BAマイル(Avios)

呉・岡山旅行記 (1) 『この世界の片隅に』ロケ地探訪と原画展

呉の小春橋からの灰ヶ峰

今回は呉に1泊、岡山に1泊する旅行。

日程は2018年8月7日~9日。

今年は毎月海外を目標としていたのだが、8月は妻の仕事が忙しく、海外旅行はNGと言われた。

西日本豪雨の影響で、呉市内の飲食店になかなか人が来ないと聞いた。また、倉敷美観地区の飲食店も同様と聞いた。

体力ないのでボランティアはできないが、飲みに行くくらいならできるということで、呉・倉敷行きを決意。

呉に1泊して、岡山に行く途中で倉敷に立ち寄り、岡山に1泊しよう。

7月26日に、BAマイルを使って、JAL261便の特典航空券を発券、ANA SKYコインを使って、ANA658便の航空券を発券。

日付 便名 スケジュール
08/07 JL261 羽田13:30-広島14:50
08/09 NH658 岡山16:50-羽田18:10

晩飯場所として、「寿司芳」と「みや古」という寿司屋を予約した。

「寿司芳」は、映画『この世界の片隅に』にも登場する寿司屋と知って、秒で決めた。すずさんが朝日町に迷い込む場面で登場する。

『この世界の片隅に』の寿司芳

「みや古」に決めた理由は、食べログのレビューから「大将がおしゃべりで構ってくれそうだったから」。単身乗り込むカウンターだけの寿司屋で、隣がカップルや同伴で、大将が寡黙な人だと気詰まりだからね(苦笑)

BAマイルで取ったJAL261便で広島空港へ

12時40分に羽田空港に到着。

行きのJAL261便は、BAのマイルで取った特典航空券。

JGCカウンターで予約番号を見せて、搭乗券発行。

羽田空港のJGCカウンター

スーツケースを預けて、窓際席に変更。

注目点

JALの羽田-広島の特典航空券に必要なマイルは、JALマイルだと7,500マイルだが、BAマイルだと4,500マイルで済む。

BAマイルは国内旅行するなら最強のマイル。

参考:BAマイルを日本で貯める2つの方法⇒クレジットカードとホテルポイント

搭乗後はしばらく「カンパイ広島県!広島秘境ツアーズ」を読んでいた。

カンパイ広島県広島秘境ツアーズの表紙

俳優の斎藤工さんは、映画版『海猿』の1作目のロケで、長いこと呉で合宿をしていたらしく、呉線の思い出を語っている。

斎藤工の呉線の思い出

「広島といえば、佐々部清監督の『夕凪の国 桜の国』という映画が印象に残って」いると語り、映画館がない地域のために「cinema bird」という移動映画館のプロジェクトをやっているという斎藤工さんに凄い好印象を持った。

東京は曇り空だったので、外の景色も見てなかったのだが、機長からのアナウンスで雲の上に頭を出している富士山を見ることができた。

雲から顔を出す富士山

一方、西は快晴で岡山空港もはっきりと確認することができた。

JAL261便からの岡山空港

尾道水道。ここを脱走受刑者が泳いで渡ったのだね。

JAL261便からの尾道水道

三原市高坂町上空。緑がきれいだね。

三原市高坂町の田んぼ

定刻通り、14:50に広島駅に到着。

シャトルバスで呉駅前へ

広島空港到着後、呉駅までのバスのきっぷを購入。片道1,340円、往復だと2,300円

15時半のバスに乗車。

豪雨被害の影響で、広には行かないとのアナウンスがあり、慌てているおばさんがいた。広に行くには、阿賀駅で降りて、バスに乗り換える必要があるとのこと。

山陽自動車道を西に進み、高屋ジャンクションで東広島・呉自動車道へ。

昨晩からハマっている呉市PR動画「呉IN-呉IN」を聴きながら、呉市にインするのは格別。

灰ヶ峰の裏の方から呉市の中心部へ。

この高速と一般道の合流地点が凄く混んでいたな。

阿賀の合流地点

休山トンネルをくぐって、呉市の中心部へ。

休山トンネル

16時半過ぎに呉駅前に到着。

気温は33度。暑い!

