUKE・直弼・なおすけ―近現代の中の井伊直弼―」もざっと見学した。

うちの近所に井伊家の菩提寺の豪徳寺があって、毎年正月には参詣していることもあり、彦根藩・井伊家には馴染みがある。豪徳寺は招き猫伝説発祥の地でもある。現在のひこにゃん人気のルーツが豪徳寺にあると言っても過言ではない。

椅子に座って、石田三成CMを見ながらまったりしてたらちょうど15時くらいになったので、ひこにゃんを見に行くことにした。

開国記念館での石田三成CM

ひこにゃん

彦根城の表門。

彦根城の表門1

彦根城の表門2

彦根城・玄宮園と彦根城博物館の観覧には入場料が必要だが、彦根城博物館の前で行われるひこにゃんショーは無料で見ることができた。

彦根城のひこにゃん1

彦根城のひこにゃん2

彦根城のひこにゃん3

動画も撮ったが、非常にゆっくり動くひこにゃんだった。

ひこにゃん見られて満足。

夢京橋キャッスルロードでお土産を買う

ただ今の時刻は15時20分。彦根にいられる時間もあと1時間位だ。

夢京橋キャッスルロードという通りでお土産を買おうと思い、内堀沿いに歩いて行く。

彦根城の内堀沿い散歩

学生が多いなーと思ったら、すぐ近くに彦根東高校があった。国立大学に多く進学する進学校のようだ。

彦根東高校

京橋口門と雁木。雁木(長大な階段)は、多くの城兵が一度に櫓を駆け上がれるように築いたもの。

京橋口門と雁木

夢京橋キャッスルロード。

夢京橋キャッスルロード1

夢京橋キャッスルロード2

夢京橋キャッスルロード3

町並みに溶け込んだ関西アーバン銀行。

夢京橋キャッスルロードの関西アーバン銀行

夢京橋キャッスルロードから脇に入った四番町スクエアというところにもお店がいっぱいあった。

彦根市の四番町スクエア

人通りも少なく、のどかで落ち着いていた。

16時半頃、彦根城の表門まで戻り、タクシーを手配。

しらさぎ11号で米原駅から福井駅へ

16時45分頃、米原駅に到着して、コインロッカーからスーツケースを回収、急いで福井までの特急の切符を購入。忙しかった。

しらさぎ11号のきっぷを購入

しらさぎ11号。

しらさぎ11号

車内は2列-1列の配置。

しらさぎ11号の座席配置

米原駅から福井駅までのルート。

米原から彦根までのルート

琵琶湖の北側の山間部に入ると携帯の電波が通じないことが多かった。

敦賀平野に出て電波状況が良くなったが、「北陸トンネルに入るため、約8分間、携帯の電話が届きづらい」との車掌のアナウンスがあった。

福井県を嶺北と嶺南に隔てるのが木の芽峠で、その木ノ芽峠を貫通するのが北陸トンネルとのこと。

17時58分に福井駅に到着。

辺りはすっかり暗い。

暗い福井駅前

タクシーに乗って、宿泊先のホテルフジタ福井へ。

ホテルフジタ福井の禁煙スタンダードシングル

予約する段階から11平米の狭い部屋だと分かっていたが、狭いし設備が古い。

ホテルフジタ福井の禁煙スタンダードシングル(窓側)

ホテルフジタ福井の禁煙スタンダードシングル(ベッド側)

ホテルフジタ福井の禁煙スタンダードシングルのユニットバス

19時から「鮨 十兵衛」を予約していたが少し遅れそうなので電話を入れる。

タクシーに乗ってお店へ向かう。

鮨 十兵衛

19時15分頃、「鮨 十兵衛」に到着。

店の前が駐車場になっているのだけど、見るからに高そうな車が並んでいる(笑)

鮨 十兵衛 – 八ツ島/寿司 [食べログ]

鮨 十兵衛の外観

20日間禁酒していた。20日ぶりのビール。

鮨 十兵衛のビール

握りよりもツマミ主体でお願いした。

福井のタイでスタート。

鮨 十兵衛の福井のタイ

石川のボタンエビはタマゴ付きで。身も大きく新鮮さが際立つ。聞いたら、地物とそれ以外のものは半々くらいとのこと。

鮨 十兵衛の石川のボタンエビ

カウンターの席数は10席。そこにペア-俺-ペア-ペア-ペアという並び。形式的には修行空間であるのだが、老夫婦が多く、板前さんもフレンドリーなのでアウェイ感は感じない。

サバ。

鮨 十兵衛のサバ

カワハギは肝別添えで。肝がおかわりしたいくらい旨かった。肝はこれから冬にかけて旨くなるらしい。

鮨 十兵衛のカワハギの肝は別添え

サワラのたたき。身はホロホロ、炙った香りがたまらない。

鮨 十兵衛のサワラのたたき

日本酒は「3合くらい飲むつもり」と伝えて、おまかせした。1合目は常山。

鮨 十兵衛の常山

あれ、何を何したもんだっけ?

