アコムACマスターカード

アコムACマスターカードの金利手数料を「無料」にする方法

アコムACマスターカードは、リボ払い専用のカードとされています。

確かに、店頭で「1回払い」と伝えても、自動的に「リボ払い」になります。

例えば、アコムACマスターカードで10万円のリモワのスーツケースを買ったケースを考えます。

支払い方法を「口座振替」(20日締めの翌々月6日払い)にしていると、口座振替までにリボ払い手数料が発生します。

金利はどれくらいかというと、年率10.0%~14.6%です。

しかし、アコムACマスターカードを使っていても、リボ払い手数料を無料にする方法があるのです。

様々な理由で、アコムACマスターカードしか持っていない人は、以下で紹介する方法をぜひ知っておいてください。

支払い方法は「口座振替」と「35日ごと」の2種類

まず、アコムACマスターカードの利用代金の支払方法について確認しておきましょう。

支払い方法は、二通りあります。

口座振替」と「35日ごと」です。

「口座振替」の「締め日」と「支払日」

アコムACマスターカードの利用代金の支払方法を「口座振替」にした場合、

  • 「締め日」は、「当月20日」
  • 「支払日」は、「翌々月の6日」

になります。

「35日ごと」の「締め日」と「支払日」

アコムACマスターカードの利用代金の支払方法を「35日ごと」にした場合、

  • 「締め日」は、「当月20日」
  • 「支払日」は、初回については「締め日の翌月7日から35日以内」、2回目以降については「前回の支払日の翌日から35日以内」

となります。

「新規利用残高」を一括払いすると金利手数料が無料に

実は、毎月20日の「締め日」までのクレジット利用分(新規利用残高)を翌月6日までに「一括払い」すると、金利手数料はかかりません。

支払い方法(「口座振替」or「35日ごと」)に関わらず、です。

「口座振替」の支払日は「翌々月の6日」、「35日ごと」の支払日は「前回の支払日の翌日から35日以内」(初回については「締め日の翌月7日から35日以内」)ですね。

しかし、「締め日」の翌日から翌月6日までに「一括払い」すれば、金利手数料はかからないのです

前月21日から当月20日までに利用した残高については、

  • 当月21日から翌月6日までは「新規利用残高」として金利手数料の対象にはならない。
  • 翌月7日以降になると「リボルビング残高」として金利手数料がかかる。

それを図示したのが下図になります。

アコムACマスターカードの新規利用残高とリボルビング残高

ABOUT ME
jun
jun
陸マイラーです。ポイントやマイルを貯めて、毎月特典旅行しています。このブログでは旅行記、搭乗記、ポイント・マイルの獲得方法を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。