呉阪急ホテルにチェックイン

宿泊する呉阪急ホテル。

呉阪急ホテルの外観

11階の33平米の部屋。楽天トラベルで予約。「ポイント10倍」プランで15,500円。

呉阪急ホテルのツインルーム1

呉阪急ホテルのツインルーム2

呉阪急ホテルのツインルーム3

呉阪急ホテルのツインルーム4

枕元には、後付でコンセントとUSBポートが設置されていた。

呉阪急ホテルのツインルームのコンセント1

呉阪急ホテルのツインルームのコンセント2

部屋は東向きで、休山が見える。

呉阪急ホテルからの休山

廊下の南側に向いた窓からは、大和ミュージアム方面への連絡通路と、呉港のクレーンの頭が見える。

呉阪急ホテルからの呉港

時刻は17時過ぎ。

19時に予約している晩飯までの間にサクッと観光してこよう。

堺橋と小春橋

呉阪急ホテルの眼の前に森田食堂。

森田食堂の外観

森田食堂ののんさんの写真

SNSで昨日、のんさんが電撃訪問したことを知った。

森田食堂のすずこさんに会えた!!! #呉 #森田食堂 #この世界の片隅に

のんさん(@non_kamo_ne)がシェアした投稿 –

もう、のんさんは呉にはいないのかな?

駅前通りを東に行った後、蔵本通りを北上。

蔵本通りから灰ヶ峰

堺橋。

呉市の堺橋1

呉市の堺橋2

この歴史を感じさせる堺橋は、1927年竣工。呉空襲にも耐えて現存している。

映画『この世界の片隅に』では、すずと周作が語らう小春橋の奥にある橋として登場している。当時は路面電車が走っていたそうだ。

『この世界の片隅に』の堺橋

堺橋から灰ヶ峰。奥に見えるのが小春橋。

呉市の堺橋から灰ヶ峰

1990年に建て替えられたという小春橋はデザイン的に面白くないのがよく分かると思う。

そのため、連続テレビドラマ版『この世界の片隅に』では、すず(松本穂香)と周作(松坂桃李)の逢い引き場面は堺橋でロケが行われたようだ。

堺橋をもう一度。

呉市の堺橋3

さて、小春橋に。

呉市の小春橋1

呉市の小春橋2

小春橋からの灰ヶ峰。輪郭くっきりしたきれいな灰ヶ峰が見られてよかったよ。

呉市の小春橋からの灰ヶ峰

ちなみに、右に見えるのはかき船という居酒屋。

今歩いてきたルートを地図に示すとこんな感じになる。

呉市マップ

下士官兵集会所

ふぅ、暑い、汗が滝のよう。

時刻は17時半。

堺川沿いの木陰で小休止してから、映画に登場する旧・下士官兵集会所へ向かう。

17時50分頃、めがね橋(地名)に。呉線の高架橋の奥に見えるのが、旧・下士官兵集会所。

めがね橋

映画『この世界の片隅に』では、すずが周作の忘れ物を届けに行く場面で登場する。

『この世界の片隅に』の下士官兵集会所

片淵監督によると、「建てられた当初はスクラッチスタイルでモダンなスタイルでしたが、今は赤レンガ色に塗られてしまっています」とのこと。

旧・下士官兵集会所

海上自衛隊呉集会所1

海上自衛隊呉集会所として利用されていたようだが、2017年に閉館したとのこと。

海上自衛隊呉集会所2

海上自衛隊呉集会所を通り過ぎた後、左折して、美術館通りへ。

呉市の美術館通り

この通りは、すずと晴美が海軍病院に入院中の円太郎を見舞うときに歩いた通り。

海軍病院へ続く道

通りにある呉市美術館では『この世界の片隅に』原画展を開催中だが、今日火曜日は休館日。皆さん、気を付けて。

呉市美術館の休館日

美術館通りを登りきったところにあるのが、呉医療センターへの階段。

呉医療センターへの階段1

呉医療センターへの階段2

この階段の上に、海軍病院があったとのことだ。

時刻は18時過ぎ。

「全国タクシー」アプリでタクシーを呼んでみたが、捕まらなかった。

美術館通りを歩いていたら、足元に戦艦大和の一生をデザインしたマンホールが設置されていることに気づいた。

竣工時の装備と、捷一号作戦のときの装備、菊水作戦のときの装備の違いまで表現されていて、マニアックだ。

めがね橋付近でタクシーを拾って、18時半近くにホテルへ。

19時から寿司屋を予約してるが、ちょっと時間的に厳しいので、連絡して30分遅らせてもらった。

シャワーを浴びて、着替えて、偶然のんさんと遭遇するような神展開ないかなーと期待しながら、タクシーで寿司芳へ。

寿司芳

寿司芳に到着。

寿司芳 – 呉/寿司 [食べログ]

呉市の寿司芳の外観

いい感じの大将と女将さんが迎えてくれる。

カウンターにおっちゃんが4人。奥から順に常連さんという印象。

のんさんはいない(笑)

まずは、生ビールで喉を潤す。

呉市の寿司芳の生ビール

刺盛ちょこっとづつを貰う。旨い!