鮨 十兵衛の

ノドグロの焼き物。

鮨 十兵衛の

タコと煮アワビ。

鮨 十兵衛の

右隣の地元のじいちゃんが色々話しかけてくれる。身体を悪くして食べられないものがあるらしく、「年金一杯払ってきたけどなぁ。ドクターストップがかかって食べたいものも食べられん。若いうちに借金してでも旨いもの食っとけ!」とのことだった(笑)

せっかくなので、北陸三県が幸福度調査でいつも上位を占めていることについて尋ねたのだけど、「米がうまい。ということは日本酒もうまい。(隣を指差して)かあちゃんきれいでしょ」と自然に誇っていたのがよかった。

最新通信簿!47都道府県「幸福度」ランキング | 住みよさランキング | 東洋経済オンライン
大学院政策創造研究科の坂本教授研究室が「47都道府県の幸福度に関する研究成果」を発表|法政大学

これはアマエビとそのミソを何かしたやつだったかな・・・?

鮨 十兵衛の

ホッキガイの串焼き。これ旨かった。

鮨 十兵衛の

2合目は、早瀬浦の純米吟醸。

鮨 十兵衛の早瀬浦の純米吟醸

ここからようやく握り。

鮨 十兵衛の赤みの握り

鮨 十兵衛のイカの握り

鮨 十兵衛の中トロ握り

鮨 十兵衛の

左隣のスナック同伴カップルに、「この後、福井市内に飲みに行くんですが、おすすめありますか?」と聞いたら、「俺達は今からプラチナビルに行く。来てくれたらもてなすよ」とのこと(笑) 店の名前は聞き損ねた。

最後に鉄火巻のお土産を頼んだ。

旅行後だいぶたってからこの旅行記書いているので、正確には覚えていないのだが、タクシーを呼んでもらって、22時過ぎに店を出た。

福井市の繁華街

繁華街で降ろしてもらう。事前に調べておいたキャバクラを探し歩いたのだが見つからない。キャッチのお兄さん捕まえて、「◯◯という店探してるんですけど」と言ったら、「あ、その店潰れましたよ。今は同じ場所でこじんまりしたバーやってます」とのこと。え、マジか?!

仕方ないので、無料案内所に行って、すぐに案内してもらった店は、閑古鳥が鳴いているバー。

あまり惹かれない感じの人の話に付き合わされた。早くチェンジしてくれないかなと思っていたが、1時間ずっとその人だった。辛。

思わずプラチナビルに行こうかと思った(笑)

また、キャッチの人捕まえて、案内してもらった店は、キャバクラっぽいラウンジだった。よかった。

一人目の子がついてるときに、前を通った子が気になった。二人目の子がついたときに、気になった子の服装を伝えて場内指名したのだが、似ている服装の別の子が来た(笑)

その三人目の子が席を離れるときにもう一度服装の色とかを伝えて場内指名したのだが、また別の子が来た(笑)。気になった子は、他店からのヘルプでもう帰ってしまったらしい。

まぁ、でもその四人目の子は話しやすくて、いい子だったので、結果的には良かったかな。ここでお土産の鉄火巻を食べた。その子に聞いた話では、当初行こうとした店が潰れた理由は未成年を働かせていたかららしい・・・

26時に切り上げて帰った。

帰りにサークルK福井片町店に寄ったときに、初めて楽天ポイントカードアプリを使った。

サークルKで楽天ポイントカードアプリ

iPhoneさえあれば、カードを持っていなくてもポイントを貯められるのは便利。Tポイントも早くアプリ対応してくれ。

楽天ポイントカードアプリを入れて、実際にポイントを貯めるまでの手順は以下を参考。

福井駅から東尋坊を経由しての金沢へのルート

昨晩深酒しなかったおかげで、比較的早く起きられた。

今日は金沢に移動する日。途中で東尋坊に寄りたいと思っている。

ホテルから北側を見ると、東と西に山が広がっているが正面は平野だ。この平野の先に東尋坊があるようだ。

福井市から東尋坊方面

11時20分にホテルをチェックアウト。

フロントのスタッフに、「東尋坊を経由して金沢に行きたいのだがどういうルートがおすすめか?」聞く。自分は当初、行きはえちぜん鉄道三国芦原線で行くのが最も早いのかなと思ったが、JR芦原温泉駅経由がいいのではないか?とのことだった。

JR芦原温泉駅経由で行くことにした。

福井駅の恐竜広場

タクシーで福井駅へ。昨晩から気になっていた駅前の恐竜のモニュメントを見に行く。福井県は国内随一の恐竜化石の産出地だそうだ。

フクイラプトル(左)とフクイサウルス(右)が戦っている。実物大で身体や首が動く。後ろの駅舎にも恐竜デザインが施されている。

フクイラプトルとフクイサウルス

逆光だがフクイティタン。

フクイティタン

通路の壁面にも恐竜のトリックアート。

フクイラプトル。

JR福井駅の恐竜デザインの壁面1

トリケラトプス。

JR福井駅の恐竜デザインの壁面2

駅構内のベンチ。びっくりした(笑)

JR福井駅の恐竜ベンチ

しらさぎ5号で福井駅から芦原温泉駅へ

福井駅から芦原温泉駅までは特急しらさぎでわずか10分。

JR福井駅から芦原温泉駅まで

しらさぎ5号に乗車。

しらさぎ5号

ルートはこんな感じ。ずっと平野。

JR福井駅から芦原温泉駅までのルート

芦原温泉駅に到着。あわら市は『ちはやふる』の綿谷新の出身地らしい。

芦原温泉駅のちはやふるの看板

バスで芦原温泉駅から東尋坊へ

改札の駅員に聞いたら、東尋坊行きのバスは20分後くらいに出発するらしい。

東尋坊までのバス往復乗車券(1,000円)を購入。2日間有効。

芦原温泉-東尋坊往復バス乗車券

バス到着。

芦原温泉-東尋坊往復バス

並ぶのが遅かったので窓際席取れなかった。車窓から見えるのどかな風景撮りたかったなぁ。

東尋坊に近づき、青い日本海が見えると思わず声が出る。

45分かかって東尋坊に到着。

東尋坊

東尋坊名物焼き饅頭が気になった。焼き饅頭と言えば群馬の名物。あとで食べてみよう。

東尋坊名物焼き饅頭の看板

歩いて東尋坊まで向かう。

東尋坊までの道

東尋坊までのGoogle Maps

海鮮のお土産屋・食べ物屋がいっぱい。

東尋坊のお土産屋1

東尋坊のお土産屋2

うーみー。天気も良く最高!

東尋坊の日本海1

東尋坊の日本海2

東尋坊の岩場1

岩場の方へ行くのは後にして、軽く昼食を食べることにした。海鮮系の食べ物屋が多いのだが、夜寿司を食べるつもりなので軽くサンドイッチなど食べられたらいいが・・・

この「IWABA CAFE」というところが眺めも良さそうだったが、ドリンクとスイーツしかないとのこと。対面にある「タウンビート」という喫茶店はトーストくらいはできるとのことなのでこちらに。

ダウンビート – 三国/喫茶店 [食べログ]

東尋坊のIWABA CAFE外観

東尋坊のタウンビート外観

時刻は14時前。客は私一人だけだった。

東尋坊のタウンビートの内観

東尋坊の窓際席

バタージャムトーストとアイスコーヒー。日差しが強くて暑いのよ。

東尋坊のバタージャムトーストとアイスコーヒー

東尋坊。噂には聞いていたが、ポケモンが泉のように湧く(笑)

東尋坊の泉のように出てくるポケモン

なかなか出現しないピカチュウもゲット。ピカチュウ東尋坊と名付ける(笑)