呉市の寿司芳の刺盛り

テレビではカープ戦がかかっていて、常連さんと思われる人はカープの話題で盛り上がっている。

ヨナキという貝の塩焼きを貰う。これ旨いな。

呉市の寿司芳のヨナキ

女将さんに「『この世界の片隅に』に出てきたお寿司屋さんなんですよね?」と聞いてみた。

先々代の時、朝日町で営業していたそうだ。戦後、現在の地に。

お店の方は、お客さんに言われるまで映画に登場していることは知らなかったらしい。

たまに私みたいな映画ファンが訪れてくれるとのこと。

うなぎの塩焼き。

呉市の寿司芳のうなぎの塩焼き

上手いツマミで酒が進む。

華鳩、宝剣、富久長と呉のお酒を飲んでいった。

呉市の寿司芳の日本酒

隣の人は川越在住なんだが、広島に単身赴任で、今は呉出張らしい。

元ラグビー部というガタイのいい人で、災害ボランティアをやっていると言っていた。偉いなぁ。

旅行記を書いている、と言ったら、サイトを教えてと言われたので紹介して、かわりに名刺をもらった。めっちゃ一流企業の人だった。

鱧の湯引き。

呉市の寿司芳の鱧の湯引き

焼きたらこ。

呉市の寿司芳の焼きたらこ

イカ、まぐろ、穴子の握り。

呉市の寿司芳のイカの握り

呉市の寿司芳の漬けマグロ

呉市の寿司芳の穴子塩焼き

どちらかというと、関西の濃いめの醤油は苦手だ(笑)

隣の人が帰った後は、その隣の地元のおっちゃんと話していたのだが、女将さんが「この方と話し合うと思いますよ」と。なんと、のんさんファンとのこと(笑)

穏やかな人で、話しやすかったな。

女将さんはビジネスカードをメインで使っていてて、マイルをe JALポイントに換えて旅行に行ったりするとか言っていた。しかも、クラブオフを活用しているとのこと。「e JALポイントで飛ぶとまたマイルが貯まるんですよね」と。そうそう(笑)

ここでマイル話ができるとは(笑)

最後に持ち帰り寿司を頼む。

7時半に入店で11時半近くまで滞在。

飲んだお酒は、ビール1に、日本酒4合か5合。

料金は15,500円。

カードで払いたかったが、できれば現金とのことだったので、現金で。

楽しい時間を過ごせた。

タクシーを呼んでもらい、ホテルへ。

タクシーの運転手さんに景気を聞いたが、やっぱり、景気悪いとのこと。

鉄道も寸断されてるし、周りには被災してる人もいるからねぇ、と。

部屋に戻って、おみやげで貰った寿司でラスト。

呉市の寿司芳の持ち帰り寿司

泥酔でベッドに沈み、そのまま朝まで。

呉市立美術館の『この世界の片隅に』原画展へ

陽の光で10時半頃起床。カーテン閉めずに寝ていた。

今日も快晴。そして、酒疲れ感強し。

快晴の呉市内

11時過ぎにチェックアウト。

荷物をフロントに預けて、タクシーで呉市立美術館の『この世界の片隅に』原画展へ。

呉市立美術館の『この世界の片隅に』原画展1

呉市立美術館の『この世界の片隅に』原画展2

入り口で入館料300円。

なんと、今日から27日までの期間限定で、2階を含めて全原画が展示されるとのこと。

いい時期に来たんだね(^o^)

原画展は写真撮影NG。

皆さん、じっくり見ている。

原画の下に、こうの史代さんのコメントを含む解説記事があり、あの場面、そういう意味だったのかと知ることができた。

そして、伝えたいことを表現するためにこうの史代さんが意識して使った表現方法についても知ることができた。

これを知った上で読むとまた面白いだろうと思った。

2時間かけてじっくり鑑賞。

帰りに、クリアファイルと鉄道雑誌を購入。

タクシーを呼んで、駅前へ戻る。

森田食堂を訪問

「湯豆腐」の気分だったので、森田食堂行ってみたのだが、残念なことに「準備中」との文字が。

準備中の森田食堂

ちょっと不動産屋なんか見て回ってから、もう一度森田食堂へ。

森田食堂 – 呉/定食・食堂 [食べログ]

店員っぽいおじさんが入っていくのが見えたので、ダメ元で「準備中ですか?」と聞いてみた。「はい」ということで諦めて他の店に行こうとしたら、後ろから「すみません、大丈夫です」とのこと。

うわぁ、嬉しい!