ピカチュウ東尋坊

14時15分頃、店を出て、有名な断崖絶壁の方へ。

東尋坊の断崖絶壁1

東尋坊の断崖絶壁2

うひょー。足がすくむ。ギリまで行って風でバランスでも崩したらと思うと怖すぎ。

東尋坊の断崖絶壁3

東尋坊の断崖絶壁4

東尋坊の断崖絶壁5

右手の岩場に降りてみる。

東尋坊の断崖絶壁6

下から見上げたところ。

東尋坊の断崖絶壁7

東尋坊の断崖絶壁8

今度は海から東尋坊を見てみよう。チケット(1,400円)を買って、船乗り場へ。遊覧船は15分間隔で出ているみたい。

東尋坊の観光遊覧船1

東尋坊の観光遊覧船2

東尋坊の観光遊覧船3

遊覧船とその内部。

東尋坊の観光遊覧船4

東尋坊の観光遊覧船の内部

船は雄島(おしま)に向かって進む。雄島には歩いて渡れるようだ。

雄島1

雄島2

板状節理と言われる板状の岩体。右上に向かって斜めっている。

雄島の板状節理1

雄島の先端部分。岩が黒くなっている。

雄島の先端部分

船はここでUターン。

今度は進行方向左側から雄島を眺める。

さきほどの柱状節理。人がいるのが分かる。

雄島の板状節理2

白いのは鳥かなと思ったら、釣りしてる人だった。

雄島の蜂の巣岩1

蜂の巣岩。

雄島の蜂の巣岩2

東尋坊の断崖絶壁9

先ほど自分がいた東尋坊の断崖絶壁を海から。

海から見た東尋坊の断崖絶壁

ガイドの人が「東尋坊というのは海に突き落とされて殺された悪僧の名前」と何度も言ってて笑った。

大池の中に入る。

海から見た東尋坊の大池1

海から見た東尋坊の大池2

海から見た東尋坊の大池3

大池から少し南に行った所。「ライオン岩」だそうだが、よく分からない(笑)

東尋坊のライオン岩

東尋坊タワーが見えた。

海から見た東尋坊タワー

35分のクルーズを終え、船着き場に戻ってきた。

東尋坊の船着き場

帰りのバス(16時24分発)までまだ時間がある。せっかく東尋坊まで来たので、レアポケモンゲットして帰りたい。

「IWABA CAFE」で、ポケモンGOをしていた。

IWABA CAFEでアイスティー

ちなみに、「IWABA CAFE」の窓際席は海を一望できて最高のロケーション。

東尋坊のIWABA CAFEからの眺望

店を出た後、ポケストップが集まっている方に行ってみたら・・・

あぁ、ニュース等で話題になってるポケモントレーナーが集まってる場所はここかぁと。

東尋坊のポケストップ

ポケモン湧きすぎ笑える(笑)

東尋坊のポケモン

バスの時間10分前になったので、東尋坊にお別れを告げる。

夕方の東尋坊

さっき海上から見た東尋坊タワー。

東尋坊タワー

バス乗り場に行ってみたが、待ってる人が一人もいない。おかしいなと思って、お土産屋さんのお姉さんに「24分発のバスはもう少しで来ますよね?」と聞いたら、「芦原温泉行き?今日は平日ダイヤなので次は17時21分ですよ」と。

えー?マジかよ。

東尋坊から芦原温泉行きバスの時刻表

文字通り途方に暮れる。

焼き饅頭でも食べよう。あんこ入り饅頭をオーブンで温めるやつだった。美味しかった。やはり、群馬の焼き饅頭とは違った(笑)

東尋坊の焼き饅頭

タクシーで行っちゃおうかなと思い、タクシー乗り場に行ってみたが一台も止まっていない・・・

諦めて東尋坊タワーに登って暇をつぶす。

雄島方面。

東尋坊タワーから雄島方面

海に日が沈む。

東尋坊の夕日

時間になったのでバス停へ。東尋坊の夕焼け。

東尋坊の夕焼け

芦原温泉行きのバスに乗車。

東尋坊から芦原温泉行きのバス

あたりはもうすっかり暗い。皆疲れ切っているようで車内は静かだった

サンダーバード31号で芦原温泉駅から金沢駅へ

18時過ぎに芦原温泉駅に到着。

急ぎ、18時18分発のサンダーバード31号の特急券を購入。

サンダーバード31号

グリーン車はしらさぎと同じ2列-1列の配置。

サンダーバード31号のグリーン車の座席配置

ルートはこんな感じ。

芦原温泉駅から金沢駅までのルート

18時53分に金沢駅に到着。今年3回目なので懐かしい感じ。

ABホテル金沢の禁煙シングル

今回の宿泊ホテルは金沢駅西口出てすぐのABホテル金沢。

泊まり慣れてるリッチモンドホテルやダイワロイネットホテル、ドーミーインは空いてなかったのよね。

でも、この駅からの近さは疲れてるときにありがたいと思った。

ABホテル金沢の外観(夜)

チェックイン。このホテル大浴場もあるらしい。

19時10分頃、部屋に。

ABホテル金沢の禁煙シングル(窓側)

ABホテル金沢の禁煙シングル(ベッド側)

ABホテル金沢の禁煙シングル(ユニットバス)

晩飯は主計町の「鮨木場谷」を20時から予約しているが、間に合いそうもないので30分遅れる旨連絡する。

iPhoneやモバイルバッテリーのコンセントはいつもポーチに入れて持ち歩いてる。モバイルバッテリーを少しでも充電しておこうと、バッグの中のポーチを探したのだが、、、ない。

そういえば、東尋坊遊覧船の中で「充電器をお忘れの方ー?」と船員が言ってたな。あれ、俺のことだったのか(TдT)

というか、船降りる時に忘れ物そのものを見せてくれれば気づいたのに・・・

残り少ないモバイルバッテリーでiPhoneに給電する。

鮨木場谷

20時10分すぎに駅前でタクシーを拾い、店に向かう。

鮨木場谷 (スシキバタニ) – 北鉄金沢/寿司 [食べログ]

鮨木場谷の外観

彦三町(ひこそまち)の狭い路地にほぼ同時刻にタクシーが2台。

待ち合わせしていたなおさんとほぼ同時刻に到着。

4ヶ月ぶりの再会だが、肌の透明感が増してる感じがして、美しい・・・(#おっさんの感想です)

サワラのたたきからスタートして、最後のノドグロの手巻きまで15品。日本酒は3合で押さえたかな。

鮨木場谷のサワラのたたき

鮨木場谷のつぶ貝

鮨木場谷の白子

鮨木場谷のイクラ

鮨木場谷の日本酒1

鮨木場谷のカニ

鮨木場谷の松茸の吸い物

鮨木場谷のタイ

鮨木場谷のイカ

鮨木場谷の赤身

鮨木場谷のトロ

鮨木場谷のコハダ

鮨木場谷の不明

鮨木場谷のアマエビ

鮨木場谷のウニ

鮨木場谷のノドグロの手巻き

鮨木場谷の日本酒2

客が我々だけになると、大将も白衣を脱いで雑談タイムに。

大将は、前々から六本木のミシュラン三つ星店「鮨 さいとう」に行きたかったらしい。しかし、どうしても予約が取れず、ここに来てくれるお客さんで、「鮨 さいとう」の常連さんに声をかけて、ようやく一席譲ってもらったんだとか。

あと、誰もが知ってる有名起業家の家に出張寿司に行った時の話などを聞いた。

最後に『紋 MON』という凄く良さそうなバーを紹介してもらった。今度ぜひ行きたい。

店に3時間近くいた。長居しすぎ(笑)

23時20分位に店を出る。

ここに着いたとき「すごい雰囲気がある所通ってきた」と言っていたなおさん。石川の人だが、主計町に来るのは初めてらしい。

じゃあ、ということで、「暗がり坂」から「久保市乙剣宮」に抜ける主計町散歩をした。なんで、県外の俺が案内してるのだ(笑)

しかし、震えるほど寒かった・・・

夜の主計町茶屋街

タクシーを拾って、賑わいを見せる片町交差点に。

夜の金沢片町交差点

そして、3回目のサンセットラウンジェットに。

いつものボーイが迎えてくれた。今は副店長に昇格したみたいだ。

なおさん、ダブルワークだが、明日は珍しく昼間休みとのこと。ありがたいことにランチと観光に付き合ってくれるとのこと。

26時前に店を出る。

深夜の片町。相変わらずタクシーの待ちが凄い。

深夜の金沢片町のタクシー

土曜日の金沢のランチは予約が困難

タイマーを掛けて、10時10分に起床。

すぐにフロントからチェックアウト時間超過の連絡が来る。11時かと思っていたが10時だった。12時までのレイトチェックアウトをお願いした。3,000円かかるらしい・・・

ランチ場所を探す。行ってみたかった「ジャルダン ポール・ ボキューズ」にダメ元で電話してみたが、今日はイベントがあるみたいで予約取れず。

この後も、めぼしいところに何軒も電話してみたのだが、予約いっぱい、イベントでシェフがいない、法事でシェフがいないとかで全然予約取れず。

7,8軒目でようやく予約が取れた。カジュアルなイタリアンの店。いやぁ、金沢の土曜日恐ろしいね。普段は平日しか行かないからな。

12時20分にチェックアウトしたのだが、スタッフが「今ここでABホテルのポイントカードを作れば12時までのレイトチェックアウトが無料になるので、今回は追加料金がかかりません」と。すぐポイントカードを作ってもらい、3,000円節約できた(笑)