インスタで見かけたすずこさんがいらっしゃった。

おじさんは近くで働いている人で集金か何かだったみたい。

森田食堂の内観

瓶ビールを(510円)と湯豆腐(300円)を注文。

噂の「ポンッ」という開栓音を聴くことができた。

冷蔵庫にはイカやタコの刺し身、魚の煮付けや塩焼き、冷奴や漬物などなど。

森田食堂のサバの塩焼き

鯖の塩焼きを頂く。レンジで温めてくれた。

湯豆腐を持ってきてくれたときに、「2日前、のんさん来られたんですね」と聞いてみた。

今回はスタッフも多かったので、食事はせず、挨拶だけしに来られたとのこと。

本当に突然の訪問だったので、たまたまその時店にいて、のんさんを至近距離で見られた一般の方もいたそうだ。なんとも羨ましい限り。

のんさんのお陰で沢山の人が来てくれて、ありがたいと本当に嬉しそうに話してくれた。

「東京から来た」と言ったら、わざわざ来てくれたのでと、のんさんが直接手渡してくれたというポストカードの内の1枚とオリジナルマグネットと名刺をくれた。

えっと、のんさんが直接手渡してくれたポストカードをすずこさんから直接手渡されたので「間接手渡し」!!!

森田食堂の湯豆腐

湯豆腐は出汁が凄く美味しくて、飲んだ翌日には最高だった。

噂ののんさんコーナーも拝見。

森田食堂ののんさんコーナー1

森田食堂ののんさんコーナー2

30分位滞在した。

大和ミュージアムの常設展を見学

ホテルに戻って荷物を受け取る。

この時点で14:50。

倉敷に寄るのは無理そうだ。直接、岡山に行こう。

タクシーで、フェリー乗り場へ向かう。

運転手に「広島までは、フェリーで行くのが一番早いですよね」と同意を求めたら、この前、呉阪急ホテルからのバスで40分で広島駅まで着いたとのこと。

えぇ、そっちの方が速いじゃんwww

まぁ、でも、フェリーで行くのも趣があっていいかと。

15時20分に乗り場に着いて、時刻表を確認してみたら、次は16時10分発とのこと。

呉港から宇品港行きのフェリーの時刻表

フェリー乗船券(930円)を購入。支払いにはSuicaを始めとした交通系電子マネーも使えたよ。

なお、フェリーは45分くらい、スーパージェットは25分位で宇品港に着くようだ。

出発まで少し時間があるので、すぐ隣りにある「大和ミュージアム」へ行って、常設展を足早に見て回る。

常設展の目玉は、昭和16(1941)年12月、呉海軍工廠で建造された戦艦大和の1/10スケールの模型。それでも、全長26.3メートル。

大和ミュージアムの戦艦大和1

46センチ主砲。

大和ミュージアムの戦艦大和の46センチ主砲

高角砲に(小さくて見えづらいが)対空機銃。

大和ミュージアムの戦艦大和の高角砲・対空機銃

左右両舷に副砲がないこと、及び、高角砲の数で、菊水一号作戦時、つまり、戦艦大和の最期の時の装備だと分かる。

零式水上偵察機。

大和ミュージアムの戦艦大和の零式水上偵察機

隣の部屋にも大型の展示が。

零戦。62型と呼ばれる量産型最終型のこの機体は、胴体の下に爆弾を吊るせるタイプ。特攻作戦で使われたのもこの機体。

零戦を設計したのは三菱重工業の堀越二郎(『風立ちぬ』主人公のモデル)だが、この飛行機は中島飛行機で生産されたものとのこと。

大和ミュージアムの零戦62型

その零戦に搭載された、中島飛行機の「栄エンジン」。

大和ミュージアムの栄31甲

甲巡「青葉」の20センチ主砲も。『この世界の片隅に』では、水原哲が乗っていた巡洋艦。

大和ミュージアムの甲巡「青葉」の20センチ主砲

大和ミュージアムの常設展では、大型展示を1階2階3階から眺められるように作られている。

2階から眺めた零戦。

大和ミュージアムの2階から零戦

2階から眺めた戦艦大和。

大和ミュージアムの2階から戦艦大和

そろそろフェリーの時間なので退出。

大和ミュージアムの外には戦艦「陸奥」の41センチ主砲身が展示されている。

大和ミュージアムの戦艦「陸奥」の41センチ主砲身

呉港からフェリーで宇品港へ

16時にフェリー乗り場へ。

呉港。

呉港

呉港の支援船

乗船。

呉港のフェリー1

呉港のフェリー2

呉バイバイー。

呉港を出港

外の席は海風が気持ちいい。

呉港から宇品港までは以下のルート。

呉港から宇品港までのルート

進行方向右手にある小屋浦などは西日本豪雨で大きな被害を受けた地域。

右舷に移動して、海上からその地域を眺めていた。

そのような意識の人多いみたいで、右舷に佇んでいる人が多かった。

小屋浦を過ぎた後は、左舷に移動。

以前訪れた江波山が確認できればいいなと思ったが、はっきりは分からなかった。

17時に宇品港に到着。

宇品港に到着

この旅行記の続きは、以下でご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。