ABホテルポイントカードの特典は以下の4つ。

ABホテルのポイントカードの特典

ポイントカード | 【公式HP】ABホテル 総合サイト

スーツケースはホテルに預かっていてもらう。

泊まったABホテル金沢。駅近は便利。

ABホテル金沢の外観(昼)

12時30分に駅の東口で待ち合わせだが、その前に、帰りの新幹線の切符を買っておく。今回は奮発してグランクラスで。

今日の金沢は晴天。なおさんによると、金沢は曇りの日が多くてこんなに晴れることはめったにないという。

今日の鼓門は青空に映えている。

青空に映える鼓門

NODUS(ノードゥス)

めいてつ・エムザの裏手の路地を少し行ったところにある「NODUS(ノードゥス)」。

NODUS (ノードゥス) – 北鉄金沢/パスタ [食べログ]

金沢のNODUS(ノードゥス)の外観

和室のダイニングキッチンとリビングを改装していた。容器は和、中身は洋という感じ。

前菜とパスタ、メインの付いたコースに。

盛りだくさんの前菜。旨い。

金沢のNODUS(ノードゥス)の前菜

パスタ。

金沢のNODUS(ノードゥス)のパスタ

量少なめと言えばよかった。なおさんには「意外と少食なんですね」と言われた。いや、それ、昨晩の深酒のせいもあるからね(笑)

ちなみになおさんは下戸。そして、よく食べる。昨晩も「鮨木場谷」の大将に「途中でギブアップする女性も多いんですが、ぺろって行きましたね」と言われていた。

メインは牛頬肉の赤ワイン煮。美味しい。

金沢のNODUS(ノードゥス)の牛頬肉の赤ワイン煮

14時頃、店を出て、近江町市場に。土曜日だけに人でごった返していた。

混雑する近江町市場

石川県出身のなおさん、近江町市場は、再開発が行われる前に社会科見学で行ったきりと言っていた。「こうなってるんだぁ」と。

金沢21世紀美術館

近江町市場を軽く散策した後は、タクシーに乗って、金沢21世紀美術館に。ここは私も行ってみたかった所。

チケット販売に5分くらい並ぶ。

有名な「スイミング・プール」に。

スイミング・プール1

二人で行ったお陰で上と下から撮り合いができた。

スイミング・プール2

スイミング・プール3

スイミング・プール4

なおさんサービス精神旺盛。「ねぇ、ここ座って」「ここに立って」と言って色々撮影してくれる。

長ーいベンチを巧みに利用したこれは「人生に疲れた中年男性」。

金沢21世紀美術館で人生に疲れた中年男性

正方形にくり抜かれた天井から空が眺められる「タレルの部屋」。

タレルの部屋

外の芝生に出て、カラー・アクティヴィティ・ハウス。

カラー・アクティヴィティ・ハウス1

カラー・アクティヴィティ・ハウス2

1時間駆け足で金沢21世紀美術館を楽しんだ。

タクシーを拾って、金沢駅へ。

なおさんとバイバイして、ABホテル金沢に預けていたスーツケースを回収。

JR金沢駅でお土産を購入。

かがやき510号のグランクラスで金沢駅から東京駅へ

16時47分発のかがやき510号。

金沢駅に停車中のかがやき510号

グランクラスー。

かがやき510号のグランクラスの座席1

かがやき510号のグランクラスの座席2

出発5分後くらいにドリンクサービス。「この後、和軽食か洋軽食をお選びいただけます」とのことだったが、東京帰ってから美味しい寿司を食べるつもりなので断る。ビールとツマミだけもらう。

かがやき510号のグランクラスのビール

東尋坊の遊覧船の中にコンセント忘れてきてしまったので、iPhoneの充電が残り少ない。スタッフに「コンセントありませんか?」と聞いたら持ってきてくれた。ありがてぇ。

山がちなエリアを抜け、高崎に。

北陸新幹線(高崎近辺)

故郷高崎駅を撮りたかったが、通過駅なので、あー(笑)

かがやき510号から撮影した高崎駅

19時20分に東京駅に到着。

この後、代々木上原の寿司屋「艪(かい)」に行って旅行最後の晩餐。

艪 (カイ) – 代々木上原/寿司 [食べログ]

代々木上原の寿司屋「艪」で寿司

東京から福井に行くには小松空港か金沢駅経由しかないのかなと思っていたが、米原経由もあるよと教えてくれたのが「艪」の大将。

今回の彦根-福井-東尋坊-金沢というルートは大将のアドバイスのお陰で成り立っている。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